FIX キャッシュ ポリシー接続プロパティの値を 7 に設定されている場合、Analysis Services サービス停止可能性があります。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

841178
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
# をバグ: 14332 (Plato7x)
Microsoft SQL Server 2000年の修正プログラムは、1 つのダウンロード ファイルとして配布されます。修正プログラムは累積的であるため、各新しいリリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前 SQL Server 2000 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。
現象
SQL Server 2000 Analysis Services のサーバー コンピューターには、接続のマルチ ディメンション式 (MDX) クエリを実行する場合は、 キャッシュ ポリシー 接続の確立と接続のプロパティの値は 7 に設定される、Analysis Services サービスがシャット ダウン可能性があります。
解決方法

サービス パックの情報

この問題を解決するには、Microsoft SQL Server 2000年用の最新の service pack を入手します。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
290211 SQL Server 2000年の最新の service pack を入手する方法

修正プログラムの情報

この修正プログラムの英語版がファイル属性を持つ (またはそれ以降) 次の表に記載されています。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) が表示されます。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン タブ コントロール パネルの日付と時刻ツールでします。
   Date         Time   Version             Size   File name   ----------------------------------------------------------------   05-May-2004  19:56  8.0.940.0         221,760  Msmdcb80.dll        05-May-2004  19:56  8.0.0.940       4,063,808  Msmddo80.dll        05-May-2004  19:45  8.0.940.0       1,032,768  Msmdgd80.dll   05-May-2004  19:34  8.0.940.0         172,608  Msmdpump.dll        05-May-2004  20:11  8.0.0.940       9,638,468  Msmdsgn80.dll   05-May-2004  19:40  8.0.940.0       1,835,588  Msmdsrv.exe         05-May-2004  20:15  8.0.940.0       2,081,360  Msolap80.dll        05-May-2004  18:04  8.0.940.0         213,068  Msolap80.rll 


メモ ファイルの依存関係のため、最新の修正プログラムまたは機能にこれらのファイル追加ファイルも含まれる可能性があります。

SQL Server 2000年の分析サービスの 64年ビット

SQL Server 2000年の分析サービスの 64 ビットを実行しているサーバーに適用するか修正が予定されているかどうかは確認するように設計された、修正プログラムのビルドについて 4、SQL Server 2000年の分析サービスの 64 ビット バージョンのサービス パックに含まれる、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の文書番号を. します。:
831653分析サービス 2000年の 64 ビット バージョンの修正プログラム ビルドの可用性
状況
マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

この問題は、最初 Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 4 で修正済みです。
詳細
使用できます、 キャッシュ ポリシー クライアントが MDX クエリを解決するために要求するデータ メンバーを決定するために使用するアルゴリズムを制御するのには、Analysis Services の接続プロパティです。通常、既定値の標準のクエリの最適なパフォーマンスを提供します。ただし、データベース管理者が、ことができます異なる キャッシュ ポリシー 選択したクエリの値を使用する必要があります。

この修正プログラムで仮想ディメンションを使用してディメンションを処理した後、遅延の集計処理スレッドの実行時にディメンションの破損が発生する問題を修正する修正プログラムが含まれています。差分仮想ディメンションを処理する場合、この修正プログラムにより、スレッド処理、レイジー集計が実行されます。レイジー集計スレッドの実行中は、そのディメンションの集計は各パーティションから削除されます。

レイジー集計スレッド優先度の低いバック グラウンド スレッドとして実行され、ディメンション内の各パーティションの集計を再構築します。レイジー集計スレッドを実行して、集計を再構築するときに、MDX クエリの実行が大幅に低下可能性があります。集計の不足のため、クエリのパフォーマンスが低下を発生します。アグリゲーターの欠如は各パーティションのリーフ レベルから値を読み取るには、サーバーが発生します。

レイジー集計スレッドの各パーティションの集計を再構築が完了したら、クエリのパフォーマンスの低下が表示されなく。レイジー集計中に、クエリ パフォーマンスの低下は、特定の状況などで高オンデマンド キューブでエンタープライズ ・ アプリケーションで許容できない場合があります。この修正プログラムを適用する不適切なクエリのパフォーマンスが低下が発生する場合は、レイジー集計中に、次の代替方法を検討することをお勧めします。
  • 設定は、 DSOCommitMode レジストリの値 DSOCommitModeNonLazyIndexing. 詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
    325289修正: 新機能の変更可能なディメンションのインクリメンタル更新
    このオプションは、メモリ、およびディスクの使用状況分析サーバー上を増やすことができます。影響を受ける、キューブを処理します。 キューブの集計を再計算するのには、処理バッファー用の追加のメモリを必要とするため、メモリ使用量が増加します。ディスクの使用状況データと集計の新しいコピーが作成されますのでと現在のユーザー クエリに対して、元のデータが保持されるため、影響を受けるすべてのキューブの累積サイズが約 2 倍に増加します。また、合計の経過時間のトランザクションを完了するのには、従来のレイジー集計処理にかなり時間があります。
  • 設定は、 仮想 プロパティおよび 変更します。 プロパティのすべての仮想ディメンションに False.

    メモ これらのプロパティを変更すると、変更されたディメンションを使用して、キューブを完全もし必要があります。
詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明
OLAP の 831653

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:841178 - 最終更新日: 01/17/2015 09:54:19 - リビジョン: 6.0

  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbqfe kbsqlserv2000presp4fix kbhotfixserver kbmt KB841178 KbMtja
フィードバック