Microsoft Exchange 2000 Server の展開サーバーの Inetinfo.exe プロセスが突然停止する

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

839379
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
動的配布リストに電子メール メッセージを送信するときは、Microsoft Exchange 2000 Server の展開サーバー上で、Inetinfo.exe プロセスが突然停止 (クラッシュ) します。
原因
この問題は、次の条件に該当する場合に発生します:
  • 動的配布リストが、クエリ ベース配布リストです。
  • この配布リストのクエリ文字列が大きすぎます。
解決方法

修正プログラムについて

この問題を解決をするには、2004 年 8 月を入手 Exchange 2000 Server Post-Service パック 3年更新プログラムのロールアップします。

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
8705402004 年 8 月公開の Exchange 2000 Server Service Pack 3 以降の更新プログラムのロールアップ

前提条件

ファイルの依存関係のためこの更新プログラムに Microsoft Exchange 2000 Server Service Pack 3 (SP3) 必要があります。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
301378Exchange 2000 Server Service Pack の入手方法

ファイル情報

この修正プログラムのグローバルのバージョンにファイルの属性 (またはそれ以降のファイル属性) 次の表は、されている可能性もします。 日付およびこれらのファイルの時間で世界協定時刻 (UTC) と記載します。 各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。 UTC および現地時間の時差を確認するには、コントロール パネル]、日付と時刻ツールの [ タイム ゾーン ] タブを使用してください。
   Date         Time   Version            Size    File name   --------------------------------------------------------------    30-Mar-2004  23:25  6.0.6581.0        507,904  Phatq.dll          	
状況
マイクロソフトでは、この問題を Microsoft Exchange 2000 Server の問題として認識しています。

Warning: This article has been translated automatically

プロパティ

文書番号:839379 - 最終更新日: 01/29/2014 19:41:41 - リビジョン: 2.3

  • Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbqfe kbexchange2000presp4fix kbexchange2000presp4julybarfix kbhotfixserver kbmt KB839379 KbMtja
フィードバック