Microsoft Dynamics GP で総勘定元帳の年度末決算処理を実行しようとするときにエラー メッセージ:「保持の収益アカウントが見つかりませんでした。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:850741
現象
Microsoft Dynamics GP で総勘定元帳の年度末決算処理を実行しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
保持の収益アカウントが見つかりません。

利益剰余金のアカウントが見つかりませんでした。
原因
この問題は、総勘定元帳設定」ウィンドウで勘定の区分を部門別に保存] チェック ボックスをオンにする場合に発生します。

さらに、エラー メッセージについては、次の原因のいずれかの理由があります。

原因 1

1 つだけの利益剰余金勘定が設定されています。ただし、総勘定元帳設定」ウィンドウで部門別のアカウント セグメントの近くに保存] チェック ボックスが選択されます。参照してください。 解決方法 1.

原因 2

保持の収益アカウントは、共通のセグメントを「閉じる」をしなくても設定されていますいます。参照してください。 解決方法 2.

原因 3

部門のアカウント セグメントの近くに保存] チェック ボックスが選択されます。ただし、各セグメントの区分の利益剰余金勘定がないを設定します。参照してください。 解決方法 3.

原因 4

利益剰余金アカウントでは、それらの空白があります。参照してください。 解決方法 4.

原因 5

GL00105 アカウントのインデックス テーブルには、破損しているレコードがあります。参照してください。 解決方法 5.





解決方法
これらの解像度のいずれかを実行する前に、Microsoft Dynamics GP または Microsoft ビジネス ソリューションの大草原地帯の外側に他のユーザーのすべてのログがあることを確認します。また会社のデータベースのリストア可能なバックアップを作成することを確認します。

解決方法 1

この問題を解決するには、総勘定元帳設定」ウィンドウで部門別のアカウント セグメントの近くにチェック ボックスをオフにします。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. 総勘定元帳設定] ウィンドウを開きます、[ Microsoft Dynamics GP] メニューの [ツール] をクリックして設定をポイントし、財務、] をポイントし、総勘定元帳] をクリックします。
  2. 総勘定元帳設定ウィンドウで、部門別のアカウント セグメントの近くに保存] チェック ボックスをオフにするをクリックします。
  3. 変更を保存するのには[ok]をクリックします。

解決方法 2

アカウントには、この問題を解決するには、別の利益剰余金の 1 つのセグメントに近い数値です。勘定番号の 1 つ以上のセグメントを終了できません。

使用例

この例では、次の利益剰余金勘定番号が存在します。
  • A-3030-000-00
  • B-100-3030-00
  • C-200-3030-00
この例は、アカウント番号の 2 番目のセグメントを使用して閉じることはできません。000、100、200、2 番目のセグメントです。そのセグメントを終了することに決定した後、セグメントの残りの部分を同じにする必要があります。したがって、この例では、次のオプションがあります。
  • 2 番目のセグメントを使用して終了する場合は、できるように、すべてのアカウントに対して同じ最初のセグメント (文字) を変更する必要があります。たとえば、2 番目のセグメントを使用して、利益剰余金は部門を使用して閉じるには、次のとおりな最初のセグメントを変更します。
    • A-3030-000-00
    • A-100-3030-00
    • A-200-3030-00
  • 最初のセグメントを使用して終了する場合は、できるように、すべてのアカウントに対して同じ 2 番目のセグメントを変更する必要があります。2 番目のセグメントを変更するには、次のオプションのいずれかを使用します。
    • A-3030-000-00、B-3030-000-00、C-3030-000-00
    • A-100-3030-00、B-100-3030-00、C-100-3030-00
    • A-200-3030-00、B-200-3030-00、C-200-3030-00

解決方法 3

セグメント区分に用に作成された利益剰余金勘定が含まれていないことを確認します。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. アカウントのセグメントのセットアップ] ウィンドウを開く、[ Microsoft Dynamics GP] メニューの [ツール] をクリックして設定をポイントし、財務、] をポイントし、[セグメント] をクリックします。
  2. [セグメント] フィールドの横にある [検索] ボタンをクリックし、総勘定元帳設定ウィンドウに割り当てられているアカウント セグメントを書き留めます。
  3. 番号] フィールドの横にある [検索] ボタンを使用します。
  4. セグメントの参照ボタンを使用して表示できるセグメントの番号に注意してください。
  5. アカウントの管理] ウィンドウを開きます。これを行うには、カード金融を [アカウント] をクリックします。
  6. 手順 4 に記載されているすべてのセグメントに対応する利益剰余金勘定設定があることを確認します。

