Windows XP Service Pack 2 および Windows XP Tablet PC Edition 2005 での管理関連の問題の修正一覧

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
はじめに
この資料では、Microsoft Windows XP Service Pack 2 (SP2) および Microsoft Windows XP Tablet PC Edition 2005 で修正される管理関連の問題の一覧を掲載します。

: Windows XP Tablet PC Edition 2005 には、Windows XP SP2 の機能とコンポーネントが含まれています。
詳細
Microsoft Windows XP SP2 では、管理関連の以下の問題が修正されます。

ドイツ語版の Windows XP でポリシーの結果セット スナップインを使用してポリシーの結果セットを参照するとき、データが正しく表示されない

Windows XP ドイツ語版でポリシーの結果セット Microsoft 管理コンソール (MMC) スナップインを使用してポリシーの結果セットのデータを参照するとき、データが正しく表示されません。以下の現象が発生します。
  • 一部のポリシー設定が表示されません。
  • 表示されたポリシー設定の中に、赤い "X" が表示されるものがあります。
  • Userenv.log ファイルに、以下のようなエラー メッセージが出力されます。
    WBEM_E_NOT_FOUND

    0x80041002

    The object could not be found.
この問題は、ドメイン名に、正常に処理されない特定の文字が含まれている場合に発生します。
kbfixlist, windowsxpsp2, winxpsp2, xpsp2
プロパティ

文書番号:838210 - 最終更新日: 01/07/2015 19:32:26 - リビジョン: 3.1

  • Microsoft Windows XP Professional Service Pack 2 (SP2)
  • Microsoft Windows XP Home Edition Service Pack 2 (SP2)
  • Microsoft Windows XP Media Center Edition Service Pack 2 (SP2)
  • Microsoft Windows XP Tablet PC Edition 2005
  • kbnosurvey kbarchive kberrmsg kbfix kbbug kbtshoot KB838210
フィードバック