現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

お使いのブラウザーはサポートされていません

このサイトを利用するには、ブラウザーを更新する必要があります。

Internet Explorer を最新バージョンに更新する

Windows 2000 または Windows Server 2003 のサーバーに Service Pack、更新プログラムのロールアップまたはプリンタの修正プログラムをインストールした後、印刷できない

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要 : この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。バックアップ、復元、および編集方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明
現象
Microsoft Windows 2000 Service Pack 2 (SP2)、Windows Server 2003 Service Pack、更新プログラムのロールアップ、または Unidrvui.dll ファイルを更新する修正プログラムをインストールした後、以下の両方の現象が発生することがあります。
  • クライアントまたはサーバーから印刷を実行すると、印刷スプーラ サービスが応答を停止 (ハング) したように見え、次のエラー メッセージが表示されます。
    印刷ジョブを作成できません。
  • サーバー コンソールからテスト ページを印刷すると、次のエラー メッセージが表示されます。
    テスト ページの印刷に失敗しました。
原因
この現象は、Unidrv ベースの PCL (Printer Control Language) プリンタ ドライバが多数存在するサーバーに、Service Pack または修正プログラム パッケージをインストールした場合に発生することがあります。

Unidrv ベースの PCL プリンタ ドライバが多数存在するサーバーに、Unidrvui.dll ファイルを更新する Service Pack または修正プログラム ファイルをインストールすると、これらのドライバでのスプーラの使用効率を向上させるために使用される、解析済みのバイナリ プリンタ記述ファイル (.bud ファイル) の再生成を行うために長時間 (最大 2 時間) かかることがあります。この間、印刷スプーラは受信する印刷ジョブを受け付けることができず、印刷キューがいっぱいであると通知するメッセージをクライアントに返すことがあります。この解析処理は一度だけ実行されるものであり、解析済みのバイナリ .bud ファイルが正常に再生成された後には発生しません。

GPD (Generic Printer Description) パーサー ファイルのバージョンが変更されるため、GPD ファイルから生成されるバイナリ .bud ファイルを再生成する必要があります。Unidrv ベースの PCL ドライバの解析がすべて完了すると、スプーラは再び印刷ジョブを受け付けることができます。このため、Unidrv ベースの PCL プリンタ ドライバが多数存在するサーバーに Service Pack および修正プログラムをインストールする場合、.bud ファイルのコンパイルに最大 2 時間かかることを見込んでスケジュールを作成することをお勧めします。
解決方法
この問題を解決するには、サーバーで、更新されたドライバ ファイルに対応する Unidrv ベースのプリンタ ドライバの解析がすべて完了し、これらのファイルを使用する各プリンタの準備が完了するのに十分な時間的余裕を持ってスケジュールを作成します。
回避策
警告 : レジストリ エディタの使い方を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリ エディタの誤用により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリ エディタは、自己の責任においてご使用ください。

サーバーですべての Unidrv ベースのプリンタ ドライバの解析が完了するまで待つことができない場合は、キャッシュされているバイナリのプリンタ記述ファイル (.bud ファイル) をすべて手動で削除して、自動的に再作成されるようにします。サーバーの処理速度に依存しますが、この自動的な再作成は比較的短時間で完了する可能性があります。通常、この処理は 30 分以内に完了します。

: 印刷スプーラ サービスの開始時に、新しいバージョンの Unidrv.dll がインストールされます。これにより、.bud ファイルが最新のファイルではなくなります。.bud ファイルは、.ppd ファイルをコンパイルしたものであり、.ppd ファイルから完全に再生成することができます。このため、.bud ファイルを削除しても問題はありません。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. 印刷スプーラ サービスを停止します。停止するには、コマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。
    net stop spooler
  2. すべての .bud ファイルを検索し、ファイルの日時が現在の日付および時刻であることを確認します。ファイルには、今日の日付が付いています。
  3. 今日の日付よりも古い日付の付いた .bud ファイルをすべて削除します。これらのファイルは、次のフォルダにあります。
    %SYSTEMROOT%\System32\Spool\Drivers\w32x86\3
  4. 次のレジストリ キーが存在する場合は削除します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Print\PostSPUpgrade
    これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに regedit と入力し、[OK] をクリックします。
    2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Print
    3. Windows 2000 の場合は、[レジストリ] メニューの [レジストリ ファイルの書き出し] をクリックします。Windows Server 2003 の場合は、[ファイル] メニューの [エクスポート] をクリックします。
    4. [ファイル名] ボックスに printkey と入力し、[保存] をクリックします。

      : 後で
      Print
      レジストリ キーを復元する必要が生じた場合、保存した Printkey.reg ファイルをダブルクリックすることで復元できます。
    5. 次のレジストリ サブキーを探し、このサブキーが存在する場合は、クリックします。
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Print\PostSPUpgrade
    6. [編集] メニューの [削除] をクリックします。
      PostSPUpgrade
      レジストリ キーの削除を確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。

      : コンピュータの再起動後、
      PostSPUpgrade
      レジストリ キーが再び表示されることがあります。まだ解析済みでない .bud ファイルが他にも存在していた場合に、この現象が発生します。それらのファイルの解析が完了すると、このレジストリ キーは自動的に削除されます。
  5. サーバーを再起動します。
サーバーを再起動しておよそ 30 分後には、印刷機能を利用できます。
Windows 2000 Update Rollup 1 891861 900345 Windows 2000 Service Pack 3 Windows 2000 Service Pack 4 Windows 2000 SP3 Windows 2000 SP4
プロパティ

文書番号:832219 - 最終更新日: 12/10/2007 05:43:27 - リビジョン: 5.1

  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server SP4
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server SP3
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server SP2
  • Microsoft Windows 2000 Server SP4
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 3
  • Microsoft Windows 2000 Server SP2
  • Microsoft Windows 2000 Professional SP4
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 3
  • Microsoft Windows 2000 Professional SP2
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • kbprint kbprb KB832219
フィードバック
cript> text/javascript' src='" + (window.location.protocol) + "//c.microsoft.com/ms.js'><\/script>");