BUG: SQL Server セットアップとき応答が停止 SQL Server Desktop Engine (Windows) のインスタンスを SQL Server 2000 にアップグレードします。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

841773
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
# をバグ: 470856 (SQL Server 8. 0)
現象
Microsoft Windows Small Business Server 2003 が実行するコンピューターを SQL Server 2000 Service Pack 3 (SP3) Microsoft SQL Server 2000 の既定のインスタンスをアップグレードします。 SQL Server 2000 への Microsoft Windows SharePoint Services に Microsoft SQL Server 2000 Desktop Engine (Windows) 対応のインスタンスをアップグレードすると場合、SQL Server のセットアップが応答を停止します。 次のエラー メッセージでは、表示されます。
ファイルをコピーする準備中です。
原因
サービス コントロール マネージャー (Scm.exe) MSSQL $ SharePoint サービスを停止するとき、タイムアウトが発生します。

メモ MSSQL $ SharePoint サービスは、Microsoft Windows サービスの SQL Server 2000 Desktop Engine (Windows) Windows SharePoint Services に対応するインスタンスです。
回避策
SQL Server 2000 Desktop Engine (Windows) のインスタンスをアップグレードする、セットアップ プログラムを起動する前にをこの問題を解決するには、MSSQL $ SharePoint サービスを停止する手動でする必要があります。

メモ セットアップ プログラムが「現象」に記載されているメッセージに応答を停止、場合、アップグレード処理を続行 MSSQL $ SharePoint サービスを手動で停止することができます。

MSSQL $ SharePoint を手動で停止するサービスは、次の手順に従います。
  1. 開始 ] をクリックして 実行 ] をクリックして、 Services.msc と入力して [OK] をクリックします。
  2. [サービス] ウィンドウの右のウィンドウで MSSQL $ SharePoint を見つけます。
  3. MSSQL $ SharePoint ] を右クリックし、[ 停止 しています。
  4. [サービス] ウィンドウを閉じます。
状況
マイクロソフトでは、この不具合をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の不具合として認識しています。
詳細
この問題が発生すると、完全なダンプ ファイル、サービス コントロール マネージャーのような次:
# ChildEBP RetAddr 00 0012f184 77f4262b SharedUserData!SystemCallStub+0x401 0012f188 77e418ea ntdll!NtDelayExecution+0xc [d:\srv03rtm\base\ntdll\daytona\obj\i386\usrstubs.asm @ 611]02 0012f1f0 77e416ee kernel32!SleepEx(unsigned long dwMilliseconds = 0x1388, int bAlertable = 0)+0x68 [d:\srv03rtm\base\win32\client\synch.c @ 1646]03 0012f1fc 00405bec kernel32!Sleep(unsigned long dwMilliseconds = <Memory access error>)+0xb [d:\srv03rtm\base\win32\client\synch.c @ 1570]04 0012f218 0040181c scm!CServiceNT::Stop(int bStopDependents = <Memory access error>)+0x11c [..\shared\csvcnt.cpp @ 327]05 0012ff14 00401321 scm!CApp::RunThread(void * lpv = 0x00000000)+0x41c [app.cpp @ 445]06 0012ff34 00408a03 scm!CApp::Run(int nCmdShow = <Memory access error>)+0x11 [app.cpp @ 246]07 0012ffc0 77e4f38c scm!WinMainCRTStartup(void)+0xce [crt0.c @ 198]08 0012fff0 00000000 kernel32!BaseProcessStart(<function> * lpStartAddress = 0x00408935)+0x23 [d:\srv03rtm\base\win32\client\support.c @ 580]
ハング upgradation WMSDE をハングします。

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:841773 - 最終更新日: 01/17/2015 17:54:17 - リビジョン: 1.3

  • Microsoft SQL Server 2000 Desktop Engine (Windows)
  • kbnosurvey kbarchive kbtshoot kbbug kbscm kbservice kbupgrade kbsetup kbpreinstall kbmt KB841773 KbMtja
フィードバック