リソースキットツール ClusterRecovery.exe の日本語環境での使用について

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響します。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

現象
Microsoft Windows 2000、Microsoft Windows Server 2003 サーバー クラスター環境において、クラスター共有ディスクの復旧を行うために 、ClusterRecovery ツールを使用して以下の操作を行った場合、物理ディスク リソースが [Old phisical disk resource] と [New phisical disk resource] のドロップダウン リストに表示されず共有ディスクの復旧を行うことができません。
  1. ClusterRecovery.exe を起動し、[Cluster Name] で接続するクラスタをクリックします。
  2. [Recovery options] で [Replace a phisical disk resource] をクリックし [Next] ボタンをクリックします。
補足 : ClusterRecovery.exe は Windows Server 2003 リソース キットで提供されるツールです。
回避策
この問題を回避するには以下のいずれかの方法を実行してください。

方法 1 : 以下の日本語環境に対応した ClusterRecovery.exe の修正プログラムを入手し適用する

843295 日本語版の Windows Server 2003 で、サーバー クラスターの回復ユーティリティは動作しません


この修正プログラムは実行モジュールのみの提供となりますので、ヘルプ ファイルが必要な場合には別途英語版パッケージを入手し適用してください。



方法 2 : Windows 2000 リソースキットに含まれる Dumpcfg.exe を用いてディスク署名を変更する

日本語環境の Windows 2000、Windows Server 2003 のクラスタ共有ディスクの交換を伴う復旧方法については、Windows 2000 リソースキットに含まれる Dumpcfg.exe を用いたディスク署名の変更の手順を用いてください。


関連情報は、次のサポート技術情報を参照してください。

280425 サーバー クラスタでイベント ID 1034 から回復する
状況
この動作は仕様です。
プロパティ

文書番号:836503 - 最終更新日: 10/04/2016 15:55:00 - リビジョン: 5.0

Microsoft Windows 2000 Advanced Server, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)

  • kbexpertiseinter kbtshoot kbprb KB836503
フィードバック