システム時計を変更した後、フォルダでユーザーの追加または削除を行うと、Exchange 2000 サーバーに接続できなくなる

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Microsoft Exchange 2000 Server を実行しているコンピュータのシステム時計を設定し直し、直後に以下のいずれかの操作を実行すると、Microsoft Exchange Information Store サービスが停止し、ユーザーが Exchange サーバーに接続できなくなることがあります。
  • フォルダでのユーザーの追加または削除
  • フォルダに対するユーザーのアクセス許可の変更
また、Microsoft Office Outlook のユーザーがメールボックスを開くことができず、ユーザーに以下のいずれかのエラー メッセージが表示されます。
サーバーが利用できません。
There is a network connectivity issue that prevents you from connecting to the Exchange Server.
サーバーに接続できませんでした。
サーバーが見つかりませんでした。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 834117 (最終更新日 2004-04-05) を基に作成したものです。

この資料に含まれているサンプル コード/プログラムは英語版を前提に書かれたものをありのままに記述しており、日本語環境での動作は確認されておりません。
xadm xcon
プロパティ

文書番号:834117 - 最終更新日: 02/09/2014 21:12:14 - リビジョン: 2.0

  • Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition
  • Microsoft Exchange 2000 Enterprise Server
  • kbnosurvey kbarchive kberrmsg kbqfe kbfix kbexchange2000presp4fix kbbug KB834117
フィードバック