以前承認済みのバージョンのドキュメント ライブラリにチェックするドキュメントがユーザーに表示されません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:834109
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
ドキュメントが承認された以前をチェックインすると、ドキュメント ライブラリに接続するとき既に承認されている、ドキュメントの以前のバージョンはユーザーに表示されません。 この現象は、コンテンツの承認機能とドキュメント バージョン管理機能が、Microsoft Windows SharePoint Services サイトのドキュメント ライブラリに対して有効な場合に発生します。
原因
これは、ドキュメントの状態が 待ち "承認済み" から変更されたドキュメントが承認された以前をチェックインするとためです。 アイテムが承認されるまで、 保留中 としてマークされたアイテムはユーザーに表示されません。 これは仕様によるものです。
回避策
ドキュメント ライブラリ内の項目を許可してこの現象を回避します。 承認するドキュメント ライブラリ内の項目には、次の手順に従います。
  1. Windows SharePoint Services サイトに接続し、承認するアイテムを含むドキュメント ライブラリを検索します。
  2. アイテムを承認する横に下向き矢印をクリックし、 承認/却下 を実行します。
  3. 承認の状況 領域] で [ 承認済み を] をクリックします。
  4. [ コメント ] でコメントを承認した理由に関するコメントを追加する場合は入力します。
  5. [ OK] をクリックします。
詳細
新しいアイテムまたはそのリストまたはドキュメント ライブラリのコンテンツの承認有効にした後に既存のアイテムをリストまたはドキュメント ライブラリを変更するときに追加すると、アイテムは 保留中 としてマークします。 保留中の項目のみ表示されますユーザー作成または項目を変更し、リストを管理する権限を持つユーザー。 保留中の項目に対して表示されないユーザー、アイテムが承認されるまでです。 アイテムが承認され] 承認済み としてマークされているすべてのユーザーに表示になります。 アイテムが却下アイテム "却下" にマークされてされ、アイテムを作成したユーザーに返されます。

コンテンツの承認機能は、Windows SharePoint Services の追加についてはをクリックして次「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
825239コンテンツの承認機能と、リストまたはドキュメント ライブラリ内のアイテムの承認状態の概要
Windows SharePoint Services の詳細については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください:

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:834109 - 最終更新日: 01/17/2015 17:34:00 - リビジョン: 1.6

Microsoft Windows SharePoint Services 2.0

  • kbnosurvey kbarchive kbprb kbmt KB834109 KbMtja
フィードバック