現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

ホスト環境のオフライン アドレス一覧サーバー上の Exchange System Attendant サービスによる CPU 使用率が 50% に増加する

重要 : この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、システムの復元方法を理解しておいてください。バックアップ、復元、および編集方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明
現象
オフライン アドレス一覧サーバーとして構成されている Microsoft Exchange Server 2003 コンピュータをホストする環境で、各サーバー上の Microsoft Exchange System Attendant サービス (Mad.exe) による CPU 使用率が 50% に増加する場合があります。この現象は、サーバーを再起動した後にも発生します。

たとえば、このような現象は、10,000 個のオフライン アドレス一覧と、オフライン アドレス一覧サーバーとして構成されている 10 台の Exchange Server 2003 コンピュータをホストする環境で発生することがあります。
原因
この問題は、専用のオフライン アドレス一覧サーバーとして構成されている Exchange Server 2003 コンピュータをホストする環境で発生します。この問題がこのような環境で発生するのは、オフライン アドレス一覧の更新スケジュールが [実行しない] に設定されている場合です。Microsoft Exchange System Attendant サービスでは、サーバー上で生成されるオフライン アドレス一覧をスキャンするために、OABScan タスクが使用されます。このタスクは 13 分ごとに実行されるようスケジュールされており、Microsoft Exchange System Attendant サービスの CPU 使用率が 50% に増加する場合があります。このように構成されている環境では、OABScan タスクは必要ありません。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
警告 : レジストリ エディタの使い方を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリ エディタの誤用により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリ エディタは、自己の責任においてご使用ください。

この資料に記載されている修正プログラムを適用した後に、レジストリを編集して修正プログラムを有効にし、OABScan タスクを無効にする必要があります。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [名前] ボックスに regedt32 と入力し、[OK] をクリックします。
  3. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\MSExchangeSA\Parameters
  4. [編集] メニューの [新規] をポイントし、[DWORD 値] をクリックします。
  5. DisableOABScanTask と入力し、Enter キーを押します。
  6. 手順 5. で作成した [DisableOABScanTask] レジストリ値を右クリックし、[修正] をクリックします。
  7. [値のデータ] ボックスに 1 と入力し、[OK] をクリックします。
  8. レジストリ エディタを終了します。
:
DisableOABScanTask
レジストリ値を 1 に設定すると、OABScan タスクが無効になります。OABScan タスクを有効にするには、
DisableOABScanTask
レジストリ値を 0 (ゼロ) に設定するか、
DisableOABScanTask
レジストリ値を削除します。この操作を行った後、タスクが開始されたことを通知する、次のイベントがアプリケーション イベント ログに出力されます。

種類 : 情報
ソース : MSEXchangeSA
分類 : General
イベント ID : 9008
説明 :

Microsoft Exchange System Attendant は 'Oabgen.dll' を開始しています。

関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 834315 (最終更新日 2004-05-06) を基に作成したものです。
プロパティ

文書番号:834315 - 最終更新日: 11/26/2007 01:37:00 - リビジョン: 3.1

  • Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition
  • Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition
  • kbbug kbfix kbqfe kbexchange2003presp1fix KB834315
フィードバック