    使用例

    次の条件に該当します。
    • 00-000-3030 の利益剰余金の勘定番号があります。
    • 勘定番号の最初のセグメントは、部門別のアカウントのセグメントとして設定されます。
    • 最初のセグメントを設定するこれらの番号を持っているを確認した: 000、100、200、300、400 です。
    この例では、次の利益剰余金の口座番号も設定されていることを確認する必要があります。
    100-3030-00
    200-3030-00
    300-3030-00
    400-3030-00
  7. すべてのセグメントが設定されていない場合ここで設定して、アカウントの管理] ウィンドウでします。これを行うには、カード金融を [アカウント] をクリックします。

解決方法 4

この問題を解決するには、利益剰余金勘定番号に空白スペースがあるかどうかを決定します。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. アカウントの管理] ウィンドウを開きます。これを行うには、カード] をクリックを選択し、財務をポイントし、[アカウント] をクリックします。
  2. 利益剰余金勘定のいずれかを選択し、スペースがないかどうかを確認するのにはアカウント番号を確認します。

    使用例
    • 00-000-3030 の利益剰余金の勘定番号があります。
    • 勘定番号の最初のセグメントは、部門別のアカウントのセグメントとして設定されます。
    • 最初のセグメントを設定するこれらの番号を持っているを確認した: 000、100、200、300、400 です。
    この例では、次の利益剰余金の口座番号も設定されていることを確認する必要があります。
    100-3030-10
    200-3030-20
    300-3030-30
    40-400-3030
    ただし、するが、意図せず増加した 4 つの文字に最初のセグメントのセグメントの長さと、Microsoft Dynamics GP では、作成元である利益剰余金勘定は認識されなくなります。最初のセグメントを大きくと、アカウント番号は、次になります。
    100 X-3030-10
    200 X-3030-20
    300 X-3030-30
    400 の X-3030-40
    注: <b>これらの数値では、X は、空白を表します。

    勘定番号にスペースがある場合は、次の手順を続行します。
  3. 調整ウィンドウを開きます。これを行うには、 Microsoft Dynamics GP] メニューの [ツール] をクリックして、ユーティリティ] をポイントシステム] をポイントし、 [整合性] をクリックします。

    アカウント セグメントの形式には、元のセグメントの長さの調整] コマンドを元に戻します。調整実績を持つアカウントがない場合にのみ動作する最初のセグメントのスペースを除く、4 つの文字の長さです。1000-1100年-00 のように 1000年などの最初のセグメントがあるアカウントは、なし。大文字と小文字の場合は、セグメントの長さは 3 つの文字に戻ります。
  4. 形式のアカウントの設定] を選択し、[挿入] をクリックします。
  5. 調整をクリックし、画面にエラー ログを印刷します。

    注: <b>アカウント インデックス マスター (GL00105) テーブルには 4 文字の長さのアカウントを使用するアカウントも考えられます。したがって、SQL のメンテナンスを使用してテーブルを再構築する必要があります。
  6. SQL メンテナンス ウィンドウを開きます。Microsoft Dynamics GPのメニューで、これには、メンテナンス] をポイントし、[ SQL] をクリックします。
  7. 会社のデータベースを選択し、[製品では、 Microsoft Dynamics GPを選択します。
  8. 財務シリーズの下にあるアカウントのインデックスのマスター テーブルを選択します。
  9. すべてのチェック ボックスをオンにする] をクリックし、[プロセス] をクリックします。

    注: <b>GL00105 テーブルが再作成された後は、リンクのチェック] を使用してデータを復元する必要があります。
  10. リンクのチェック] ウィンドウを開きます。Microsoft Dynamics GP ] メニューで、メンテナンス] をポイントし、リンクのチェック]をクリックし、します。
  11. シリーズ・の財務を選択し、会計マスターの論理テーブルを挿入します。
  12. プロセスを開始するのには[ok]をクリックします。

    注: <b>アカウントのマスター (GL00100) テーブル内の情報は今すぐテーブル GL00105 します。

解決方法 5

1. SQL Server Management Studio を開きます。
2. で、[クエリ] ウィンドウには、会社のデータベースに対してこのスクリプトを実行します。
Delete GL00105

3. Microsoft Dynamics GP を開きます。[スタート] メニューの [ Microsoft Dynamics GPメンテナンス] をポイントし、リンクのチェック]をクリックし、します。

4. Financialシリーズを選択します。

5. 論理テーブルの一覧では、マスターのアカウントを選択するをクリックします。[挿入] をクリックします。

6. 次リンクのチェックを実行するのには[ok]をクリックします。画面にエラー ログを印刷します。

7. もう一度テストします。







警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:850741 - 最終更新日: 03/29/2016 18:04:00 - リビジョン: 1.1

Microsoft Dynamics GP 2015, Microsoft Dynamics GP 2013, Microsoft Dynamics GP 2010, Microsoft Dynamics GP 10.0

  • kberrmsg kbtshoot kbprb kbexpertiseinter kbexpertisebeginner kbmbsmigrate kbmt KB850741 KbMtja
フィードバック