現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

セキュリティ修正プログラム (MS04-003) のインストール後、エラー メッセージ "ログオン ユーザー インターフェイス DLL msgina.dll を読み込めませんでした" が表示される

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

現象
「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料 832483 に記載されているセキュリティ修正プログラム (MS04-003) をインストール後、コンピュータを起動できず、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
ログオン ユーザー インターフェイス DLL msgina.dll を読み込めませんでした。システム管理者に問い合わせて DLL を置き換えるか、または元の DLL を復元してください

原因
この問題は、TEMP 環境変数で指定されている TEMP フォルダが、暗号化されている場合に発生することがあります。

セキュリティ修正プログラム (MS04-003) が使用するインストーラでは、コンテンツが TEMP フォルダのサブフォルダに展開されます。TEMP フォルダが暗号化されていると、再起動時にアップデート ファイルが Windows\System32 フォルダに正常にコピーされません。セキュリティ修正プログラム (MS04-003) によってインストールされるファイルの 1 つは、Microsoft Graphical Identification and Authentication DLL ファイル (Msgina.dll) で必要とされ、次にこの Msgina.dll ファイルが Winlogon サービスで必要とされます。
解決方法
この問題を解決するには、まず、コンピュータを稼動状態に復元します。コンピュータを正常に再起動したら、暗号化されていない一時フォルダを手動で指定して、セキュリティ修正プログラム (MS04-003) をインストールします。

: 「現象」に記載された問題の発生後、コンピュータを正常に再起動した時点ではまだ、セキュリティ修正プログラム (MS04-003) はコンピュータにインストールされていません。

パート 1 : コンピュータを稼動状態に復元する

コンピュータを稼動状態に復元するには、次の手順を実行します。
  1. 「現象」に記載されたエラー メッセージが表示されたら、[再起動] をクリックします。
  2. コンピュータが再起動を開始したら、F8 キーを繰り返し押します。これにより、[Windows 拡張オプション メニュー] が表示されます。
  3. キーボードの方向キーを使用して、[前回正常起動時の構成 (正しく動作した最新の設定)] を選択し、Enter キーを押します。

パート 2 : セキュリティ修正プログラム (MS04-003) を手動でインストールする

セキュリティ修正プログラムを入手してインストールするには、次の手順を実行します。
  1. セキュリティ修正プログラム (MS04-003) をダウンロードして、コンピュータに保存します。この修正プログラムをダウンロードする方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    832483 MS04-003: Buffer overrun in an MDAC function could allow code execution
    832483 [MS04-003] MDAC 機能のバッファ オーバーランにより、コードが実行される
  2. /T: コマンド ライン スイッチを指定して、インストール パッケージを実行し、セキュリティ修正プログラム (MS04-003) をインストールします。このスイッチを使用することで、暗号化されていない場所をインストーラで指定して、パッケージのコンテンツを展開できるようになります。たとえば、Intel-x86 ベースのコンピュータにセキュリティ修正プログラム (MS04-003) の日本語版をインストールして、ファイルを C:\alternate_temp フォルダに展開する場合は、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。
    file_path\JPN_Q832483_MDAC_x86.EXE /T:C:\alternate_temp
詳細
この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 836683 (最終更新日 2004-02-17) を基に作成したものです。
プロパティ

文書番号:836683 - 最終更新日: 02/24/2004 06:09:00 - リビジョン: 1.1

Microsoft Windows 2000 Advanced Server, Microsoft Windows 2000 Professional, Microsoft Windows 2000 Server, Microsoft Windows XP Professional, Microsoft Windows XP Home Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Data Access Components 2.8

  • kberrmsg kbprb KB836683
フィードバック