Microsoft Dynamics GP の買掛金の管理を実行するチェックを続行する方法が中断されました

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:852064
はじめに
この資料では、Microsoft Dynamics GP の買掛金管理のチェックの実行が中断された後に実行のチェックを続行する方法について説明します。
詳細
続けるには、買掛金管理のチェックを実行中に発生する中断後、1 以下の手順で適切なオプションを最初に次実行します。

手順 1: Microsoft Dynamics GP をバックアップから復元します。

オプション 1- 確認の実行が中断された後も、Microsoft Dynamics GP に apriorバックアップ、復元する前に場合と同様に、checkrun を再構築します。通常どおり続行します。追加手順を実行する必要はありません。

オプション 2の場合は、Microsoft Dynamics GP をバックアップから復元することによってこの問題を解決できない場合、以下の一時テーブルを削除し、バッチを以下の手順を使用して、使用できる状態にリセットするには、これら stepsbelow。
  1. A 現在のバックアップを作成: 会社のデータベースの現在のバックアップがあることを確認します。Microsoft Dynamics GP で会社のデータベースをバックアップするのには次の手順に従います。
    1. Microsoft Dynamics GP からログアウトしてすべてのユーザーが存在します。
    2. [ファイル] メニューの [バックアップ] をクリックします。
    3. 会社名] ボックスの一覧では、会社のバックアップを作成するをクリックします。
    4. バックアップ ファイルの選択] ボックスでは、黄色のフォルダーを開くにはバックアップ ・ ファイルを配置する場所をクリックします。
  2. TEMP テーブルの表示: すべてのユーザーがログアウトすることを確認するのには次の表の内容を表示します。
    • DYNAMICS.活動
    • DYNAMICS.SY00800
    • DYNAMICS.SY00801
    • TEMPDB.DEX_LOCK
    • TEMPDB.DEX_SESSION
    これを行うには、Dynamics データベースに対して次のスクリプトを実行します。
    SELECT * FROM DYNAMICS..ACTIVITYSELECT * FROM DYNAMICS..SY00800 SELECT * FROM DYNAMICS..SY00801 SELECT * FROM TEMPDB..DEX_LOCK SELECT * FROM TEMPDB..DEX_SESSION
    注: <b>Microsoft Dynamics GP からは、すべてのユーザーがログインしている、上記のテーブルが空にする必要があります。これらのテーブル内の既存のすべてのユーザーは、Microsoft Dynamics GP の場合、レコードは、詰まっているレコードになります。
  3. TEMP テーブルの削除: 結果が返されない場合は、手順 4 に進みます。それ以外の場合、次の適切なスクリプトのいずれかを使用して、詰まっているレコードをオフにします。 (必ずすべてのユーザーは、Microsoft Dynamics GP から)。
    DELETE DYNAMICS..ACTIVITY DELETE DYNAMICS..SY00800 DELETE DYNAMICS..SY00801 DELETE TEMPDB..DEX_LOCK DELETE TEMPDB..DEX_SESSION
  4. コンピューターのチェックのバッチはバッチのステータスをリセットします。 設定 '利用可能な' の状態をバックアップします。これを行うには、会社のデータベースに対して次のスクリプトを実行します。
    UPDATE SY00500 SET MKDTOPST=0, BCHSTTUS=0 where BACHNUMB='XXX'
    注:
    • 置換 XXX バッチ番号または投稿するか、Microsoft Dynamics GP で選択したバッチの名前。
    • BACHNUMB の値は、Microsoft Dynamics GP で、[バッチ ID] ウィンドウの値と同じです。
  5. バッチを確認し、バッチ内のトランザクションの正確さを確認します。
  6. "ステップ 2: 適切なメソッドを使用します」。
Microsoft Dynamics GP をバックアップから復元する方法については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
850289 バッチは、Microsoft Dynamics GP で転記、受信、取り込み中、マーク、ロック、または編集済みの状態に保持します。

手順 2: 適切なメソッドを使用します。

上記の手順 1 から、オプション 2 を実行している場合は、それぞれの方法は以下を参照し、して次に進むために使用する方法を決定します。
  • すべてのチェックは印刷されませんが、転記されていない場合は、方法 1 を使用します。
  • すべてのチェックは、印刷をした、すべてのチェックが、転記されていない場合は、方法 2 を使用します。
  • 印刷するには、すべてのチェックがされた場合は、チェック項目の一部のみが、一部転記は、方法 3 を使用します。
  • 転記が中断され、データ破損があるかどうか (など、適用するには、チェックが表示されますが存在しないが、)、する必要がありますに復元、バックアップ直後に。(パートナーは、パートナーの支援を開くには、アドバイザリー サービスの要求の Napa@Microsoft.com のチームに連絡する必要がありますこれを行うことができない場合は、(破損したデータを修正すると、請求可能なコンサルティング サービスと、通常のサポート ポリシーの範囲外)。

