Microsoft Windows CE プラットフォーム ビルダー製品の中核となるオペレーティング システムを検索する方法を修正します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:837392
はじめに
この資料では Microsoft Windows CE プラットフォーム ビルダー製品のコア オペレーティング システム ソフトウェアの更新を検索する方法について説明します。コア オペレーティング システム ソフトウェアの更新は、オペレーティング システムの実装側で使用するのみ必要があります。コア オペレーティング システム ソフトウェアの更新プログラムには、次のいずれかのものではありません。
  • ブランドのマイクロソフト オペレーティング システム (Smartphone PPC)
  • 独立系ハードウェア ベンダー (IHV)
  • 独立系ソフトウェア ベンダー (ISV)
オペレーティング システムの実装ではなく、コア オペレーティング システム ソフトウェアの更新、解答が発生している問題を可能性がありますと思われる場合は、ターゲットのオペレーティング システム実装にお問い合わせください。
詳細
Windows CE プラットフォーム ビルダー製品に加え、製品別のユーザーに、リテール製品パッケージからリリースし個々 の変更は、「更新とします」と呼ばれます一連の特定の更新プログラムのファイルは「更新パッケージとします」と呼ばれます更新プログラム パッケージには、固定のコンポーネントの一覧が含まれています、HTM ファイルと共にさまざまなオペレーティング システム プロセッサ カーネルのいくつかのパッケージが含まれます。HTM ファイルは、Microsoft Knowledge Base の記事については更新プログラム パッケージに含まれている個々 の修正プログラムを指します。これらの資料に関連技術情報が変更されたファイルの一覧を含む修正プログラムが含まれます。

更新は常に 1 つの製品は、最新のソースコードを使用して開発されています。更新プログラムのみを指定した構成でテストします。したがって、特定の製品のバージョンに既にインストールされているすべての以前に発行された更新プログラム パッケージをインストールすると、更新プログラムのみでサポートされます。そのため、必要な更新プログラムをインストールする前に以前の年間の更新プログラムと、毎月の更新プログラムをインストールしなければなりません。

更新の種類を理解します。

更新プログラム、更新プログラムの種類が次のいずれかの参照してください。
  • 月単位
  • 年間
毎月の更新プログラムは特定の月の特定の年のすべての個別の変更を含むパッケージです。毎月の更新前の月からの個々 の変更は含まれません。変更が毎月のパッケージに含まれているかどうかを確認するには、この資料の「ファイル情報」セクションを確認していますください。パッケージのファイル名には、次の情報が含まれます。
  • バージョンは、ハイフンの後に、
  • 数値形式の日付のタグ、年月日 (の書式設定します。yymmdd)
  • タグの後にハイフンが、技術情報の文書番号を指定します。
  • プロセッサの種類
たとえば、Wincepb50 060503 kb917590 armv4i.msi パッケージ ARMV4i Windows CE 5.0 Platform Builder の修正は、Microsoft サポート技術情報の記事 917590 に記載されているし、2006 年 5 月の月例更新で含まれているです。

年間の更新プログラムのリリース時に毎月の更新プログラムをすべてが含まれているパッケージです。各パッケージは対象製品で利用可能な各プロセッサ カーネルとは別に用意されています。これと特定の変更を特定のプロセッサ カーネルに適用されませんを除いて同様です。次に、パッケージは必要ありません。

年間の更新プログラム パッケージがリリースされると、毎月の更新プログラム パッケージのダウンロード サイトから削除されます。年間の更新プログラム パッケージは、非常に大きくなることができます。

必要な修正を確認します。

コンポーネント ビルド環境では、現在インストールされているコンポーネントよりも新しい場合にのみそれらのコンポーネントをインストールするインストール パッケージが設計されています。最も簡単にシステムを最新の状態を表示するには、すべての現在利用可能な更新プログラム パッケージをインストールします。ビルド環境は、次のインストールが必要です。
  • 年間の更新プログラム パッケージ
  • 月後の年間の更新プログラム パッケージをリリースしたすべての更新プログラム パッケージ
毎月の更新プログラム パッケージまたは年次更新プログラム パッケージをインストールすると、ビルド システムで、次のツールを実行して、現在の更新状態を判断できます。
%windir%\system32\ceqfecheck\ceqfecheck.exe
どのパッケージがインストールされているを確認するには、Ceqfecheck.exe ツールを使用できます。また、実際のバイナリ製品ファイルが、現在の更新状態を一致するかどうかを判断するのには、Ceqfecheck.exe ツールを使用できます。最新のパッケージ情報を取得するのには、インターネットに接続する必要があります。

更新プログラムのパッケージを検索します。

更新プログラム パッケージは、2 つの異なる Web (HTTP) 更新サイトで利用可能です。
  • マイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) のダウンロード

    MSDN の Web サイトには、すべての更新プログラム パッケージ バージョンごとに、ページを読みやすいにはが含まれます。詳細については、次の MSDN Web サイトを参照してください。
  • Microsoft ダウンロード センター

    この Web サイトにすべての更新プログラム パッケージが含まれています。詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
ビルド システムを更新するには、年最後の更新プログラム パッケージからの年間の最新の更新プログラム パッケージと、毎月の更新プログラムのすべてのパッケージを探します。次に、適切な更新プログラム パッケージをインストールします。上記の MSDN の Web サイト上のパッケージ、更新プログラムを検索できます。Microsoft ダウンロード センターを使用する場合は、次の手順を実行します。
  1. 次の検索語を指定します。
    <version></version> ビルダーの更新
    プレース ホルダー <version></version> オペレーティング システムのバージョン番号、たとえば、4.0、5.0、または Windows CE の .net のです。
  2. 検索が完了したら、設定を 表示順: フィールドに リリース日.

更新プログラム パッケージのサポート技術情報の可用性を把握します。

更新パッケージとサポート技術情報を Web には別の出版システムを使用して発行されます。Microsoft の Web サイト、技術、または対応する更新プログラム パッケージがない場合は、パブリケーションが存在しないが、いくつかの日に利用可能である場合があります。(Microsoft Knowledge Base) の資料や、対応する更新プログラム パッケージをすぐにした場合は、マイクロソフト製品サポート サービスの電話です。

各更新プログラム パッケージは、リリース ノート ファイルも関連付けられています。ビルド環境の基本オペレーティング システム ディレクトリに、更新プログラム パッケージをインストールした後、Readme ファイルを表示できます。Readme ファイル アップデートに含まれる個別の変更の一覧を指定します。Readme ファイルに個々 の変更関連の技術資料を関連付けます。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:837392 - 最終更新日: 09/12/2012 06:12:00 - リビジョン: 6.0

Windows Embedded CE 6.0, Microsoft Windows CE 5.0, Microsoft Windows CE .NET 4.2, Microsoft Windows CE Platform Builder 3.0

  • kbhowto kbbug kbfix kbqfe kbprb kbmt KB837392 KbMtja
フィードバック