移動プロファイルのユーザーでもインストールできます、提供プログラムのソフトウェア インストールの場合に GPO のアクセス許可を失効する後

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

835427
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
撤廃する SMS プログラム ウィザードのユーザーのアクセス許可を失効する、グループ ポリシー オブジェクト (GPO) で ソフトウェアのインストール 設定を変更した後移動プロファイルを持つユーザーがプログラムをインストールできます。 移動プロファイル ユーザー ログオンすると、アクセス許可を失効するときに使用するコンピューター以外のコンピューターに、プログラムのアイコンは、 [スタート ] メニューの [表示されます。 そのユーザーがクリックする、プログラムのアイコンと、Microsoft Windows インストーラーは、プログラムをインストールします。 または、Windows インストーラーがプログラムをインストールする場合は、そのユーザーがプログラムに関連付けられている文書をダブルクリック、します。
原因
この問題はグループ ポリシーがあるファイルにアクセス、プログラムのアプリケーション アドバタイズ スクリプト (.aas) の [ スタート ] メニューの [アイコンを削除し、ファイルの関連付けを削除するために発生します。 .aas ファイルは、システム ボリューム フォルダー (Sysvol) にホストされています。 ただし、パッケージのユーザーのアクセス許可が削除されている、ので、グループ ポリシーの [ スタート ] メニューの [からアイコンを削除できません、そのファイルの関連付けを削除できません。 パッケージを配置場所からでもアクセスできる場合は、Windows インストーラー パッケージ情報がユーザーのプロファイルにあるため、移動ユーザーは、プログラム インストールできます。
解決方法
この問題を解決するには、次の方法のいずれかをプログラムに対するユーザーのアクセス許可を失効の代わりに使用します。
  • GPO からプログラムを削除します。
  • ポリシーを削除、組織単位 (OU) からのみの設定は、この場合、ポリシーで。
  • プログラムのアップグレード、新しいパッケージを定義する場合は、既存のプログラムをアップグレードします。 ユーザーのアクセス コントロールに新しいプログラムを含む GPO フィルターできます。
  • フィルタリングをパッケージ セキュリティを使用しての代わりに、GPO をフィルターします。

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:835427 - 最終更新日: 01/12/2015 23:11:15 - リビジョン: 1.2

  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows XP Professional
  • kbnosurvey kbarchive kbprb kbmt KB835427 KbMtja
フィードバック