方法 1: チェックが印刷されていません。

  1. レビュー バッチ: 後手順を完了したらで「手順 1: Microsoft Dynamics GP をバックアップから復元"バッチのステータス使用可能である場合は、印刷しバッチ内容がわかるように、バッチの一覧を編集しますし。

    バッチ編集ボックスの一覧を印刷するには、以下の手順を実行します。
    1. [トランザクション] メニューを購入、ポイントし、印刷の確認] をクリックします。(バッチが破損している可能性があります、ために再印刷またはしないで回復したバッチを転記します。)
    2. 印刷の買掛金のチェック] ウィンドウで [バッチ ID ] フィールドの買掛金のバッチを選択します。
    3. [印刷] をクリックします。
    4. レポートのコピー先のウィンドウが表示されたら、適切なレポートの送信先を選択し、し、[ OK] をクリックします。
  2. リンクのチェックを実行するには: 買掛金トランザクション論理ファイルにリンクのチェック] の操作を実行します。まずテスト会社でこれを行うし、結果に同意する場合のみ、ライブの会社でこの手順を実行することをお勧めします。ライブの会社では、必ず最初に最新のバックアップを作成し、結果に同意しない場合は、バックアップを復元します。リンクのチェック] の操作を実行するには、以下の手順を実行します。
    1. Microsoft Dynamics GP では、 Microsoft Dynamics GP ] メニューの [メンテナンス] をポイントし、リンクのチェック]をクリックします。
    2. 系列] ボックスの一覧で、[購入を] をクリックします。
    3. 論理テーブルの一覧では、買掛金トランザクション論理ファイルをクリックし、挿入選択したテーブルの一覧にこのファイルを移動する] をクリックします。
    4. [OK] をクリックします。
    5. ダイアログ ボックスが表示されたらと、レポートの出力先を選択し、[ OK] をクリックします。
  3. 削除バッチ: は、コンピューターのチェックのバッチを削除します。

    a. [スタート] メニューの [トランザクション購入、] をポイントし、[バッチ] をクリックします。
    b. [バッチ ID ] フィールドで、削除するバッチを選択します。(必ず一覧を印刷、編集、バッチの最初に削除する前に)。
    c. では、削除をクリックします。
    d. とバッチを削除するメッセージが表示されたら、[削除] をクリックします。
  4. バッチの再構築: は、チェックをもう一度入力し、通常の方法で checkrun を続行します。次の場所のいずれかからの買掛金のチェックを再作成できます。
    • 買掛金のチェック] ウィンドウを選択します。

      買掛金のチェックの選択] ウィンドウにアクセスするにトランザクション] メニューの [購入] をポイントし、チェックを選択] をクリックします。
    • 買掛金のチェックのバッチ処理時間を編集します。

      買掛金チェックのバッチの編集] ウィンドウにアクセスするにトランザクション] メニューの [購入] をポイントし、チェックのバッチの編集] をクリックします。
    • 買掛金のチェック] ウィンドウを編集します。

