Microsoft Dynamics RMS ストア操作 QuickBooks の統合を構成する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:836444
概要
Microsoft Dynamics 製品管理システム (RMS) の店舗運営には、intuit 社の QuickBooks を直接処理するための統合が含まれています。QuickBooks の唯一のサポートされているエディションは、QuickBooks のプロです。QuickBooks の他のエディションが動作することがあります。ただし、テストされていない、したがってはサポートされません。

QuickBooks Pro の次のバージョンがサポートされています。
  • QuickBooks 2009 年
  • QuickBooks 2010
  • QuickBooks 2011
  • QuickBooks 2012
  • QuickBooks 2013
  • QuickBooks 2014
  • QuickBooks 2015
  • QuickBooks 2016
注:
  • QuickBooks と店舗運営の両方を同じコンピューターで実行しなければなりません。
  • ユーザー アカウント制御 (UAC) が有効になっているオペレーティング システムでは、ストアの操作のマニフェスト ファイルに変更を加えるにする必要があります。

    UAC が有効になっているオペレーティング システムとの統合が動作するように、ストア オペレーション マネージャーのマニフェスト ファイルを更新するのには、次の手順に従います。
    1. 次の場所に SOManager.exe.Manifest ファイルを見つけます。
      C:\Program ファイル小売管理 System\Store の操作
    2. メモ帳でファイルを開くし、このセクションに次の変更を加えます。
      <requestedExecutionLevel level="requireAdministrator"></requestedExecutionLevel>
      このセクションを次のように変更します。
      <requestedExecutionLevel level="AsInvoker"></requestedExecutionLevel>
ストア操作 QuickBooks の統合には、次の 5 つの段階が含まれています。
  1. 店舗運営との対話を QuickBooks を構成します。
  2. QuickBooks を操作するストアの操作を構成します。
  3. QuickBooks からデータをインポートします。
  4. ストア オペレーション ・ マネージャーでの総勘定元帳勘定を割り当てます。
  5. 会計をエクスポートし、QuickBooks に直接注文データを購入します。
インストールを完了すると、直接、QuickBooks 総勘定元帳の会計データをエクスポートできます。また、QuickBooks の部品としては、クローズした発注書をエクスポートできます。

Microsoft Dynamics 製品管理システムのテクニカル サポートできないについてアドバイスします。 するテーブルを、一般的なの元帳アカウントの割り当てを設定するにはどのように、または QuickBooks へデータを転記するとします。テクニカル サポートでは、資格のある専門家からアドバイスを取得することを強くお勧めします。のみ、この資料には、QuickBooks で店舗運営を統合するための情報が含まれています。
はじめに
QuickBooks を店舗運営に統合する方法について説明します。
詳細

段階 1: 店舗運営との対話を QuickBooks を構成します。

  1. QuickBooks を開始します。
  2. [標準] ツールバーの [アカウント] をクリックを一覧表示、] をクリックしてやアカウントのグラフを表示するのには、グラフのアカウント] をクリックします。

    注: <b>ストアの操作で追加する必要がありますアカウントを表示するには、ストア オペレーション ・ マネージャーを起動する仕訳帳総勘定元帳勘定を割り当てる] をクリックします。
  3. 編集] をクリックしを追跡することができます任意のアカウントを追加するのには新しいアカウント] をクリックします。たとえば、売上、コミッション、および (COGS) を各部門の売却済商品のコストを追跡する場合は、アカウントを追加します。

    注: <b>QuickBooks で追加する必要がある 2 つのアカウントもあります。詳細については、手順 5 を参照してください。
  4. [新しいアカウント] 画面で、残りの情報を追加し、[ OK] をクリックします。

    注: <b>QuickBooks では、トランザクションごとに 1 つ以上の買掛金や売掛金勘定アカウントのアカウントの種類を許可されていません。したがって、その他の流動資産を使用する必要があり、アカウント売掛金勘定と買掛金勘定ではなく、その他の流動負債を通常は新しいアカウントを設定する場合はこの種類のアカウントを使用しています。
  5. 編集] をクリックし、売上税支払の新しいアカウントを作成する新しいアカウントをクリックします。この名前は、QuickBooks の既定のアカウントとは異なるである必要があります。たとえば、売上税の買掛金アカウントの名前を付けます。

