Exchange 2000 Server インスタント メッセージングから Live Communications Server 2003 へ移行するための更新済みスクリプト ファイルについて

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Microsoft Exchange 2000 Server インスタント メッセージングから Microsoft Office Live Communications Server 2003 へ移行するときに、以下のいずれかの現象が発生することがあります。
  • 移行が正常に実行されているように見えても、スクリプトで生成されるセッション開始プロトコル (SIP) URI (Universal Resource Identifier) に不整合が生じます。
  • ドメインのアカウント名ではなく、Exchange インスタント メッセージング アカウントを使用するように URI を変更すると、処理でエラーが発生し、対象の URI はデータベースで使用中であることを示すイベント ログのエントリが生成されます。
  • "Failed to perform LDAP Query for user" というメッセージが表示されます。これは、LDAP (Lightweight Directory Access Protocol) 検索を実行してユーザー オブジェクトから属性を取得するときに、解析ロジックでエラーが発生するためです。
原因
この問題が発生するのは、Live Communications Server 2003 に移行するには、Exchange 2000 Server インスタント メッセージングのスクリプト ファイルを更新する必要があるためです。Live Communications Server 2003 のリリースに伴い、以下の 4 つのスクリプト ファイルが更新されています。これらのファイルは、Exchange 2000 Server CD-ROM の Migration\ExchangeImMigration フォルダにあります。
  • Rtcimpac.wsf
  • Rtcish.wsf
  • Rtcmcon.wsf
  • Rtcsipen.wsf
解決方法
この問題を解決するには、更新済みのスクリプト ファイルをダウンロードし、Exchange 2000 Server インスタント メッセージングから Live Communications Server 2003 への移行を完了します。更新済みのスクリプト ファイルをダウンロードするには、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 833331 (最終更新日 2004-03-16) を基に作成したものです。
プロパティ

文書番号:833331 - 最終更新日: 12/29/2014 15:19:09 - リビジョン: 1.0

Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition, Microsoft Office Live Communications Server 2003

  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbrtc kbcoexistmigration KB833331
フィードバック