現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows SharePoint ドキュメント ライブラリに接続しようとするとエラー メッセージ:「システム エラー 5 が発生しました」

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:841215
スモール ビジネスのお客様の場合は、追加のトラブルシューティングおよびラーニング リソースでの検索の スモール ビジネス向けのサポート サイトです。
現象
次のシナリオを検討してください。

シナリオ 1
  • コンピューターのいずれか、次のオペレーティング システムの実行します。
    • Windows Vista
    • Windows XP Service Pack 2 (SP2) またはそれ以降の Windows XP
    • 64 ビット バージョンの Windows XP またはそれ以降の Windows XP
    • Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1) またはそれ以降の Windows Server
  • ドライブが Windows SharePoint Services 3.0 または Windows SharePoint Services 2.0 の web サイトにマップするのにnet use Windows コマンドを使用します。
  • ユーザー名とパスワードを入力します。
このシナリオでは、次のようなエラー メッセージが表示されます。

システム エラー 5 が発生しました。

アクセスが拒否されました。

シナリオ 2
  • コンピューターのいずれか、次のオペレーティング システムの実行します。
    • Windows Vista
    • Windows XP Service Pack 2 (SP2) またはそれ以降の Windows XP
    • 64 ビット バージョンの Windows XP またはそれ以降の Windows XP
    • Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1) またはそれ以降の Windows Server
  • エクスプ ローラー ビューを使用して、Windows SharePoint Services 3.0 または Windows SharePoint Services 2.0 のドキュメント ライブラリを表示しようとしています。
  • 複数回、ユーザー名とパスワードを入力し、[キャンセル] をクリックします。
このシナリオでは、web フォルダーが予期せず表示されます。


原因
この問題は、Windows SharePoint Services 3.0 または Windows SharePoint Services 2.0 を実行しているサーバーが基本認証に設定されている場合に発生します。

メモ セキュリティ上の理由から、Windows Vista と Windows XP SP2、Web 分散オーサリングとバージョン管理 (WebDAV) リダイレクターで基本認証を無効にします。エクスプ ローラー ビューでは、Windows SharePoint Services および Windows SharePoint Services に関連する Windows シェル コマンドは、WebDAV リダイレクターの技術を使用します。
回避策
この問題を回避するには、クライアント コンピューター上で基本認証を有効にします。私たちのクライアント コンピューター上での基本認証を有効にするのには、移動を」Fix it で解決する」に記載します。自分でこの問題を解決する場合は、」自分で解決する"セクションに移動します。

Fix it で解決する



この問題を自動的に修正するをクリックして、 [ ]で、 [ ダイアログ ボックスを実行] をクリックし、手順この修正プログラムをウィザード。




注意
  • このウィザードは英語版のみである場合があります。しかし、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。
  • 操作しているコンピューターに問題がない場合、自動的な解決をフラッシュ ドライブまたは CD に保存して、問題のあるコンピューターで実行することができます。

このため、Exchange Server 2010 SP1 にパブリック フォルダーがインストールされている場合、空き時間情報取得のリクエストは、Exchange RPC Client Access サービスにより妨害されます。問題が解決されたかどうかの確認"セクションに移動します。



自分で解決する

Windows XP および Windows Server 2003

重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、この手順を慎重に実行するようにしてください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法


クライアント コンピューター上で基本認証を有効にするには、実行します。次の手順:
  1. クリックしてください。 スタートプロパティExchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない.
  2. で、 と入力して ボックス型をクリックし、プロパティ ].
  3. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\WebClient\Parameters
  4. で、 編集 メニューのポイント新しいプロパティ DWORD 値.
  5. 種類 UseBasicAuthをクリックし、Enter キーを押します。
  6. で、 編集 メニューをクリックして変更.
  7. で、 [値のデータ ボックス型1プロパティ ].

    メモ 基本認証が有効になっている場合は、UseBasicAuth レジストリエントリが 0 以外の値に設定されます。基本認証が無効になっている場合は、UseBasicAuth レジストリエントリが現在または UseBasicAuth レジストリ エントリを 0 に設定されているかどうかです。(ゼロ)。
  8. レジストリ エディターを終了し、再起動、コンピューター。

Windows Vista

重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、この手順を慎重に実行するようにしてください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法


クライアント コンピューター上で基本認証を有効にするには、実行します。次の手順:
  1. クリックしてください。 スタート  [スタート] ボタン ] をクリックし、 続いて 検索を開始します。 [ regedit.exe 続いて プログラム リスト。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\WebClient\Parameters
  3. で、 編集 メニューのポイント新しいプロパティ DWORD 値.
  4. 種類 BasicAuthLevelをクリックし、Enter キーを押します。
  5. で、 編集 メニューをクリックして変更.
  6. で、 [値のデータ ボックス型2プロパティ ].

    メモ マッピングは次のとおりです。
    • 0 - 基本認証の無効化
    • 1-基本認証のセキュリティで保護されたソケット レイヤー (SSL) の共有のみに対して有効
    • 2 以上の基本認証の SSL の共有および SSL 以外の共有を有効にします。
  7. レジストリ エディターを終了し、再起動、コンピューター。

問題が解決されたかどうかの確認

  • 問題が解決されたかどうかを確認します。問題が解決された場合、このセクションの作業は完了していることになります。問題が解決されていない場合は、 サポートに問い合わせる.
  • マイクロソフトはフィードバックをお待ちしています。この解決方法に関するフィードバックを提供する、または問題を報告するには、"Fix it で解決するブログにコメントを記入するか、 電子メール.
詳細
WebDAV は HTTP プロトコルの拡張機能です。WebDAV にはでは基本認証が含まれます。

メモ 認証は、サーバーにユーザーを識別する方法です。

基本認証を使用すると、ユーザーのユーザー名とパスワードは暗号化されず、他のユーザーが受け取ることができます。セキュリティ上のリスクが生じます。

サーバーが基本認証に設定されている場合は、DAV リダイレクターの Windows XP Service Pack 1 および Windows の以前のバージョンで暗号化された HTTP プロトコルをサポートしていません。コンピューターやネットワークのセキュリティを維持するために、Windows Vista と Windows XP SP2 は DAV リダイレクターの基本認証の使用を制御できる機能があります。

DAV リダイレクターは Windows Vista およびそれ以降のバージョンの Windows では、暗号化された HTTP プロトコルをサポートします。これには SSL プロトコルが含まれます。SSL を有効にしない限り、既定では、基本認証が無効になります。


関連情報
Windows SharePoint Services 3.0 の詳細についてを参照してください、 Microsoft Windows SharePoint Services 3.0 web サイト。

Windows SharePoint Services 2.0 の詳細についてを参照してください、 Windows server 2003 の Windows SharePoint Services 2.0 web サイト。
MOSS2007 SPS2003 WSSv2 WSSv3 fixit を fixme に修正します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:841215 - 最終更新日: 07/16/2013 01:42:00 - リビジョン: 9.1

Microsoft Windows SharePoint Services 3.0, Microsoft Windows SharePoint Services 2.0, Microsoft Office SharePoint Portal Server 2003, Microsoft Office SharePoint Server 2007

  • kberrmsg kbprb kbfixme kbmsifixme kbmt KB841215 KbMtja
フィードバック