Windows Server 2003 は、ストレージ エリア ネットワーク上のテープ デバイスにバックアップ ・ ジョブを実行できません。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響します。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:842411
現象
ファイバーまたは iSCSI ストレージ エリア ネットワーク (SAN) でテープ ・ デバイスへのバックアップ ・ ジョブが Windows Server 2003 を実行しているコンピューターでは実行できません可能性がありますか、バックアップのパフォーマンスに深刻な影響する可能性があります。

どの 2 つ以上の DPM ではサーバーが共有テープ ・ ライブラリ、ファイバー チャネル スイッチまたは iSCSI 接続を使用して、DPM 環境でこの問題も発生します。
原因
この問題は、プラグ アンド プレイと、コンピューター上の別のプロセスの間に競合が存在する場合に発生する可能性があります。バックアップ ・ デバイスの状態を確認するには、プラグ アンド プレイはデバイスを 1 秒ごとに Test Unit Ready 要求を送信します。この要求は、コンピューター上で他の操作と競合することができます。
回避策
この問題を解決するのには次の 3 つの方法もあります。

方法 1: テープ サービスのすべてのテスト ユニット準備 (TUR) 要求を無効にします。

重要: このセクション、方法、タスクには、レジストリを変更する方法の手順が含まれています。ただし、レジストリが正しく変更されないと、深刻な問題が発生することがあります。そのため、次の手順に慎重に従ってください。また、念のため、レジストリを変更する前に、レジストリをバックアップしておいてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法についての詳細は、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
  1. [スタート] ボタン、[実行] をクリック、種類 regedit、し、[OK] をクリックします。
  2. 検索します
    \HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Enum
    値のすべてのインスタンスのレジストリ サブキーには、その equalTapeDrive がクラスです。
  3. このサブキーで、サービスの価値に指示するどのような servicehandles デバイスです。これは、
    Service_Name
    キーでは、
    \HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services
    レジストリ サブキーです。で、
    Service_Name
    キーを使用できます、
    Enum
    thedevices このサービスによって処理されることを確認するキー。
  4. ストレージ ・ デバイスに対応するサブキーを見つけて、サブキーを右クリックし、します。
  5. 新規作成] をポイントし、[ DWORDValue] をクリックします。タイプ 自動実行 エントリ名 thenpress 入力とします。
  6. 自動実行を右クリックし、[変更] をクリックします。[値のデータ] ボックスで、値を入力します 0 自動実行機能をオフにします。

    キー: \HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\サービス名
    値: 自動実行
    型: REG_DWORD
    データ: 0 は無効、1 は enabled(default) です。

方法 2: テープ サービスの特定のデバイスに対してのみ、TUR 要求を無効にします。

  1. メソッドの tapeservice を検索する場合は 1 の 1 ~ 4 の手順に従います。
  2. REG_SZ の AutoRunAlwaysDisable エントリを次のように設定します。(ありませんは、REG_DWORD の自動実行エントリを設定します)。
    • 最初の 8 文字は、仕入先 IDベンダー ID が 8 文字未満の場合は、空白で埋められます。
    • 次の 16 文字は、製品 ID製品 ID が 16 文字以下である場合は、空白で埋められます。
    • 複数のデバイスを追加すると、次のデバイスが以前のデバイスに付加されます。

      キー:
      \HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\<Service_Name>

      エントリ: AutoRunAlwaysDisable
      種類: REG_SZ
      データ: 無効にする文字列です。16 文字のプロダクト ID の後に 8 文字の仕入先 ID 文字列します。
次の例では、 Enumキーの下のデバイスとの相互関係が表示されます。
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\4MMdat\Enum] "0"="SCSI\Sequential&Ven_HP&Prod_C1537A&Rev_L907\5&347b98f7&0&060" [HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\4mmdat] REG_SZ:AutoRunAlwaysDisable:"HP      C1537A          "
注: <b>フィル スペースの正しい使い方を表示するためだけには、この例では引用符を使用します。実際に格納されている値では、引用符は使用されません。適切な間隔を使用しない場合は、TUR は無効になっていません。この変更を反映するには、コンピューターを再起動する必要があります。

方法 3: 特定のデバイスに対する TUR 要求をプログラムによって無効に

特定のデバイスに対する TUR 要求を無効にするプログラムを使用して、 IOCTL_STORAGE_MCN_CONTROL I/O制御コードを使用して、 DeviceIoControl関数を呼び出します。詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 HP を起動し、サーバーが再起動されるたびにリムーバブル記憶域サービスを停止し、ことを必要とする回避策について説明しています。リムーバブル記憶域サービスは、 DeviceIoControlを使用するためにこのソリューションが機能、サービスが停止したときにすべてのテープ ・ デバイスへの呼び出しに機能します。

