現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

お使いのブラウザーはサポートされていません

このサイトを利用するには、ブラウザーを更新する必要があります。

Internet Explorer を最新バージョンに更新する

Windows XP Service Pack 2 (SP2) を SQL Server と共に使用するように構成する方法

はじめに
Microsoft Windows XP Service Pack 2 (SP2) には、Windows ファイアウォールが含まれています。Windows ファイアウォールは、インターネット接続ファイアウォール (ICF) の強化版です。Windows ファイアウォールは、ホストベースでステートフルなフィルタリング ファイアウォールで、TCP/IPv4 (IP version 4) および TCP/IPv6 (IP version 6) の接続で着信した不要なトラフィックを破棄するものです。Windows XP SP2 を実行しているコンピュータでは、Windows ファイアウォールがデフォルトで有効になっています。

Windows ファイアウォールが有効になっていると、Microsoft SQL Server ではネットワークをリッスンできません。これは、以前ネットワークをリッスンできるように構成されていた場合でも同様です。この資料では、SQL Server のアクセスが許可されるように Windows ファイアウォールを構成する際に参考となる「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料へのリンクを掲載します。
詳細

Windows XP SP2 で SQL Server 接続を手動で有効にする方法

SQL Server を実行しているコンピュータがそれほど多くない場合や、Windows XP SP2 のインターフェイスを使用して Windows ファイアウォールを構成する場合は、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
841251 Windows XP Service Pack 2 で SQL Server の接続を有効にする方法
841252 Windows XP Service Pack 2 で SQL Server 2000 用に TCP/IP を手動で有効にする方法
841253 Windows XP Service Pack 2 で SQL Server 2000 の Reporting Services を有効にする方法
841549 Windows XP SP2 で Analysis Services および SQL Server 7.0 OLAP Services 用のポートを有効にする方法
842005 Windows XP Service Pack 2 で SQLXML の ISAPI コンポーネントを有効にする方法
841256 Windows XP SP2 を実行するコンピュータで SQL Server 2000 Analysis Services および OLAP Services を有効にする方法

Windows XP SP2 を実行しているコンピュータで SQL Server または SQL Server Desktop Engine を使用できるようにポートを開く方法

SQL Server を実行しているコンピュータの台数が少なくない場合や、変更が必要な SQL Server Desktop Engine (MSDE 2000) アプリケーションがある場合は、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
839980 スクリプトを使用して、Windows XP Service Pack 2 を実行するコンピュータで SQL Server を使用できるようにポートを開く方法

SQL Server と Windows XP Service Pack 2 の問題のトラブルシューティング

以下の資料は、Windows XP Service Pack 2 を実行しているコンピュータで発生する SQL Server の一般的な問題を解決する場合に役立ちます。
839269 名前付きパイプ サーバー ネットワーク ライブラリを使用するように構成されている、Windows XP Service Pack 2 を実行するコンピュータ上の SQL Server のインスタンスに接続できないことがある
839018 Windows XP Service Pack 2 を実行するコンピュータで net send コマンドが正常に機能しないことがある
839278 [BUG] 更新中のレプリケーションが Windows XP Service Pack 2 を実行するコンピュータ上のメッセージ キューを使用してキューイングされると、リモート サブスクライバの変更内容がパブリッシャに反映されない
839279 Windows Server 2003 または Windows XP Service Pack 2 のインストール後、リンク サーバーに対して分散トランザクションを実行すると SQL Server 2000 でエラー メッセージ 7391 が表示される
839280 [FIX] Windows XP Service Pack 2 のインストール後、Visual Studio .NET で SQL デバッグが機能しない
842907 SQL Server CE 1.0 以降のクライアント プログラムが、Windows XP Service Pack 2 (SP2) を実行するコンピュータ上の IIS に接続できないことがある
関連情報
Windows XP SP2 の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
springboard
プロパティ

文書番号:841249 - 最終更新日: 02/06/2006 08:04:11 - リビジョン: 4.2

  • Microsoft SQL Server 2000 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Desktop Engine (Windows)
  • Microsoft SQL Server 2000 Analysis Services
  • Microsoft SQL Server 2000 Reporting Services
  • Microsoft SQL Server 7.0 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server OLAP Services
  • Microsoft SQL Server, Desktop Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Express Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Workgroup Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Reporting Services
  • Microsoft SQL Server 2005 Analysis Services
  • Microsoft Windows XP Embedded
  • kbinfo KB841249
フィードバック
cript> + (window.location.protocol) + "//c.microsoft.com/ms.js'><\/script>");