現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows XP Service Pack 2 での Internet Explorer 関連の修正一覧

はじめに
この資料では、Microsoft Windows XP Service Pack 2 (SP2) で修正される Microsoft Internet Explorer 関連の問題と更新について説明します。

Windows XP Service Pack 2 を入手する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
322389 最新の Windows XP Service Pack を入手する方法
詳細
Windows XP SP2 では、Internet Explorer に関連する以下の問題が修正されます。

ショートカット キー Alt + N が正常に動作しない

画面の要素を選択するためにショートカット キー Alt + N を使用しても、画面の要素が選択されません。たとえば、Microsoft .NET Passport ウィザードを実行する場合に、ショートカット キー Alt + N を使用して最初のページの後で [次へ] ボタンを選択できません。代わりに、Internet Explorer の情報バーが選択されます。

この問題は、情報バーが表示されている場合にのみ発生します。Internet Explorer の情報バーの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
843017 Windows XP SP2 の Internet Explorer の情報バーについて
この問題を回避するには、Tab キーを使用して画面の要素を移動し、Space キーまたは Enter キーを押します。ポインティング デバイスを使用して画面の要素を選択することもできます。

Internet Explorer のセキュリティ ゾーンにマイ コンピュータ ゾーンを追加できない

次のレジストリ サブキーを使用して、Internet Explorer のセキュリティ ゾーンにマイ コンピュータ ゾーンを追加できません。
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\Zones\0
レジストリにおける Internet Explorer のセキュリティ ゾーンおよびプライバシー設定の管理の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
182569 Internet Explorer のセキュリティ ゾーン関連のレジストリ エントリについて

Internet Explorer で悪質な ActiveX コントロールがブロックされる

Windows XP SP2 では、Internet Explorer で Web ページが悪質な ActiveX コントロールを読み込まないようにするために、Kill Bit が使用されています。ただし、この機能により、Web ページが正常に機能しない場合があります。Kill Bit の ActiveX コントロールへの影響の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
240797 Internet Explorer で ActiveX コントロールの動作を停止する方法
870669 Internet Explorer で ADODB.Stream オブジェクトを無効にする方法
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 838199 (最終更新日 2004-09-30) を基に作成したものです。
プロパティ

文書番号:838199 - 最終更新日: 03/23/2005 07:46:29 - リビジョン: 1.1

Microsoft Windows XP Home Edition Service Pack 2 (SP2), Microsoft Windows XP Professional Service Pack 2 (SP2)

  • kbtshoot kberrmsg KB838199
フィードバック