口座調整に新規の小切手帳を設定する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:847594
TechKnowledge コンテンツ
概要

この資料では、口座調整に新規の小切手帳を設定し、既存の小切手帳を無効にする手順を説明します。

関連情報

口座調整に新規の小切手帳を設定するには、次の手順を実行します。

1. 買掛金管理、売掛金の管理、受注処理、請求、給与のすべてのトランザクションを転記します。

2. カードをクリックして、財務、小切手帳] をクリックします。

3. 既存の小切手帳を選択して非アクティブ] チェック ボックスをオンにする] をクリックします。各既存の Checkbook(s) に非アクティブのマークを付けるには、この手順を繰り返します。

4. 手動で、未処理の小切手と預金を確認して、銀行の最後のステートメントの特定のポイントで時間、を調整します。

5. 新しい小切手帳の設定:] をクリックしてのカードでは、財務、] をポイントし小切手帳をクリックして、適切な設定を使って、新規の小切手帳を設定および調整を手動で最後の口座取引明細書から、最後の調整の残高と照合済みの最後の日付を入力します。

6. 総勘定元帳への転記を有効にする: ツールをクリックして、セットアップ] をポイントし、転記] をポイント [転記] をクリックして、財務を系列として選択、原点として銀行トランザクションのエントリを選択して、総勘定元帳に転記] チェック ボックスのマークを解除し、し、[保存] をクリックします。この手順を繰り返し、銀行預金の入力] ボックスのチェック ボックスを総勘定元帳に転記の選択を解除して、ウィンドウを終了するには、[ok] をクリックします。

7. 未解決のチェックを入力してください: トランザクションのをクリックをポイント財務、と銀行トランザクションをクリックして、未解決のチェックを入力し、し、[投稿] をクリックします。入力すべての未解決のチェック、ウィンドウを閉じる [X] をクリックし、銀行調整の転記仕訳帳を印刷するには、[ok] をクリックし、この手順を繰り返します。

8. 卓越した預金を入力してください: トランザクションのをクリックをポイント金融、と銀行預金残高をクリックして、未処理の預金残高を入力し、し、[投稿] をクリックします。入力し、未処理のすべての預金を投稿、X をクリックし、ウィンドウを閉じ、この手順を繰り返してし、銀行調整の転記仕訳帳を印刷するには、[ok] をクリックします。

9. カードをクリックして財務をポイントし、小切手帳、、現金残高に小切手帳のバランスを比較します。2 つの残高は、そのポイントの時間に等しくなければなりません。

11 ボックスをオンに GL への転記は、[戻る: ツールをクリックして、セットアップ] をポイントし、転記] をポイントし、[転記] をクリックして、財務系列としてを総勘定元帳に転記] チェック ボックスをオンに、元の銀行トランザクションのエントリを選択し、[保存] をクリックします。この手順を繰り返し、銀行預金の入力] ボックスのチェック ボックスを総勘定元帳に転記を選択し、ウィンドウを終了するには、[ok] をクリックします。これは、総勘定元帳への転記をオンにします。

12. 小切手帳から、すべての顧客、ベンダー、従業員が現金のアカウントを使用する設定されているを確認します。

この資料は、TechKnowledge ドキュメント ID:134 をでした。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:847594 - 最終更新日: 03/29/2016 22:11:00 - リビジョン: 0.2

Microsoft Dynamics GP 2015, Microsoft Dynamics GP 2013, Microsoft Dynamics GP 2010, Microsoft Dynamics GP 10.0, Microsoft Dynamics GP 9.0

  • kbnosurvey kbmbsmigrate kbmt KB847594 KbMtja
フィードバック