電子メール メッセージが正しくフォーマットされません、Exchange Server 2003年メールボックス ユーザーを外部ユーザーに電子メール メッセージを送信するときに

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:835992
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Microsoft Exchange Server 2003年メールボックス ユーザーを外部ユーザーに電子メール メッセージを送信、ときに、電子メール メッセージが正しくフォーマットされません可能性があります。
原因
この問題は、次の条件に該当する場合に発生します。
  • 電子メール メッセージを 1 つの Exchange コンピューターから別のスマート ホストに中継されます。
  • 電子メール メッセージには 998 個を超える文字が含まれているテキストの行が含まれています。
  • 7 ビット エンコードを使用して MIME 形式でメッセージを送信するには、Exchange Server 2003年コンピューター。
  • 電子メール メッセージ: ISO を作成するのに使用される以下の文字セットまたはコード ページの 1 つ-2022年-KR、ISO 2022"、csISO2022JP、または utf-7。
この問題は、一部のアジア言語の文字セットは、電子メール メッセージの作成に使用して、メッセージは 7 ビット エンコードを使用して MIME 形式で送信するときに発生します。998 文字を超えるテキストの行を折り返すことはできません、ため、問題が発生して、文字が誤ったの 7 ビット エンコードを最終的なメールボックス サーバーに転送中に付いています。

既定の MIME エンコードでは、Exchange Server 2003年は 7 ビットの転送エンコードです。7 ビット エンコード以外のエンコード方法には、MIME エンコードの一部のアジア言語を設定してください。998 個を超える文字を含むテキストの行をラップできます。
解決方法

サービス パックの情報

この問題を解決するには、Exchange Server 2003年の最新のサービスパック を入手します。詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
836993 Exchange Server 2003 の最新のサービス パックの入手方法

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムをマイクロソフトから入手することができます。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの問題が発生しているシステムにのみ適用して下さい。この修正プログラムには、さらに追加テストが行われる可能性があります。したがって、この問題により深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

修正プログラムがダウンロード可能な場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションが表示されます。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートへお問い合わせいただき、修正プログラムを入手してください。

注: その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号の一覧または別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 注: 「修正プログラムのダウンロード」フォームには、修正プログラムを利用可能な言語が表示されます。お使いの言語が見つからない場合は、修正プログラムがその言語で利用可能ではありません。

前提条件

必要条件はありません。

再起動の必要性

この修正プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムが、他のいかなる修正プログラムも置き換えることはありません。

ファイル情報

この修正プログラムの英語版のファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) を、次の表に一覧表示します。日付と時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) 記載されています。ファイル情報を表示する際に、ローカル時刻に変換されます。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの日付と時刻ツールの [タイム ゾーン] タブを使用します。
詳細
この修正プログラムを適用した後は、MIME エンコード方法は、次のレジストリ サブキーを設定するのにレジストリ値を使用できます。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\MSExchangeIS\ParametersSystem\InternetContent\TransferEncodingFor7bit
転送のすべての文字セットのエンコードを選択するのには、レジストリを使用して、管理者はこの問題を解決する修正プログラムが影響を受けます。管理者は、エンコード方法が正しく、クライアントとそのエンコード機能に基づいて設定する必要があります。

次の表から適切な値を使用して、MIME エンコードの動作を制御します。
動作
0常に 7 ビット エンコード HTML とテキストの両方を使用します。
1常に引用符で囲まれた印刷可能なエンコード HTML とテキストの両方を使用します。
2常に HTML とテキストの両方には Base64 エンコードを使用します。
5HTML とテキスト形式、引用符で囲まれた印刷可能なエンコードを使用します。テキスト行の折り返しが有効な場合は、html の場合、引用符で囲まれた印刷可能なエンコードを使用してテキスト形式に対して 7 ビットのエンコードを使用します。
6HTML とテキストには Base64 エンコードを使用します。テキスト行の折り返しが有効の場合、HTML には Base64 エンコードを使用してテキスト形式に対して 7 ビットのエンコードを使用します。
(0x0D) 13常に引用符で囲まれた印刷可能な HTML エンコードを使用して、常に 7 ビット エンコードを使用プレーン テキスト。
(0x0E) 14常に、HTML には Base64 エンコードを使用し、常に 7 ビット エンコードを使用プレーン テキスト。
Exchange は、7 ビットのエンコード値が存在しない場合またはレジストリ サブキーの値には、この資料に記載されていない値が含まれている場合は、0 の既定値を使用します。TransferEncodingFor7bitサブキーの値を変更した後は停止し、Exchange 2003 コンピューター上で Microsoft Exchange インフォメーション ストア サービスを再起動する必要があります。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の「対象製品」として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

この問題は、Exchange Server 2003年の Service Pack 2 で最初に修正されました。
詳細
詳細については、以下の資料番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
824684 マイクロソフト ソフトウェア更新プログラムの説明で使用される一般的な用語の説明
詳細については、以下の資料番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
817903 Exchange Server ソフトウェア更新プログラム パッケージに新しい命名方式

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:835992 - 最終更新日: 12/08/2015 06:12:25 - リビジョン: 4.0

Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition, Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition

  • kbnosurvey kbarchive kbautohotfix kbqfe kbhotfixserver kbfix kbbug kbexchange2003presp1fix kbmt KB835992 KbMtja
フィードバック