Exchange 2000 Server で 'GFT' タイム ゾーンの 2004 年 10 月の予定を Cdohtml.dll で表示すると、時刻が 1 時間ずれる

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Microsoft Exchange 2000 Server の Outlook Web Access (OWA) を使用して、"(GMT+02:00) ヘルシンキ、リガ、タリン" のタイム ゾーンで 2004 年 10 月中にスケジュールされている予定を作成した場合、CDO (Collaboration Data Objects) Rendering Library (Cdohtml.dll) でその予定を表示したときに、予定の時刻が 1 時間ずれます。この問題は、2003 年 9 月公開の Exchange 2000 Server Service Pack 3 以降のロールアップ (ビルド 6.0.6487.1) を実行しているサーバーで発生します。
状況
マイクロソフトでは、この問題を Microsoft Exchange 2000 Server Service Pack 3 の問題として認識しています。
詳細
"(GMT+02:00) ヘルシンキ、リガ、タリン" のタイム ゾーンは、コントロール パネルと OWA オプションの両方で設定する必要があります。Cdohtml.dll を使用して予定を表示する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
181483 CDO を使用して ASP ページに予定表を表示する方法
以下は、文書番号 181483 の資料で使用されているコードからの抜粋です。ここでは、"(GMT+02:00) ヘルシンキ、リガ、タリン" のタイム ゾーンを使用するように変更されています。
'CONSTANTS FOR THE CONTAINER RENDERER 'Time Zone Constants for the US CONST CdoDefaultFolderCalendar = 0 CONST CdoTmzEastern = 10 CONST CdoTmzCentral = 11 CONST CdoTmzMountain = 12 CONST CdoTmzPacific = 13 CONST CdoTmzAthens = 7 ' Contains "(GMT+02:00) Helsinki, Riga, Talinn"CONST CdoTmzEasternEurope = 5 CONST CdoTmzBerlin = 4 CONST CdoTmzMoscow = 51 CONST CdoTmzHongKong = 21 CONST CdoTmzGMT = 0 'CONTAINER CONSTANT CONST CdoClassContainerRenderer = 3 strProfileInfo = "MyServer" & vbLf & "MyAccount" Set objSession = Server.CreateObject("MAPI.Session") objSession.Logon "", "", False, True, 0, True, strProfileInfo objSession.SetOption "calendarstore", "outlook" Set objRenderApp = Server.CreateObject("AMHTML.application") Set objCRenderer = objRenderApp.CreateRenderer(CdoClassContainerRenderer) ObjCRenderer.TimeZone = CdoTmzAthensobjCRenderer.DataSource = objSession.GetDefaultFolder(CdoDefaultFolderCalendar).Messages Set objView = ObjCRenderer.Views(1) objCRenderer.CurrentView = objView objView.RenderAppointments now, Response 
: "CdoTmzAthens" のタイム ゾーンがコードで明示的に設定されていても、CDO で作成された予定を Outlook で表示すると、この問題が発生します。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 839316 (最終更新日 2004-05-12) を基に作成したものです。

この資料に含まれているサンプル コード/プログラムは英語版を前提に書かれたものをありのままに記述しており、日本語環境での動作は確認されておりません。
XADM
プロパティ

文書番号:839316 - 最終更新日: 01/17/2015 17:47:26 - リビジョン: 2.0

  • Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbqfe kbfix kbexchange2000presp4fix kbbug KB839316
フィードバック