    注: <b>店舗運営における売上税勘定のいずれかを割り当てると、QuickBooks の既定の売上税の勘定を使うことはできません。QuickBooks では、新しい売上税アカウントを作成する必要があります。
  6. アカウントの種類他の流動負債をクリックします。
  7. [新しいアカウント] 画面で、残りの情報を追加し、[ OK] をクリックします。
  8. 編集] をクリックし、新しいアカウント売掛金勘定アカウントを作成する新しいアカウント] をクリックします。この名前は、QuickBooks の既定のアカウントとは異なるである必要があります。AR. のアカウントの名前など

    注: <b>ストア アカウントを割り当てると、QuickBooks の既定のアカウントの売掛金勘定アカウントを使うことはできません: 支払またはストア アカウント: 店舗運営のアカウントに支払われます。QuickBooks の標準的なアカウント売掛金勘定アカウントの種類には、店舗運営より多くの情報が必要ですので、QuickBooks で新しいアカウントの売掛金勘定アカウントを作成する必要があります。
  9. アカウントの種類他の流動資産をクリックします。
  10. [新しいアカウント] 画面で、残りの情報を追加し、[ OK] をクリックします。
  11. 入出金予定のアカウントに使用するアカウントを決定します。QuickBooks の部品表を作成するとき、このアカウントはアカウント買掛金アカウントをオフセットします。か、経理担当者は、このアカウントを決定します。

    注: <b>店舗運営の入出金予定のアカウントを割り当てるときは、QuickBooks の買掛金勘定の既定のアカウントを使用できません。決済済の購買注文を転記するときに、店舗運営は QuickBooks の買掛金勘定のアカウントに自動的に転記します。したがって、別のアカウントを選択する必要があります。
  12. 部品アカウントに登録されているアカウントのいずれかを使用しない場合は、作成する必要があります。アカウントが既に存在する場合に、「第 2 部: QuickBooks と対話する、店舗運営を設定」セクション。
  13. 編集] をクリックし、新しいアカウントを作成する新しいアカウントをクリックします。
  14. 種類] ボックスの一覧で、アカウントの種類をクリックします。

    注: <b>または、経理を担当するアカウントの種類を決める必要がありますが、買掛金勘定は使用できません。
  15. [新しいアカウント] 画面で、残りの情報を追加し、[ OK] をクリックします。

    注: <b>仕入先または顧客は、このアカウントに割り当て場合、は、転記の際にエラーがあります。

店舗運営 QuickBooks と対話するセットアップの段階 2。

この段階では、「会計ソフトウェアとして QuickBooks を選択し、、QuickBooks ファイルに接続します。
  1. QuickBooks を開始します。
  2. 会社に管理者の資格情報を持つユーザーとしてサインインします。
  3. Operations Manager のストアを開始します。
  4. ファイル] をクリックし、[構成] をクリックします。
  5. アカウンティング] タブをクリックします。
  6. 会計情報ウィンドウで、一覧にQuickBooks 2003をクリックします。

    注: <b>QuickBooks のそれ以降のバージョンを使用している場合でも、 QuickBooks 2003 ] をクリックします。
  7. QuickBooks を使用して接続して、会社のファイルに関する情報を取得するために会社情報のウィンドウで [取得] をクリックします。

    注: <b>インターネット セキュリティ レベルは、設定が大きすぎるのダイアログ ボックスが表示された場合は、変更またはキャンセルをクリックしてください。キャンセルをクリックすると、 [はい選択内容を確認する] をクリックする必要があります。[キャンセル] をクリックする場合は、正常に動作してから QuickBooks の一部の機能ができなくなります。
  8. QuickBooks のアプリケーションの証明書] ウィンドウで次のいずれかの手順に従います。
    • 店舗運営から、QuickBooks ファイルに永続的なアクセスを許可するのには[はい] を常をクリックします。
    • はい、この時間にのみアクセスを許可する] をクリックします。以降の試行で認証を求められます。
  9. QuickBooks に接続し、会社情報を取得した後、 [ok]を 2 回クリックします。
  10. QuickBooks に自動的にログオンは、ストアの操作に以下の手順を実行します。