Dell テープ バックアップ ユニット (TBU) のデバイスに影響を与える Test Unit Ready 要求の問題を解決する方法

Windows Server 2003 での競合では、SCSI 接続、ファイバー接続または iSCSI 接続のデバイスで、テスト ユニット準備 (TUR) 要求の問題が発生します。この問題が発生すると、ストレージ ・ ユニットに応答しない、または SCSI コマンドに応答が遅くなったりすると、TUR 要求のオーバーフローです。TBU のハードウェアを検出するためにゾーニングされている Windows Server 2003 ベースのコンピューターは光ファイバーまたは iSCSI SAN 環境で、TUR 要求を送信できます。サーバーでは、デバイス マネージャーでデバイスを確認できます、デバイスは、デバイスのドライバーがインストールされていない場合でもに、TUR 要求を送信します。この問題を回避するのには、2 つのメソッドを使用できます。方法 1 は、一時的な修正です。方法 2 は、レジストリに適用されます。方法 2 は、ドライバー ファイルを変更するまでの間だけ有効です。ドライバーをアップグレードまたは変更した場合は、この修正プログラムを再適用する必要があります。

方法 1: リムーバブル記憶域サービスを使用します。

リムーバブル記憶域サービスを使用すると、TUR 要求のオーバーフローを一時的に無効にします。これを行うには、サービスを有効にします。起動し、サービスを停止します。このメソッドでは、コンピューターが再起動されるまで、またはドライバーが変更されるまで TUR 要求が停止します。

注: <b>既定では、リムーバブル記憶域サービスは無効になります。

TUR 要求を一時的に停止するには、次の手順を実行します。
  1. 開始] をクリックしての種類services.msc、し、[OK] をクリックします。
  2. 右側のウィンドウでは、 RemovableStorageをダブルクリックします。
  3. スタートアップの種類] ボックスの一覧で、[手動] をクリックし、し、[適用] をクリックします。
  4. 開始] をクリックし、[停止] をクリックします。
  5. スタートアップの種類] ボックスの一覧で、[無効] をクリックし、し、[ OK] をクリックします。

TBU デバイスに対する TUR 要求を無効にするレジストリを変更する方法 2。

このメソッドを使用して、TBU デバイス用のドライバー ファイルを検索します。次に、レジストリ内の各ドライバー ファイルに対する設定を構成します。デバイス マネージャーを使用すると、各 TBU デバイス用のドライバー ファイルを検索します。デバイス マネージャーでは、不明なメディア チェンジャー ドライバーも表示されます。

TBU デバイス用のドライバー ファイルの詳細を検索、次の手順を実行します。
  1. 開始] をクリックしての種類sysdm.cpl、し、[OK] をクリックします。
  2. [システムのプロパティ] ダイアログ ボックスで、[ハードウェア] タブをクリックします。
  3. [デバイス マネージャー] をクリックします。
  4. TBU デバイスを右クリック、[デバイス マネージャー ] ウィンドウでのプロパティ] をクリックし、[ドライバー ] タブをクリックし、します。
  5. [ドライバー ] タブで、[ DriverDetailsを] をクリックします。
  6. ドライバー ファイルの詳細] ダイアログ ボックスでドライバーのファイル名に注意してください。
  7. [コンピューター上のすべての TBU デバイス用には、手順 4 ~ 6 を繰り返します。
TBU デバイス用のドライバーの詳細をメモした後、レジストリ内の各ドライバー ファイルの設定を構成します。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. [ 開始、種類regeditと入力し、[OK] をクリックします。
  2. 左側のウィンドウで見つけて、以下のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services
  3. 展開し、
    Services
    サブキー、し inDevice マネージャーをメモしたドライバー ファイルの名前を持つレジストリ サブキーを右クリックします。
  4. 新規作成] をポイントし、[DWORD 値] をクリックします。
  5. 自動実行と入力し、あいさつします。
  6. 自動実行を右クリックし、[変更] をクリックします。
  7. [値データ] ボックスで、自動実行機能をオフにする場合は0を入力します。
  8. 各ドライバーのファイルを younoted デバイス マネージャーでは、手順 3 から 7 までを繰り返します。
  9. レジストリ エディターを終了し、[コンピューターを再起動します。

Overland のデバイス向けのソリューション

Overland は、Windows Server 2003 で発生する TUR 要求の問題の回避策を提供します。この回避策の詳細については、次の Overland の Web サイトを参照してください。この資料で説明するサード・パーティ製品は、マイクロソフトとは無関係の企業による製品です。明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる保証も行いません。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:842411 - 最終更新日: 11/01/2015 02:33:00 - リビジョン: 4.0

Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Web Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems

  • kbtshoot kbprb kbmt KB842411 KbMtja
フィードバック