状態またはローカルの賃金も PR W-2 フォーム上の連邦政府の賃金が一致しません

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:848521
TechKnowledge コンテンツ


現象

状態の賃金 (16 個のボックス) またはローカルの賃金 (ボックス 18) で給与 W2 フォーム上の連邦政府の賃金 (ボックス 1) が一致しません

原因

1. 間違った状態とローカルの給与金額が正しく初期化されません PR 従業員メンテナンス (02.250.00) の新しい従業員を設定する場合。

2: ネットのチェックは、収益型メンテナンス (02.270.00) に接続されている正しい状態とローカルの控除の ID を持たない PR ネット確認エントリ (02.080.00) で作成されました。

3. 年金の適用除外では、連邦政府の控除にアタッチされていますが、状態とローカルの控除に接続されていません。

4. 年金の適用除外は、状態とローカルの控除にアタッチされていますが、セットアップが正しくありません (例: 'を減らす差引支給額' オフ、適用除外の Amt が正しくありません)。

5.、PR のマニュアルを確認 (02.040.00) を入力しますが、控除フィールド (EarnSubj) に収益の件名は控除のグリッドに設定されませんでした。

6. 401 k 量 inReview/編集 Check(02.030.00) が上書きされました。年金の場合、状態とローカルの賃金から除外されているし、[状態/ローカル賃金が初期化する必要があります。

7 が正しくない状態の控除 ID は、収益の種類にアタッチされました。

解決策

解決方法 1-補正の標準的な方法にです。

A. 初期化従業員履歴 (02.060.00) の賃金、および従業員の W-2 の履歴 (02.260.00) を再計算

または

B. は、従業員の W-2 の履歴を直接初期化します。

解決方法 2-状態とローカルの賃金は、連邦法人税と同じになる場合 (解決方法 1 を参照してください) を初期化する代わりに連邦政府の収入に等しい状態とローカルの賃金を強制的に更新スクリプトを実行します。

注: <b>従業員の履歴や、EARNDED テーブルは、次のスクリプトは更新されません。代わりに、W2STATELOCAL テーブルが更新されますように W2FEDERAL 賃金に状態とローカルの賃金受け取る areequal。W2STATELOCAL テーブルを使用すると、W-2 の履歴に W-2s 変数を印刷します。

1.、不要なデータ損失が発生した場合に復元することができるアプリケーション データベースのバックアップを作成します。

2. クエリ アナライザーにアクセスし、適切なアプリケーション データベースに対して、次のステートメントを実行します。

更新
セット s.Wages = f.Fed_Wages
W2STATELOCAL s、W2FEDERAL f
s.EmpID = f.EmpID
s.CalYr = f.CalYr と s.EntityID = ' XXXX'and s.CalYr = 'YYYY'
(whereXXXX = 更新が必要な状態控除の控除の ID および YYYY = 年の実行中、W2s)

3 金額が正しいことを確認する。 | ReviewtheEmployee W 2 履歴です。適切な場合は、W-2s が必要なときを印刷します。

詳細情報

注: サポート技術情報の資料を参照してください。 詳細については考えられる原因の不適切な W-2 の状態の賃金です。

kw: 状態の賃金、ヒントなど、その他の報酬

この資料は TechKnowledge ドキュメント ID:136576 をされました

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:848521 - 最終更新日: 05/27/2016 20:52:00 - リビジョン: 4.0

Microsoft Dynamics SL 2015

  • kbmbsmigrate kbmt KB848521 KbMtja
フィードバック