    注: <b>店舗運営の QuickBooks で操作するたびに QuickBooks のプログラムを実行する必要があります。QuickBooks を手動で開始し、会社のファイル、または、QuickBooks の自動ログオン機能を設定できる管理者にログオンできます。自動ログオン機能を使用する場合、QuickBooks が実行されているはありません。
    1. QuickBooks を開始します。
    2. 編集] をクリックし、[環境設定] をクリックします。
    3. 左側のウィンドウでは、統合されたアプリケーションをクリックします。
    4. 会社の基本設定] タブをクリックします。
    5. 小売管理システムをクリックし、[プロパティ] をクリックします。
    6. このアプリケーションを自動的にログオンを許可する] チェック ボックスを選択します。
    7. ユーザーのログオン名をクリックし、 [ok]を 2 回クリックします。

      注: <b>正しいアクセス許可が必要です。

段階 3: QuickBooks からデータをインポートします。

QuickBooks ストア操作からデータのインポート機能は、QuickBooks からグラフのアカウントをインポートします。支払条件、顧客、仕入先 (仕入先) をインポートすることも項目を QuickBooks でこれらの用語が定義されている場合とします。

注: <b>統合ではない、支払条件、顧客、仕入先 (仕入先) をインポートするのには、店舗運営から QuickBooks への項目です。
  1. Operations Manager のストアを開始します。
  2. ユーティリティ] をクリックし、 QuickBooks のインポート] をクリックします。

    注: <b>指示に従って、インポート QuickBooks が一覧にない場合、"第 2 部: QuickBooks を操作するストアの操作を設定」会計ソフトウェアとして QuickBooks 2003 を選択するセクション。
  3. インポートするデータを選択します。支払条件、取引先企業、仕入先 (仕入先) を選択した顧客、および品目の QuickBooks でこれらの用語が定義されている場合。

    注: <b>QuickBooks のインポート] ウィンドウに表示される既定の順序で情報をインポートすることをお勧めします。列の並べ替え順序を変更すると、データが正しいリレーションシップをインポートできません。インポートする方法の詳細については、ストア オペレーション マネージャーのヘルプで「QuickBooks オプションをインポート」のトピックを検索してください。

  4. [インポート] をクリックします。データがインポートされると、ステータスが表示されます。

    注: <b>ストア操作のレコードが既に存在する場合、インポートの競合の解決方法の選択を求められます。QuickBooks のレコードを使用して、店舗運営を更新、新しいレコードを作成したり、レコードがインポートできます。

    注: <b>QuickBooks のグラフのアカウントおよび支払条件が維持されるため店舗運営により、その QuickBooks がインポートされたレコードを自動的に、アカウントと用語のレコードが置き換えられます。インポートの競合の解決方法を選択していない求められます。メッセージが表示されたら、問題の解決方法を選択します。これを行うには、次の方法のいずれかの手順に従います。
    1. 現在のレコードにのみ、解像度を適用するには、[適用] をクリックします。
    2. 解像度をすべての顧客レコードなど、同じ種類のすべてのレコードに適用するには、すべてに適用をクリックします。
    3. インポートを中止するには、[中止] をクリックします。

      注: <b>インポートを中止する場合は、どのようなレコードは、中断する前にインポートされたかを確認できます。レコードの一覧を表示するのには [データベース] メニュー項目顧客、または仕入先をクリックします。リストを使用して、インポートするアカウントを表示するのには、[履歴] メニューの一般的な勘定科目を割り当てるをクリックします。仕入先のプロパティ] ウィンドウで、インポートの条件を表示できます。

ストア オペレーション ・ マネージャーでの総勘定元帳勘定を割り当てる段階 4。

ストア オペレーション ・ マネージャーでのアカウントの割り当て表を設定する必要があります。強くお勧めする、経理担当者がこのテーブルを設定します。QuickBooks は借方と貸方勘定が一致しない場合、一般仕訳帳のインポート ファイルを使用できません。

