現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

会計年度末決算の説明を処理一般に総勘定元帳、買掛金管理、および Microsoft Dynamics GP での売掛金の管理

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:850151
はじめに
この資料では、Microsoft Dynamics GP では、次のモジュール内の会計年度末決算プロセスについて説明します。
  • 総勘定元帳
  • 買掛金管理
  • 売掛金の管理
注: <b>この資料に記載されているすべてのプロシージャを実行する前に、この資料を確認します。
詳細
注: <b>この資料の手順を実行する前に、問題が発生した場合に復元することができるデータベースの完全なバックアップ コピーがあることを確認します。

会計年度末決算処理を実行するには、以下の手順を実行します。

注: <b>総勘定元帳の年度末決算手順を実行する前に、[買掛金管理、売掛金の管理に、会計期末手順を実行する必要があります。
  1. 次のモジュールのいずれかの年度末決算の手順を実行します。
    • 買掛金管理
    • 売掛金の管理
    実行する方法の詳細については、両方のモジュールでは、年度末の決算手続きは、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
    875169 Microsoft Dynamics GP の買掛金管理モジュールの年度末の決算手続き
    857444 Microsoft Dynamics GP での売掛金の管理のための会計年度末決算手続き
  2. 手順 1 で年度末決算処理を実行する対象のモジュールでは、会計年度末の手順を実行します。
  3. 他のモジュールの 1 と 2 の手順を繰り返します。
  4. 総勘定元帳の年度末決算の手順を実行します。総勘定元帳の年度末決算手順を実行する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
    888003 Microsoft Dynamics GP で総勘定元帳の年度末の決算手続き


    注: <b>分析会計の別の年度末決算プロセスはありません。分析会計では、Dynamics GP 10.0、Service Pack 2 および大きいバージョンの総勘定元帳の年度末の処理が実行されるときに自動的に統合する残高を正しくマークする必要があります。詳細については、サポート技術情報 (KB) 資料 888003 を参照してください。
  5. 総勘定元帳の会計年度末の手順を実行します。
会計年度末のプロシージャ [買掛金管理、売掛金の管理では、今年に入って-残高を転送します。これらの残高は、顧客、仕入先の 1 年前の残高に転送されます。

注: <b>1099 金額と財務の請求金額は、会計年度末の手順を実行するときに転送されません。1099 金額と財務の請求金額は、カレンダーの年度末決算時に転送されます。

次の会計年度にトランザクションを転記する前に、買掛金管理、売掛金の管理は、会計年度末決算手順を完了することを確認します。これらのモジュールを削除する前に、次の会計年度にトランザクションを転記すると、年間の集計金額、顧客および仕入先のにより、誤った情報が表示されます。両方の会計年度からポストされたすべての情報が転送されます。この情報は、最後の年に使用されるフィールドに転送されます。さらに、今年に入ってからの値に使用されるフィールド0.00 ドルの値が表示されます。

次の会計年度にトランザクションを転記する前に買掛金管理または債権管理では、会計年度を終了しないと、次のウィンドウに誤った情報が表示されます。
  • 顧客の概要] ウィンドウ
    顧客の概要] ウィンドウを開くには、カード] メニューの [売り上げ高] をポイントしを要約すると、ポイントおよび顧客の概要] をクリックします。
  • 仕入先年間の概要] ウィンドウ
    仕入先の年間の概要] ウィンドウを開くには、カード] メニューの [購入] をポイントしの概要] をポイントし、[毎年] をクリックします。
  • 顧客の年間の概要の照会」ウィンドウ
    顧客の年間の概要の照会」ウィンドウを開くには、照会] メニューの [売り上げ高] をポイントして年間の概要」をクリックし、します。
  • 仕入先の年次概要の照会」ウィンドウ
    仕入先の年次概要の照会」ウィンドウを開くには、照会] メニューの [購入] をポイントし、年間仕入先] をクリックします。
注: <b>正しい情報は、他のすべてのウィンドウが表示されます。

総勘定元帳の年度末決算の手順を実行するときは、次のプロセスが実行されます。
  1. 金額は、トランザクション履歴テーブルにし、アカウントの履歴テーブルを開いている年のテーブルから転送されます。
  2. 総勘定元帳の残高が調整し、集計します。
  3. 開く年 [損益] 勘定の金額は、利益剰余金勘定に転送されます。
  4. すべて、[損益] 勘定の金額がゼロに設定されます。
  5. 貸借対照表の勘定の金額が集計されます。その後、残高残高に転送 (BBF) のエントリとして、新しい会計年度が表示されます。
  6. 今年度の履歴はありませんが非アクティブの GL アカウントが削除されます。
  7. 分析アカウンティング機能がインストールされている場合、レコードは履歴に会計年度末の対象としてマークした分析コードのこのモジュールのも移動されます。
  8. 期末決算レポートが印刷されます。
注:
  • 総勘定元帳の前の会計年度を閉じるには、次の会計年度にトランザクションを転記できます。
  • 期首残高を貸借対照表表示0.00 ドルにします。次の会計年度の試算表が$0.00を表示します。さらに、前の会計年度を終了するまで、値は更新されません。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:850151 - 最終更新日: 03/29/2016 17:51:00 - リビジョン: 2.1

Microsoft Dynamics GP 2013, Microsoft Dynamics GP 2010, Microsoft Dynamics GP 10.0

  • kbnosurvey kbexpertiseadvanced kbexpertiseinter kbhowto kbinfo kbexpertisebeginner kbmbsmigrate kbmt KB850151 KbMtja
フィードバック