「このハードウェアをインストールできません」が表示されるか、「インストール中にエラーが発生しました」PCI デバイスをインストールしようとするとエラー メッセージ

Support for Windows XP has ended

Microsoft ended support for Windows XP on April 8, 2014. This change has affected your software updates and security options. Learn what this means for you and how to stay protected.

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:841567
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
新しい周辺機器コンポーネント インターコネクト (PCI) デバイス、または PCI デバイス ドライバーをインストールしようとすると、次のエラー メッセージのいずれかが表示されます。
このハードウェアをインストールすることはできません。このハードウェアのインストール問題がありました。
デバイスのインストール中にエラーが発生しました。データが正しくありません。
たとえば、するが表示されますこれらのエラー メッセージのいずれかの PCI モデムまたは PCI モデム ドライバーをインストールしようとする場合。
原因
次の条件のいずれかに該当する場合この問題が表示されることがあります。
  • レジストリ サブキーには既定のアクセス許可が正しく設定されていません。既定のアクセス許可が変更された可能性があります。
  • デバイス用のインストーラーに追加のアクセス許可の既定のアクセス許可より厳密である必要があります。
注: <b>サブキーをレジストリに関連する既定のアクセス許可は次のとおりです。
  • すべてのユーザー: 読み取り
  • システム: フル コントロール
解決方法
重要: このセクション、方法、タスクには、レジストリを変更する方法の手順が含まれています。ただし、レジストリが正しく変更されないと、深刻な問題が発生することがあります。そのため、次の手順に慎重に従ってください。また、念のため、レジストリを変更する前に、レジストリをバックアップしておいてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法についての詳細は、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法

方法 1: デバイスのレジストリ サブキーに既定の設定を復元します。

どのサブキーはこの問題に関連することができる場合は、そのサブキーの正しい設定を構成するには、レジストリを編集します。この問題を解決し、どのサブキーは、この問題による影響を確認する方法については、「関連情報」セクションを参照してください。特定のサブキーの正しい設定を構成: する
  1. 管理者の資格情報を持つアカウントを使用してコンピューターにログオンします。
  2. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 regedit開くボックスし、クリック [ OK] をクリックします。
  3. 次のレジストリ キーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\ENUM\PCI
  4. サブキーの現象が発生しているデバイスに関連付けられているを右クリックし、[アクセス許可] をクリックします。
  5. [詳細設定] をクリックし、[アクセス許可] タブをクリックします。
  6. 次の既定のアクセス許可が設定されているかどうかを確認します。
    • Everyone: 読み取り
    • システム: フル コントロール
  7. エントリの子オブジェクトに適用するここで、すべての子オブジェクトのアクセス許可エントリを置き換える] チェック ボックスをオンにし、[適用] をクリックします。
  8. [はい] をクリックし、 [ok]を 2 回クリックします。
  9. レジストリ エディターを終了します。
  10. 問題が解決しない場合は、この手順を繰り返し、フル コントロールを許可このサブキーに、すべてのユーザーにアクセス許可をグループ化します。

方法 2: 既定のアクセス許可の PCI キーとそのサブキーを復元します。

  1. 管理者の資格情報を持つアカウントを使用してコンピューターにログオンします。
  2. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 regedit開くボックスし、クリック [ OK] をクリックします。
  3. 次のレジストリ キーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\ENUM\
  4. PCIを右クリックし、[アクセス許可] をクリックします。
  5. 次の既定のアクセス許可が設定されているかどうかを確認します。
    • Everyone: 読み取り
    • システム: フル コントロール
  6. [詳細設定] をクリックしてやエントリを子オブジェクトに適用するここで、すべての子オブジェクトのアクセス許可エントリを置き換える] チェック ボックスをオンにし、[適用] をクリックします。
  7. [はい] をクリックし、 [ok]を 2 回クリックします。
  8. レジストリ エディターを終了します。
詳細
高度なトラブルシューティング、詳細ログ機能を使用するには、Setupapi.log ファイル構成およびデバイス ドライバーをインストールましょう。

注: <b>詳細ログには、Setupapi.log ファイルのサイズが増加します。のみを使用することの問題のトラブルシューティングを行うときに、詳細なログをお勧めします。完了したら、詳細ログを無効にするには、 LogLevel値を削除します。

どのレジストリ サブキーがこの資料で説明している現象に関連して正確には、ログに記録可能性がありますでしょう。詳細なログ記録を構成する: する
  1. 管理者の資格情報を持つアカウントを使用してコンピューターにログオンします。
  2. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 regedit開くボックスし、クリック [ OK] をクリックします。
  3. 次のレジストリ キーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Setup
  4. セットアップを右クリックし、新規作成] をポイントし、[ DWORD 値] をクリックします。
  5. タイプ LogLevel新しい値の名前をし、ENTER キーを押します。
  6. LogLevel値作成したを右クリックし、[変更] をクリックする種類 0 xffff [のデータ ボックスし、クリック [ OK] をクリックします。
  7. Setupapi.old に、Setupapi.log ファイルの名前を変更します。

プロパティ

文書番号:841567 - 最終更新日: 12/08/2015 07:10:08 - リビジョン: 6.0

Microsoft Windows XP Professional

  • kbnosurvey kbarchive kbprb kbmt KB841567 KbMtja
フィードバック