新しい入金を追加するか、税の種類をするたびにこれらの追加機能を組み込むことを総勘定元帳のアカウントの割り当てを更新する必要があります。ガイドに記載されている各アカウントの種類を入力する必要がありますが、総勘定元帳勘定の種類を使用するには、次の表を使用します。テーブルでは、これらのアカウントに関する追加情報を提供します。テーブルでは、支払/入金を受信、支払/入金の開始、および支払/入金終了のアカウントを使っていることを前提としています。

店舗運営のテーブル: QuickBooks の総勘定元帳アカウントのセットアップ
説明借方勘定の種類クレジット アカウントの種類追加の詳細情報
売却済商品の原価をインベントリします。売却済商品の原価在庫項目の総コストが販売されています。すべての部門の合計としてこの値を追跡する場合は、これらのアカウントのアカウント番号を入力します。部門ごとにこの値を追跡する場合は、これらのアカウントを空白のままにしで、部署、アカウント番号を入力してください。 xxxx: コストのアカウントです。
コミッション販売費その他の流動負債販売 [商品コード] のための買掛金の委員会は、部門ごとにこの値を追跡する場合、このアカウントを設定します。部門ごとにこの値を追跡する場合は、これらのアカウントを空白のままにしで、部署、アカウント番号を入力してください。 xxxx: 委員会のアカウントです。
顧客預金: 作成その他の流動負債お客様のアカウントでの作業指示から行われた合計預金します。
顧客預金: 償還その他の流動負債ワーク オーダーが完了したときに引き換え、収入の金額です。
Layaway: 終了その他の流動負債お客様が商品を受け取ったときに閉じられている layaway の金額です。店舗運営に自動的にクレジット売上と税金へのアカウントの転記のバランスをとる。
Layaway: 支払その他の流動負債新規または既存の layaway の項目にお客様が支払った金額です。店舗運営では、支払の受信アカウントの転記のバランスを自動的に借方です。
販売: 合計販売税金を含まない合計売上額です。販売を転記する場合はこの勘定を転記すると、しない必要があります: 冗長な投稿を避けるためにアカウントの合計 + 税です。すべての部門に対しては、この値を追跡し、税金を個別に追跡する場合は、このアカウントを設定します。部門ごとにこの値を追跡する場合は、これらのアカウントを空白のままにしで、部署、アカウント番号を入力してください。 xxxx: セールス ・ アカウントです。
セールス: 合計 + 税販売合計売上金額と税。この勘定を転記する場合営業をポストしない: 冗長な投稿を避けるために、合計または税の収集のすべてのアカウントです。のみ販売部門で売上税を個別に追跡しない場合は、このアカウントを使用します。
送料: 合計その他の収入送料について収集された量です。総勘定元帳プログラムを通じて、経費に。
ストア: 振り込みに売掛金勘定料金はお客様のアカウントに加えられました。オフセットは、売上と税金を収集すること。
支払われたストアのアカウント。 売掛金勘定その顧客の残高を減らすために顧客からの支払。オフセットでは、支払/入金を受信します。
割増金: キャッシュ バックその他の収入金額はお客様に請求される手数料の収集借方購入数で現金を受信したとき。総勘定元帳のプログラムを使用して請求されるすべての費用を経費精算です。
割増金: 借方その他の収入金額はお客様に請求される手数料の収集の購入時に、デビット カードを使用するとき。総勘定元帳のプログラムを使用して請求されるすべての費用を経費精算です。
収集税: 合計 税金の支払売上税のすべての部門のために収集される合計金額です。個々 の税の種類や収集される税金の合計額の徴収転記できます。徴収を転記する場合: アカウントの合計はポスト個々 の税は収集されません。 xxxx 投稿の重複を避けるためのアカウントです。徴収します。 xxxx 店舗運営での税の種類ごとにエントリが作成されます。したがって、新しい税の種類を追加するたびに、転記が正しいかどうかを確認するには、このアカウントを更新する必要があります。
キャッシュの削除現金現金レジ担当者のシフト中に預金の引き出しが取得した現金の金額です。
出金経費現金(マイナーその他経費) のレジから支払われる現金の金額です。
支払/入金丸めエラー現金これは、複数の通貨を使用する場合に発生する丸めのエラーです。たとえば米国およびカナダ ドルです。ペニーがトランザクションに含まれていない場合、このエラーを発生も可能性があります。
終了金額支払/入金します。 xxxx現金またはその他の資産現金またはその他の資産特定の支払/入金タイプの現金の引き出しを閉じるときに表示される合計金額です。終了の支払/入金金額の入力は店舗運営の支払/入金の種類ごとに作成されます。したがって、新しい支払/入金タイプを追加するたびに、転記が正しいかどうかを確認するには、このアカウントを更新する必要があります。詳細については、このテーブルの後に表示されるメモを参照してください。
