現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Visual Basic 6.0 IDE でマウス ホイール イベントが機能しません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:837910
現象
Microsoft Visual Basic 6.0 IDE で、マウス ホイールを使用してスクロールすることはできません。
原因
この問題は、Visual Basic 6.0 IDE には、マウス ホイールを使用してスクロールするための組み込みサポートがないために発生します。
回避策
この問題を回避するには、以下のいずれかの方法を使用します。

方法 1

[DLL とアドインの DLL を作成するために使用されるコードを含む VB6 マウス Wheel.exe ファイルをダウンロードします。
  1. VB6 マウス Wheel.exe ファイルをダウンロードしてください。 次のファイルが Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。
    ダウンロードVB6MouseWheel.EXE パッケージを今すぐダウンロードします。

    Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
    119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
    このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。
  2. [スタート] ボタン、[実行] をクリック、種類 regsvr32 <path>\VB6IDEMouseWheelAddin.dll</path>、し、[ OK] をクリックします。
  3. Visual Basic 6.0 を起動します。
  4. アドインをクリックし、[アドイン マネージャー] をクリックします。
  5. アドイン マネージャー ] ボックスの一覧で、マウスの修正プログラムをクリックします。
  6. ロード/アンロードチェック ボックスをオンにし、[起動時にロードチェック ボックスをオンにします。
  7. [OK] をクリックします。
Visual Basic 6.0 のアドイン DLL をビルドすることもできます。これを行うには、アドイン DLL は自動的に登録されます。アドインを有効にするには、手順 4 ~ 7を実行します。アドイン DLL をビルドするには、[ファイル] メニュー 、VB6IDEMouseWheelAddin.dllをクリックします。

方法 2

以前のバージョンの Microsoft IntelliPoint ソフトウェアに戻ります。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. コンピューターにインストールされている IntelliPoint ソフトウェアがバージョン 4.9 またはそれ以降のバージョンの場合は、IntelliPoint ソフトウェアをコンピューターから削除します。
  2. IntelliPoint ソフトウェア version4.12 をインストールします。 次のファイルが Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。
    ダウンロードIntelliPoint 4.12 パッケージを今すぐダウンロードします。

    Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
    119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
    このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。
<b>ほとんどの VBA 環境でこのアドインを使用することもできます。前述のように、アドインをインストール、次の値では、.reg ファイルを作成し、レジストリに結合します。

Windows レジストリ エディターのバージョン 5.00

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\VBA\VBE\6.0\Addins\VB6IDEMouseWheelAddin.Connect
  • 「MouseWheel 修正プログラムの FriendlyName「=」」
  • "CommandLineSafe"= dword:00000000
  • "LoadBehavior"= dword:00000000
<b>HKEY_LOCAL_MACHINE の下に配置する場合、これらのキーを無視可能性があります。
状況
これは仕様による動作です。
詳細
Visual Basic 6.0 でのマウス ホイールのサポートは、マウス ドライバーの機能です。WM_MOUSEWHEEL メッセージは、マウス ホイールを回転したとき、フォーカス ウィンドウに送信されます。IDE は、Visual Basic 6.0 IDE にマウス ホイールを使用したスクロールのサポートが組み込まれていないために、WM_MOUSEWHEEL メッセージを無視します。ただし、IntelliPoint ソフトウェアのバージョン 4.12 では、マウス ホイールのサポートが用意されていて、WM_SCROLL に WM_MOUSEWHEEL メッセージを変換します。IntelliPoint ソフトウェアのバージョン 4.9 およびそれ以降のバージョンには、この機能はありません。したがって、Visual Basic 6.0 IDE にスクロールするのにはマウス ホイールを使用する場合は、IntelliPoint ソフトウェアのバージョン 4.12 を使用する必要があります。
関連情報
WM_MOUSEWHEEL 通知に関する追加情報は、次の Microsoft Developer Network (MSDN) Web サイトを参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:837910 - 最終更新日: 07/03/2016 14:12:00 - リビジョン: 10.0

Microsoft Visual Basic for Applications 6.0, Microsoft Visual Basic 5.0 Enterprise Edition

  • kbevent kbideproject kbdriver kbdevstudio kbprb kbmt KB837910 KbMtja
フィードバック