現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

メール ログを有効にするレジストリ キーを使用して Outlook のトラブルシューティングのオプションをオンにする方法

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:831053
概要
この資料では、ログ オプションをレジストリ キーを使用して Microsoft Office Outlook でメールを有効にする方法について説明します。
詳細
Outlook のログを有効にする方法の詳細については、次を参照してください。 (有効にするログ記録トラブルシューティング)] オプションとは何ですか。

メール ログを有効にするには、Outlook のバージョンに応じて、この手順を実行します。

Microsoft Outlook 2013 および Microsoft Outlook 2010

  1. ファイル ] タブで、[オプション] をクリックします。
  2. [Outlook のオプション] ダイアログ ボックスで、[詳細設定] をクリックします。
  3. [その他] のセクションで、 [トラブルシューティングのログを有効にする (Outlook の再起動が必要です)] チェック ボックスを選択し、[OK] をクリックします。
  4. Outlook を終了し、再起動します。

Microsoft Office Outlook 2007年と Microsoft Office Outlook 2003

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。
  2. [その他のタブで、詳細オプションをクリックします。
  3. 記録する (トラブルシューティング) ] チェック ボックスを選択し、[ OK ] を 2 回クリックします。

レジストリからログ出力を有効にします。

ロギング オプションをレジストリに変更を加えることでメールを作成することもできます。そのためには、以下の手順を実行します。

重要: このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元することができます。レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
  1. 開始] をクリックしての種類 regedit検索を開始する] ボックスし、[プログラム] の一覧では、 regedit.exe ] をクリックします。
  2. レジストリ エディターでは、Outlook 2010 の次のサブキーを見つけます。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\<1x.0>\Outlook\Options\Mail
    注: <b> このサブキーで、<1x.0>プログラムのバージョン番号を表します (「15.0」Outlook 2013 年「14.0」を = =「12.0」Outlook 2010 Outlook 2007 では、「11.0」を = = Outlook 2003).</1x.0>
  3. 右側のウィンドウでは、 EnableLoggingを右クリックし、[変更] をクリックします。
  4. DWORD 値の編集] ダイアログ ボックスで次のように入力します。 1 [値のデータ]、[ OK] をクリックします。
  5. レジストリ エディターを終了します。


重要: このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元することができます。レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
エラーが、レジストリに変更を加えることによって、アプリケーション ログで追跡を有効にできます。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. 開始] をクリックしての種類 regedit検索を開始する] ボックスし、[プログラム] の一覧では、 regedit.exe ] をクリックします。
  2. レジストリ エディターでは、Outlook 2007 の次のサブキーを見つけます。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\12.0\Outlook\
    見つけてし Outlook 2003 の次のサブキーを選択します。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\11.0\Outlook\
  3. [編集] メニューから[新規作成] を選択し、[キー] をクリックします。
  4. タイプ CancelRPC、し、Enter キーを押してキーの名前を指定します。
  5. [編集] メニューで、[新規] をポイントし、[DWORD 値] をクリックします。
  6. タイプ EnablePerfTracking、し、Enter キーを押して、 DWORDの名前を指定します。
  7. 右側のウィンドウでは、 EnablePerfTrackingを右クリックし、[変更] をクリックします。
  8. DWORD 値の編集] ダイアログ ボックスで [ 16 進数をクリックし、入力 1b [値のデータです。
  9. [OK] をクリックします。
  10. レジストリ エディターを終了します。
OL2007 fixit に fixme を修正します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:831053 - 最終更新日: 08/04/2016 20:59:00 - リビジョン: 18.0

Outlook 2016, Microsoft Outlook 2013, Microsoft Outlook 2010, Microsoft Office Outlook 2007, Microsoft Office Outlook 2003

  • vkbportal238 vkbportal221 kbmsifixme kbfixme kbconfig kbhowto kbmt KB831053 KbMtja
フィードバック
/html>