現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows Small Business Server 2003 ベースのコンピュータをシャットダウンまたは再起動すると、サービスが突然停止する

Notice
重要 この資料には、レジストリの修正についての情報が含まれています。レジストリを修正する前に、必ずバックアップし、問題があった場合に復元する方法を確認しておいてください。レジストリをバックアップ・復元・編集する方法についての関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
256986 Description of the Microsoft Windows Registry
256986 Microsoft Windows レジストリの説明
現象
Microsoft Windows Small Business Server 2003 ベースのコンピュータをシャットダウンまたは再起動すると、コンピュータ上で動作しているサービスが、正しくシャットダウンできずに、直ちに停止することがあります。この突然の終了が原因で、データが失われることがあります。
原因
Windows Small Business Server 2003 セットアップ プログラムにより、レジストリ値 WaitToKillServiceTimeout の種類が、誤って REG_DWORD に変更されることが原因で、この問題が発生します。この値の種類は REG_SZ である必要があります。このため、システムは WaitToKillServiceTimeout 値を 0 ミリ秒タイムアウトと解釈し、実行中のサービスを直ちに終了させます。
解決方法

この問題を解決するには、レジストリ値 WaitToKillServiceTimeout を削除し、種類 REG_SZ で再作成する必要があります。この操作を行うには、以下の手順を実行します。

警告 レジストリ エディタの使い方を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。Microsoft は、レジストリ エディタの使い方を誤ったために発生した問題を解決することを保証しておりません。この手順は、自己の責任において実行してください。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに Regedit と入力して [OK] をクリックします。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control
  3. 右側のウィンドウで[WaitToKillServiceTimeout] 値を右クリックして [削除] をクリックします。値の削除を確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
  4. 左側のウィンドウで [Control] を右クリックし、[新規] をポイントして [文字列値] をクリックします。
  5. 次の値を作成します。
    • 名前 : WaitToKillServiceTimeout
    • 種類 : REG_SZ
    • データ : 120000
  6. レジストリ エディタを終了し、コンピュータを再起動します。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 839262 (最終更新日 2004-03-23) を基に作成したものです。
WaitToKillServiceTimeout SBS smallbiz
プロパティ

文書番号:839262 - 最終更新日: 12/03/2007 06:20:00 - リビジョン: 1.1

  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Premium Edition
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Standard Edition
  • kbbug kbnofix KB839262
フィードバック