Microsoft Dynamics の SL での標準的なトリガー

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:848073
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
TechKnowledge の内容


概要

この資料では、Microsoft Dynamics の SL での標準的なトリガーについて説明します。

詳細について

1. は、不要なデータの損失が発生した場合に備えて、復元することができます、適切なデータベースのバックアップを取ります。

2. クエリ アナライザーを使用して、適切なアプリケーション データベースへのアクセス、次のステートメントを実行します。

選択 * システム オブジェクトからは XType 'TR' =

3. 手順 2 の結果を確認してください。

次のトリガーは、SL の力学 2011 Service Pack 1 (SP1) を使用します。
EDPurchOrd_Insert
TrnsfrDocStatusUpdate
UpdateSOShipLotWithShipLine
ADG_TR_CustNameXref_Add
ADG_TR_CustNameXref_Delete
ADG_TR_InvtDescrXref_Add
ADG_TR_InvtDescrXref_Delete
INPrjAllocHistory_Insert
INPrjAllocTranHist_Insert
INPrjAllocLotHist_Insert
Delegation_Message_Trigger

SL 2011 の動向次のトリガーを使用します。
RC_Delete_Trigger
EDPurchOrd_Insert
TrnsfrDocStatusUpdate
UpdateSOShipLotWithShipLine
ADG_TR_CustNameXref_Add
ADG_TR_CustNameXref_Delete
ADG_TR_InvtDescrXref_Add
ADG_TR_InvtDescrXref_Delete

Dynamics SL 7.0 SP 4 ユーザー次のトリガーします。
batchhold_trigger
EDPurchOrd_Insert
TrnsfrDocStatusUpdate
UpdateSOShipLotWithShipLine
ADG_TR_CustNameXref_Add
ADG_TR_CustNameXref_Delete
ADG_TR_InvtDescrXref_Add
ADG_TR_InvtDescrXref_Delete

力学 SL 7.0 機能 Pack 1 (両方) を使用次のトリガー。
batchhold_trigger
EDPurchOrd_Insert
TrnsfrDocStatusUpdate
UpdateSOShipLotWithShipLine
ADG_TR_CustNameXref_Add
ADG_TR_CustNameXref_Delete
ADG_TR_InvtDescrXref_Add
ADG_TR_InvtDescrXref_Delete
RC_Delete_Trigger

Dynamics SL 7.0 Service Pack 2 (SP2) で次のトリガー。
TrnsfrDocStatusUpdate
UpdateSOShipLotWithShipLine
ADG_TR_CustNameXref_Add
ADG_TR_CustNameXref_Delete
batchhold_trigger
ADG_TR_InvtDescrXref_Add
ADG_TR_InvtDescrXref_Delete
EDPurchOrd_Insert


ソロモンの IV のみ次のトリガーを使用します。

ADG_TR_CustNameXref_Add
ADG_TR_InvtDescrXref_Add
ADG_TR_CustNameXref_Delete
ADG_TR_InvtDescrXref_Delete
EDPurchOrd_Insert
TrnsfrDocStatusUpdate
UpdateSOShipLotWithShipLine

次のトリガーは、FRx の 6.5 を使用している場合にも標準です。

FRx_account_update
FRx_accthist_insert
FRx_acctsub_update
FRx_gltran_insert

ここ TechKnowledge のドキュメント ID をされました: 135778

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:848073 - 最終更新日: 01/17/2015 17:15:11 - リビジョン: 2.0

Microsoft Dynamics SL 2011 Service Pack 1, Microsoft Dynamics SL 2011, Microsoft Dynamics SL 7.0 Service Pack 4, Microsoft Dynamics SL 7.0 Service Pack 3, Microsoft Dynamics SL 7.0 Service Pack 2

  • kbnosurvey kbarchive kbmbsmigrate kbmt KB848073 KbMtja
フィードバック