支払/入金の期首金額。 xxxx現金またはその他の資産現金またはその他の資産特定の支払/入金タイプの現金の引き出しを開くときに表示される合計金額です。店舗運営の支払/入金の種類ごとに、開始金額の支払/入金のエントリが作成されます。したがって、新しい支払/入金タイプを追加するたびに、転記が正しいかどうかを確認するには、このアカウントを更新する必要があります。詳細については、このテーブルの後に表示されるメモを参照してください。
オーバー短期および支払/入金します。 xxxx現金またはその他の資産支払/入金タイプは、バッチの最後に何か短いの金額です。レジ担当者が行った支払/入金トランザクション中にエラーが反映されます。店舗運営の支払/入金の種類ごとに支払/入金を短期およびエントリが作成されます。したがって、新しい支払/入金タイプを追加するたびに、転記が正しいかどうかを確認するには、このアカウントを更新する必要があります。このアカウントを使用する場合は、支払/入金または支払/入金の短いアカウントを重複投稿を避けるために空白のままにします。
支払/入金をします。 xxxx現金またはその他の資産バッチの終了時に、支払/入金タイプの金額です。レジ担当者が行った支払/入金トランザクション中にエラーが反映されます。店舗運営の支払/入金の種類ごとに支払/入金にエントリが作成されます。したがって、新しい支払/入金タイプを追加するたびに、転記が正しいかどうかを確認するには、このアカウントを更新する必要があります。このアカウントを使用する場合は、支払/入金または支払/入金の短いアカウントを重複投稿を避けるために空白のままにします。
支払/入金方法は受信します。 xxxx現金特定の支払/入金タイプを受信した合計金額です。この値は、終了時間 - 開始金額の支払/入金、ドロップされた支払/入金支払することにより計算されます。店舗運営の支払/入金の種類ごとに、支払/入金受信したエントリが作成されます。したがって、新しい支払/入金タイプを追加するたびに、転記が正しいかどうかを確認するには、このアカウントを更新する必要があります。詳細については、このテーブルの後に表示されるメモを参照してください。
支払/入金の短い形式: xxxx現金またはその他の資産支払/入金の入力は、バッチの最後に短いです。レジ担当者が行った支払/入金トランザクション中にエラーが反映されます。店舗運営の支払/入金の種類ごとに短い支払/入金のエントリが作成されます。したがって、新しい支払/入金タイプを追加するたびに、転記が正しいかどうかを確認するには、このアカウントを更新する必要があります。このアカウントを使用する場合は、支払/入金または支払/入金の短いアカウントを空白投稿の重複を避けるためにままにします。
税が収集されます。 xxxx税金の支払部門ごとに売上税のために収集される合計金額です。個々 の税の種類や収集された合計税額の徴収転記できます。番号を入力アカウントでこれらのアカウントの値を追跡する場合は、これとは別に各売上税の。合計として税金を追跡する場合は、これらのアカウントを空白のままにし、徴収することで、アカウント番号を入力してください: 合計します。徴収します。 xxxx 店舗運営での税の種類ごとにエントリが作成されます。したがって、新しい売上税を追加するたびに、転記が正しいかどうかを確認するには、このアカウントを更新する必要があります。
部門 xxxx: コスト売却済商品の原価在庫部門ごとに販売される品目の原価。すべての部門ごとに個別にこの値を追跡する場合は、これらのアカウントのアカウント番号を入力します。この合計値を追跡する場合は、これらのアカウントを空白のままにし、在庫に、アカウント番号を入力してください: [売却済商品の原価。
部門 xxxx。 コミッション販売費その他の流動負債部門別の営業担当者に支払う手数料。部門ごとに個別にこの値を追跡する場合は、このアカウントを設定します。この合計値を追跡する場合は、これらのアカウントを空白のままにし、委員会のアカウントで、アカウント番号を入力してください。
部門 xxxxします。 販売販売部門の税金を除いた売上金額です。この勘定を転記する場合営業をポストしない: + 税または売り上げ高の合計: 冗長な投稿を避けるために勘定を合計します。販売および各部門の税金を個別に追跡する場合は、このアカウントを設定します。この合計値を追跡する場合は、これらのアカウントを空白のままにし、販売、アカウント番号を入力してください: + 税または売り上げ高の合計: 合計します。
部門の税の丸め現金VAT システムでは、部門ごとの税を計算する場合、丸めエラーがあります。付加価値を使用する場合にこのオプションを使用します。
注: <b>支払/入金金額が会計システムに正常に投稿するには、開始タグと終了の各バッチの販売金額を入力します。

