Windows XP に Exchange システム管理ツールをインストールする際の考慮事項

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
Microsoft Windows XP Service Pack 2 (SP2) に Microsoft Exchange システム管理ツールをインストールする際の必要条件は、Windows XP または Windows XP Service Pack 1 (SP1) に Exchange システム管理ツールをインストールする際の必要条件とは異なります。また、この資料では、Windows XP を SP2 にアップグレードした後に Exchange システム管理ツールをインストールする際に発生する可能性のある問題についても説明します。
詳細
ここでは、Windows XP のさまざまなバージョンに Exchange システム管理ツールをインストールするときの必要条件を示します。また、Windows XP でのインストールに関する既知の問題の詳細についても説明します。

Windows XP または Windows XP SP1

Exchange システム管理ツール コンポーネントでは、Windows XP のインターネット インフォメーション サービス スナップインと SMTP スナップインがインストールされている必要があります。Windows XP と Windows XP SP1 では、SMTP スナップインは SMTP サービスと共にのみインストールされます。SMTP サービスでは、WWW Publishing サービスがインストールされている必要があります。また、NNTP スナップインと Active Directory ユーザーおよびコンピュータ スナップインを提供するために、Windows Server 2003 管理ツール パックも必要です。

まとめると、必要条件は次のようになります。
  • インターネット インフォメーション サービス (IIS) スナップイン
  • SMTP サービス。必要とされるのは SMTP スナップインのみであるため、セキュリティのためにインストール後にこのサービスを無効にすることができます。
  • WWW Publishing サービス。SMTP サービスでこのサービスが必要です。セキュリティのために WWW Publishing サービスはインストール後に無効にすることができます。
  • Windows Server 2003 管理ツール パック

Windows XP SP2

Windows XP SP2 では、SMTP スナップインが IIS スナップインと共にインストールされるようになりました。SMTP サービスは独立したコンポーネントであり、必要ではありません。また、WWW Publishing サービスも必要ありません。ただし、Windows Server 2003 管理ツール パックは、NNTP スナップインおよび Active Directory ユーザーとコンピュータ スナップインを提供するために必要です。

まとめると、Windows XP SP2 での必要条件は次のようになります。
  • IIS スナップイン
  • Windows Server 2003 管理ツール パック

Exchange システム管理ツールのインストール手順

Exchange システム管理ツールをインストールするには、Exchange Server 2003 CD-ROM を挿入し、[Exchange デプロイメント ツール] をクリックし、[Exchange Server デプロイメント ツールへようこそ] ダイアログ ボックスの [Exchange システム管理ツールのみのインストール] をクリックします。

既知の問題

Exchange Server 2003 コンピュータをリモートから管理するときにエラー メッセージ "インターフェイスがサポートされていません" が表示される

Microsoft Windows XP Professional SP2 を実行しているコンピュータに Exchange システム管理ツールをインストールした後、Exchange システム マネージャの [プロトコル] ノードの下にある [SMTP] ノードを使用して Microsoft Exchange Server 2003 コンピュータをリモートから管理する場合、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
インターフェイスがサポートされていません
この問題は、SMTP (Simple Mail Transfer Protocol) スナップインがインストールされていないために発生します。SMTP スナップインは、次に示す順序で次の操作を行った場合にはインストールされていない可能性があります。
  1. Windows XP Professional を実行しているコンピュータで SMTP サービスのない状態で IIS マネージャをインストールした。
  2. コンピュータを Windows XP SP2 にアップグレードした。

原因

SMTP スナップインは、Windows XP SP2 を実行しているコンピュータに IIS マネージャをインストールすると自動的にインストールされます。Windows XP を実行しているコンピュータに Exchange システム管理ツールをインストールするとき、セットアップ プログラムは、IIS マネージャがインストールされている場合には SMTP スナップインがインストールされていると見なします。しかし、Windows XP SP1 と Windows XP の以前のバージョンでは、SMTP スナップインは SMTP サービスと共にのみインストールされます。コンピュータが Windows XP SP2 にアップグレードされ、SMTP サービス コンポーネントがまだインストールされていない場合、SMTP スナップインは存在していません。

解決方法

この問題を解決するには、IIS マネージャを削除してから、IIS マネージャを再インストールします。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。次に、[プログラムの追加と削除] をクリックし、[Windows コンポーネントの追加と削除] をクリックします。
  2. [コンポーネント] の下にある [インターネット インフォメーション サービス (IIS)] をクリックします。チェック ボックスのオンまたはオフは行わないでください。その代わり、項目全体が選択されるように [インターネット インフォメーション サービス (IIS)] をクリックします (網掛け表示になります)。
  3. [詳細] をクリックします。
  4. [インターネット インフォメーション サービス (IIS) のサブコンポーネント] ボックスで、共通コンポーネントとインターネット インフォメーション サービス スナップイン コンポーネントの隣にあるチェック ボックスをオフにし、[OK] をクリックします。他のコンポーネントを削除するように求められることがあります。手順 9. で再インストールするときのために、これらについてのメモを取ります。
  5. [次へ] をクリックしてインストールを終了します。
  6. インストールが完了したら、[完了] をクリックします。
  7. [プログラムの追加と削除] ダイアログ ボックスで、[Windows コンポーネントの追加と削除] をクリックします。
  8. [コンポーネント] の下にある [インターネット インフォメーション サービス (IIS)] をクリックします。チェック ボックスのオンまたはオフは行わないでください。[詳細] をクリックします。
  9. [インターネット インフォメーション サービス (IIS) のサブコンポーネント] ボックスで、共通コンポーネント、インターネット インフォメーション サービス スナップイン、および手順 4. で削除したコンポーネントの隣にあるチェック ボックスをオンにします。
  10. [OK] をクリックし、[次へ] をクリックしてインストールを完了します。
  11. インストールが完了したら、[完了] をクリックします。
  12. [プログラムの追加と削除] ダイアログ ボックスを閉じます。
デフォルトでは、IIS マネージャをインストールすると SMTP スナップインがインストールされます。ただし、SMTP サービスはデフォルトで自動的にインストールされません。
XADM
プロパティ

文書番号:834121 - 最終更新日: 12/08/2015 05:50:36 - リビジョン: 3.3

Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition, Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition

  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbprb KB834121
フィードバック