Microsoft Dynamics GP で Reports.dic ファイルを再作成する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:850465
はじめに
この資料では、Microsoft Dynamics GP で Reports.dic ファイルを再作成する方法について説明します。この資料では、Microsoft SQL Server を実行しているコンピューターでこれらのプログラムを使用する場合は、これを実行する方法について説明します。
解決方法
Reports.dic を再作成するには、以下の手順ではこれらを使用します。


現在の Reports.dic ファイルから手順 1: エクスポート変更レポート

  1. [Microsoft Dynamics GP では、 Microsoft Dynamics GPツール] をポイントし、 [ユーザー設定] をポイントをカスタマイズ保守] をクリックします。
  2. フォームまたはレポート現在の辞書ファイルからをエクスポートするを選択します。SHIFT キーまたは CTRL キーを使用すると、複数のリソースを選択できます。
  3. [エクスポート] をクリックします。
  4. パッケージ ファイルの選択]ダイアログ ボックスで、ファイルを保存する、パッケージ ファイルの名前を指定し、[保存] をクリックする場所を選択します。

    注: <b>パッケージのファイル名は"パッケージは、既定では、番号.パッケージ」です。、 番号 プレース ホルダーは、エクスポートを実行するたびにインクリメントされる値のプレース ホルダーです。
進行状況バーは、エクスポートの状態を示しています。エクスポート中にエラーが発生した場合は、エラーが画面に表示されます。一般に、[エラー一覧に表示されるレポートはエクスポートされません。

手順 2: 既存の Reports.dic ファイルの名前を変更します。

  1. すべてのユーザーが Microsoft Dynamics GP を終了することを確認します。
  2. Windows エクスプ ローラーを使用するは、GP のコードのフォルダーに移動します。Reports.dicファイルを右クリックし、 Reports.bacに名前を変更します。(ファイルまたはファイルがあります、サーバーまたはワークステーションにします。ローカルの Dynamics.set ファイルの正しいパスを確認します。)
  3. Microsoft Dynamics GP のスタートしMicrosoft Dynamics GP[ツール] をクリックして[カスタマイズ] をポイントし、レポート ライターを] をクリックします。新しい Reports.dic ファイルを自動的に作成されます。

手順 3: 新しい Reports.dic ファイルに変更されたレポートのインポート

  1. [Microsoft Dynamics GP では、 Microsoft Dynamics GPツール] をポイントし、 [ユーザー設定] をポイントをカスタマイズ保守] をクリックします。
  2. [インポート] をクリックします。
  3. パッケージ ファイルのインポート] ダイアログ ボックスでエクスポートの処理中に作成したパッケージ ファイルを見つけてし、[開く] をクリックします。
  4. パッケージ ファイルのインポート] ダイアログ ボックスで、インポートを開始するのには[ok]をクリックします。

    注:
    • パッケージ ファイルのインポート] ダイアログ ボックスには、パッケージ ファイル内に存在するすべてのリソースが一覧表示されます。
    • 進行状況バーは、インポートの状態を示しています。インポート中にエラーが発生した場合は、エラーが画面に表示されます。一般に、[エラー一覧に表示されるレポートがインポートされます。ただし、ユーザーできないことがあります、レポートを印刷します。

(代替手順 3)レポート ライター内からレポートをインポートします。

  1. すべてのユーザーが Microsoft Dynamics GP を終了することを確認します。
  2. Reports.bac に Reports.dic ファイルの名前を変更します。Reports.dic ファイルは、サーバーまたはワークステーション上にある可能性があります。
  3. Microsoft Dynamics GP を開始します。
  4. [ツール] メニューで、 [ユーザー設定] をクリックし [レポート ライターします。レポート ライターが開始されると、新しい Reports.dic ファイルが作成されます。
  5. [レポート] をクリックします。レポートの変更の一覧は空です。不適切な Reports.dic ファイルの名前を変更したレポートの変更の一覧が空でない場合、「手順 2: 既存の Reports.dic ファイルの名前を変更」セクション。適切な Reports.dic ファイルを検索し、そのセクションで、最初からやり直します。
  6. レポート ライターでは、[インポート] をクリックします。
  7. ソース [辞書] ボックスの省略記号ボタン (...) をクリックします。手順 2 で名前を付けた Reports.bac の辞書ファイルを検索し、[開く] をクリックします。
  8. 辞書レポートのソースの一覧では、変更したレポートをインポートするを選択し、し、[挿入] をクリックします。レポートは、インポートするレポートの一覧に表示されます。
  9. [インポート] をクリックします。インポートするレポートの一覧が空の場合は、新しい Reports.dic ファイルに変更したレポートがインポートされました。
注: <b>独自のテーブル間のリレーションシップを作成する場合は、Reports.dic ファイルの名前を変更すると、テーブル間のリレーションシップが削除されます。レポートをインポートした後に作成したテーブル間のリレーションシップが復元されます。リレーションシップを作成、レポートへの関係をリンクできませんでした、もう一度リレーションシップを作成する必要があります。



関連情報

KB の手順を実行する同期に GL アカウント フレームワークで、フォームおよびレポートの辞書を参照してください。 857506.

Forms.dicを作成し直すには、kb 単位での手順を参照してください。 951767.


850465 の再作成

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:850465 - 最終更新日: 08/12/2015 20:55:00 - リビジョン: 2.5

Microsoft Dynamics GP 2015, Microsoft Dynamics GP 2013, Microsoft Dynamics GP 2010, Microsoft Dynamics GP 10.0

  • kbinfo kbmbsmigrate kbmt KB850465 KbMtja
フィードバック