注: <b>受信した支払/入金の金額がない開始金額の支払/入金または支払/入金の終了時間を使用する場合は、次の操作を実行する必要があります。
  • セット貸方と借方の支払/入金の削除およびアカウントの支払/入金支払をします。
  • 各支払/入金の最初と最後の支払/入金金額は空白のままにします。
  • 支払/入金を受信用には、借方金額を設定します。
注: <b>支払/入金の開始と終了の金額を支払/入金が支払/入金受信したアカウントではなくを使用する場合は、次の操作を実行する必要があります。
  • 支払/入金の削除との両方の支払/入金支払を借方勘定を設定し、貸方勘定を空白のままにします。
  • 空白のままに支払/入金を受信します。
総勘定元帳勘定を割り当てるには、次の手順を実行します。
  1. Operations Manager のストアを開始します。
  2. 仕訳帳をクリックし、総勘定元帳勘定を割り当てる] をクリックします。
  3. をクリックして、借方勘定 #ボックス、またはクレジット アカウント #を割り当てるには、総勘定元帳勘定のボックスです。
  4. QuickBooks アカウントの一覧からをクリックします。
  5. 必要なすべてのアカウントが割り当てられるまで、手順 3 と 4 を繰り返します。

    注: <b>すべての総勘定元帳勘定に割り当てられているアカウントをお持ちの借方勘定 #ボックス、またはクレジット アカウント #ボックスです。
  6. QuickBooks を部品として、クローズした発注書を転記する場合は、リストから部品のアカウントに使用している QuickBooks のアカウントをクリックします。
  7. 変更内容を保存するのには[ok]をクリックしてウィンドウを閉じる、総勘定元帳勘定を割り当てます

段階 5: QuickBooks に直接のアカウンティング、および発注書のデータをエクスポートします。

アカウンティングをエクスポートするのにはデータ直接 QuickBooks の総勘定元帳と QuickBooks の部品としてクローズした発注書をエクスポートするのには以下の手順。
  1. Operations Manager のストアを開始します。
  2. 仕訳帳をクリックし、終了のバッチを投稿] をクリックします。

    注: <b>転記する閉じられたバッチのみが利用できます。
  3. バッチを転記するをクリックします。または、日付の開始日と終了日を入力するのにはバッチの範囲の選択] ウィンドウを開くをクリックします。[Ok]をクリックすると、終了して、この日付範囲内のすべてのバッチは場合でも、選択した転記。

