Microsoft Dynamics GP でのエラー メッセージをトラブル シュートするのには Dexsql.log ファイルを作成する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:850996
はじめに
この資料では、Microsoft Dynamics GP の Dexsql.log ファイルを作成する方法について説明します。
詳細
Microsoft Dynamics GP でエラー メッセージを受信すると、Dexsql.log ファイルは頻繁に問題をトラブルシューティングする方法の詳細を提供する便利なツールです。エラー メッセージを再作成できますが、Dexsql.log ファイルは、この情報をキャプチャできます。

Dexsql.log ファイルを作成するには、次の手順を実行します。
  1. Dex.ini ファイルを開きます。既定では、このファイルは次の場所です。
    • Microsoft Dynamics GP 10.0 およびそれ以降のリリース。
      C:\Program ファイル Dynamics\GP\Data
  2. Dex.ini ファイルに次のステートメントを見つけます。
    SQLLogSQLStmt=FALSESQLLogODBCMessages=FALSE SQLLogAllODBCMessages=FALSE 
  3. 場合は、ステートメントは FALSE に設定されて、次のように true の場合、ステートメントを変更しています。
    SQLLogSQLStmt=TRUE SQLLogODBCMessages=TRUE SQLLogAllODBCMessages=TRUE
  4. Microsoft Dynamics GP を開始します。Microsoft Dynamics GP は既に開始されている場合は、Microsoft Dynamics GP を終了し、再起動します。
  5. エラー メッセージを受信したときのシナリオを再現します。エラー メッセージが表示される前に停止します。
  6. Windows エクスプ ローラーで、手順 1 で開いた Microsoft Dynamics GP アプリケーション フォルダーを開きます。Dexsql.log ファイルを探します。削除またはこのファイルの名前を変更します。

    場合は Dexsql.log ファイルが表示されない場合は、ビュー] をクリックし、新しいファイルが表示されるようにし、[更新] をクリックします。
  7. Microsoft Dynamics GP では、エラー メッセージを再作成する最後の手順を完了します。Microsoft Dynamics GP のアプリケーション フォルダーに新しい Dexsql.log ファイルがあるようになりました。
  8. Dex.ini ファイルを開くし、false、または元の設定にし、ステートメントをリセットします。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:850996 - 最終更新日: 12/14/2015 19:00:00 - リビジョン: 2.2

Microsoft Dynamics GP 2013, Microsoft Dynamics GP 2010, Microsoft Dynamics GP 10.0

  • kbexpertisebeginner kbhowto kbexpertiseinter kbmbsmigrate kbmt KB850996 KbMtja
フィードバック