Outlook 2002 で脆弱性により、Outlook.exe ファイル内の任意のコマンドライン パラメーター

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:838440
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
脆弱性は、コマンド ライン パラメーターを重複している可能性があります、Outlook.exe ファイルに渡されますを Microsoft Outlook 2002 に存在します。 攻撃者でした、Outlook.exe ファイルに渡されると、コンピューター上で悪意のあるコードを実行する特別に細工した電子メール メッセージで任意のコマンド ライン パラメーターを渡すコマンド ライン パラメーターをオーバーライドして可能性があります。
解決方法
この問題を解決するには、いずれか、状況に応じて、次のメソッドの使用します。
  • インストール Microsoft Office XP Service Pack 3 (SP3)。

    Office XP SP3 の詳細については、クリックして次資料「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
    832671Microsoft Office XP Service Pack 3 について
  • バージョン管理、Microsoft Outlook 2002 セキュリティ更新プログラムのインストール:「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) の次の資料に記載がいる KB828040:
    828040Outlook 2002 セキュリティ アップデート (2004 年 3 月 9 日)
回避策
この問題を回避する、するには異なるホーム ページより Outlook Today のホーム ページを使用する Outlook 2002 を構成します。 Outlook Today のホーム ページは、Microsoft Outlook を電子メール アカウントを使用して Outlook が構成されていない場合に使用する既定ビューです。 Outlook 2002 で、Outlook Today のホーム ページよりも異なるホーム ページを使用: 構成するには
  1. Outlook 2002 を起動します (既に起動していない) 場合。
  2. [ 表示 ] の [ フォルダー一覧 ] をクリックします。
  3. [ フォルダー一覧 ] には Outlook Today のフォルダーを右クリックして [ プロパティ Outlook Today の] をクリックします。
  4. [ ホーム ページ ] タブをクリックします。
  5. [ アドレス ] ボックスに、ホーム ページ、Outlook Today のフォルダーを表示するを指定します。 これを行うには、接続 (URL を入力) または Outlook Today] フォルダーのホーム ページとして使用するドキュメントのパス、Web ページの。 または、 参照] をクリックして、ドキュメントや、使用する Web ページを検索して、[ OK] をクリックします。
  6. [ OK] をクリックします。
状況
マイクロソフトとして認識していますこの問題をこの資料の対象製品の「に記載されているマイクロソフト製品の問題。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:838440 - 最終更新日: 02/09/2014 00:28:13 - リビジョン: 1.1

Microsoft Outlook 2002 Standard Edition

  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbmt KB838440 KbMtja
フィードバック