    注: <b>既に転記されているバッチを再送信する場合は、QuickBooks で重複する総勘定元帳と部品表のエントリがあります。QuickBooks から重複レコードを削除することを確認します。
  4. QuickBooks の入出金予定のアカウントを設定すると場合、は、選択されたバッチに含まれているクローズした発注書をインポートするのには、[購入注文を含める] チェック ボックスを選択します。

    注: <b>閉じられたバッチでは、クローズした発注書が含まれます。バッチを転記すると、部品として QuickBooks に発注書の終了をインポートできます。QuickBooks に発注書をインポートする前に、アカウントの割り当て表に、入出金予定のアカウントを選択してください。QuickBooks で部品を作成すると、選択した部品表のアカウントはアカウント買掛金アカウントをオフセットします。

    ストア操作の発注書は、QuickBooks の請求書に次の情報をエクスポートします。
    ストア操作 PO フィールドクイック ブック請求書のフィールド
    発注書番号参照番号
    仕入先の名前仕入先
    注文書の作成日付トランザクションの日付
    発注書の合計未払金額
    用語支払条件
    割り当てるアカウント請求書転記勘定で指定された勘定に転記するための 1 つの経費明細行
  5. アカウント データをエクスポートするのには投稿し、クローズした発注書] をクリックします。

    注: <b>閉じられたバッチを転記するときにエラー メッセージが表示された場合は、エラー メッセージを示す QBPost.log ファイルを表示する必要があります。「関連情報」セクションのエラー メッセージのアーティクル リストに QBPost.log ファイルを比較します。既定では、ログ ファイルは C:\Program ファイル小売 System\Store 管理フォルダーには。
  6. バッチの数が転記されたことを示すポストを閉じるバッチウィンドウを閉じます[ok]をクリックします。
  7. QuickBooks で転記された情報があるようになりました。

    QuickBooks では、一般仕訳帳レポートを作成するには、次の手順を実行します。
    1. [レポート] をクリックして、カスタム トランザクションの詳細レポートフィルター ] タブをクリックします。
    2. フィルターの一覧では、トランザクションの種類をクリックします。
    3. トランザクション タイプ] ボックスの一覧で仕訳帳をクリックします。
    4. 日付範囲を選択する] をクリックし、[ OK] をクリックします。
    新しい QuickBooks の請求書を表示するのには部品[標準] ツールバーまたは [仕入先] をクリックをクリック手形の支払します

    注: <b>支払を転記することは、QuickBooks に記載されている最後の入出金予定をできない場合があります。
詳細については、マイクロソフトサポート技術記事を表示する次の資料番号をクリックしてください。
837803 「売掛金の明細行を分割するトランザクションは、顧客の行を分割するを含める必要があります」イベントが記録されます QBPost.log イベント ログに intuit 社の QuickBooks を転記すると、
837804 QuickBooks に Microsoft Dynamics 製品管理システムの店舗運営から閉じられたバッチを転記するときに、QBPost.log ファイルのエラー メッセージ:「売上税詳細行する必要がありますがある、仕入先」
838322 表示されたら、"項目または A の 1 つだけ P のアカウントは、トランザクションごとに許可または"QuickBooks をマイクロソフト製品の管理システム、店舗運営からバッチを転記するときにエラー メッセージ
838324 QuickBooks に閉じられたバッチを投稿しようとすると、QuickBooks の「発注でバッチ yy ' xxxxxx' には、仕入先はありません」エラー メッセージが表示される
838323 Intuit 社の QuickBooks を転記すると、QBPost.log ファイルで、「トランザクションの残高ではなく」エラー メッセージが表示します。
918268 QuickBooks に店舗運営からのバッチを投稿しようとするときにエラー メッセージ:"QuickBooks の仕入先に無効な参照がある<XXXXXX>部品に「</XXXXXX>
TK 32018

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:836444 - 最終更新日: 04/01/2016 21:06:00 - リビジョン: 1.1

Microsoft Retail Management System Store Operations 2.0, Microsoft Retail Management System Store Operations 1.3, Microsoft Business Solutions Retail Management System Store Operations 1.2

  • kbexpertiseinter kbexpertisebeginner kbhowto kbmbsmigrate kbmt KB836444 KbMtja
フィードバック