現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

ISCSI テクノロジ コンポーネント上の SQL Server のサポート

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:833770
概要
マイクロソフトはインターネット小規模コンピューター システム インターフェイス (iSCSI) テクノロジー ・ コンポーネントの「for Windows」ロゴ プログラムの認定を受けたことに配置されたときに、Microsoft SQL Server をサポートします。ISCSI を使用する SQL Server のインストールの他の一般的なネットワーク通信に必要なネットワーク アダプターは、iSCSI ハードウェア デバイスが必要になります。
詳細
iSCSI は、SCSI 転送プロトコル TCP/IP ネットワークを介してブロック中心のストレージ データをマッピングするためです。ISCSI 環境で SQL Server を配置するときに適切な注意を使用することをお勧めします。ネットワークの関与は、高速の入出力パスとして通常は表示されないコンポーネントを引き起こす可能性があります。

マイクロソフトのオペレーティング システムは、通常のドライブとして iSCSI デバイスを提示します。ユーザーと、SQL Server などのアプリケーションには、リモートの送信先がカプセル化されます。スループットを最大化するには注意を使用してキャッシュのアクティビティを最大化するには、SQL Server を実行しているコンピューターが構成されているかどうかを確認するし、iSCSI トラフィックに伴う待ち時間が最小化されているかどうかを確認します。ISCSI テクノロジおよび iSCSI のサポートの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
SQL Server のシステム 'として記載された下に ' 安定したメディアに保証された配信をサポートするためにする必要があります。 SQL Server の I/O の信頼性プログラムの要件. SQL Server データベース エンジンでは、入力と出力の要件の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
967576 Microsoft SQL Server データベース エンジンの入力と出力の要件

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:833770 - 最終更新日: 05/12/2015 12:53:00 - リビジョン: 10.0

Microsoft SQL Server 2000 Developer Edition, Microsoft SQL Server 2000 Enterprise Edition, Microsoft SQL Server 2000 Standard Edition, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition, Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition, Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition, Microsoft SQL Server 2008 Developer, Microsoft SQL Server 2008 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 Express, Microsoft SQL Server 2008 Standard, Microsoft SQL Server 2008 R2 Analysis Services, Microsoft SQL Server 2008 R2 Datacenter, Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer, Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 R2 Express, Microsoft SQL Server 2008 R2 Express with Advanced Services, Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard, Microsoft SQL Server 2008 R2 Web, Microsoft SQL Server 2008 R2 Workgroup, Microsoft SQL Server 2012 Analysis Services, Microsoft SQL Server 2012 Business Intelligence, Microsoft SQL Server 2012 Developer, Microsoft SQL Server 2012 Enterprise, Microsoft SQL Server 2012 Express, Microsoft SQL Server 2012 Standard, Microsoft SQL Server 2012 Web, SQL Server 2012 Enterprise Core, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise Core, Microsoft SQL Server 2014 Express, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Web

  • kbinfo kbmt KB833770 KbMtja
フィードバック
k/?LinkID=521839" ms.title="プライバシーとクッキー" class="ctl_footerNavLink" data-bi-name="Footer_Privacy&cookies" data-bi-slot="2"> プライバシーとクッキー
  • 商標
  • © 2016 Microsoft