      買掛金のチェックを編集」ウィンドウにアクセスするにトランザクション] メニューの [購入] をポイントし、[確認を編集] をクリックします。

方法 2: 小切手が印刷されますが、転記されていません。

  1. レビュー バッチ: ステップ 1 の手順を完了し、バッチの状態を使用可能に設定した後は、バッチ編集ボックスの一覧を印刷します。

    バッチ編集ボックスの一覧を印刷するには、以下の手順を実行します。
    1. [トランザクション] メニューを購入、ポイントし、印刷の確認] をクリックします。
    2. 印刷の買掛金のチェック] ウィンドウで [バッチ ID ] フィールドの買掛金のバッチを選択します。
    3. [印刷] をクリックします。
    4. レポートのコピー先のウィンドウが表示されたら、適切なレポートの送信先を選択し、し、[ OK] をクリックします。
  2. : 削除のバッチでは、買掛金チェックのバッチを削除します。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. [スタート] メニューの [トランザクションには、購買をポイントし、[バッチ] をクリックします。
    2. [バッチ ID ] フィールドで、削除するバッチを選択します。
    3. [削除] をクリックします。
    4. バッチを削除するメッセージが表示されたら、[削除] をクリックします。
  3. リンク チェックの実行: 実行リンクのチェック] 買掛金トランザクション論理ファイルと支払いの履歴の論理ファイルです。まずテスト会社でこれを行うし、結果に同意する場合のみ、ライブの会社でこの手順を実行することをお勧めします。ライブの会社では、必ず最初に最新のバックアップを作成し、結果に同意しない場合は、バックアップを復元します。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. Microsoft Dynamics GP では、 Microsoft Dynamics GP ] メニューの [メンテナンス] をポイントして、リンクのチェック]をクリックします。
    2. 系列] ボックスの一覧で、[購入を] をクリックします。
    3. 論理テーブルの一覧では、買掛金トランザクション論理ファイルをクリックし、挿入選択したテーブルの一覧にこのファイルを移動する] をクリックします。
    4. 論理テーブルの一覧では、支払い履歴の論理ファイルをクリックし、挿入選択したテーブルの一覧にこのファイルを移動する] をクリックします。
    5. [OK] をクリックします。
    6. ダイアログ ボックスが表示されたらと、レポートの出力先を選択し、[ OK] をクリックします。
  4. 小切手番号を元に戻す: は、同じ小切手番号を再利用する小切手帳の設定で指定します。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. カード] メニューの [は、財務をポイントし、小切手帳] をクリックします。
    2. 小切手帳の管理] ウィンドウでは、小切手帳 IDフィールドに買掛金のチェックを処理するために使用される小切手帳を選択します。
    3. [支払いオプション] セクションで、次のチェック ボックスをマークするをクリックします。
      • 番号が重複して
      • チェックの数をオーバーライドします。
    4. 次のチェックの番号フィールドに、最初の小切手番号が画面には、元のチェックをもう一度印刷し、同じ小切手番号を再利用できますので、印刷のチェックでは、使用されていたに次の確認番号を設定します。(詳しくは、コンピューターを確認して編集の一覧を印刷を参照してください)。(注: 誰もが印刷されて、チェックし、次の確認番号が最後に中断された checkrun で印刷された小切手番号で進軍していたことを前提とします)。
    5. [保存] をクリックします。
  5. バッチの再構築: は、チェックを再作成します。

    次の場所のいずれかからの買掛金のチェックを再作成できます。
    • 買掛金のチェック] ウィンドウを選択します。

      買掛金のチェックの選択] ウィンドウにアクセスするにトランザクション] メニューの [購入] をポイントし、チェックを選択] をクリックします。
    • 買掛金のチェックのバッチ処理時間を編集します。

      買掛金チェックのバッチの編集] ウィンドウにアクセスするにトランザクション] メニューの [購入] をポイントし、チェックのバッチの編集] をクリックします。
    • 買掛金のチェック] ウィンドウを編集します。

      買掛金のチェックを編集」ウィンドウにアクセスするにトランザクション] メニューの [購入] をポイントし、[確認を編集] をクリックします。

      注: <b>小切手番号を設定することになっていることを確認元の先頭に戻るには、番号を確認します。印刷して、チェックを転記する前に、バッチ編集ボックスの一覧と、請求書がまだ開いている状態であるかどうかを確認するのには、買掛金トランザクションの照会] ウィンドウ内の情報を確認します。
  6. 印刷: 画面または普通紙をチェックします。

    注: <b>買掛金のチェックは、チェック項目を作成した場所から印刷できます。
  7. 投稿: は、バッチを転記します。

    買掛金チェックのバッチを転記するには、次の手順に従います。
    1. [トランザクション] メニューで、購買、ポイントし、[投稿のチェック] をクリックします。
    2. 投稿買掛金のチェック] ウィンドウで [バッチ ID ] フィールドに転記する必要のあるバッチの ID を選択します。
    3. チェックのための適切な転記日付を入力します。
    4. プロセス] ボックスの一覧で、投稿のチェックをクリックします。
    5. [プロセス] をクリックします。

方法 3: 実行チェック内のすべてのチェックが印刷されますが、チェック項目が転記された一部のみ

ソリューション 1

バックアップがある場合のみ復元し、画面する空白の紙、小切手を転記して小切手を印刷します。

注: <b>総勘定元帳の項目が正しくアップロードされたことを確認してください。確認して保存されているバッチの総勘定元帳に転記されるように設定する場合は、GL 内に存在し、正しい。全般的な元帳ファイルへの投稿を設定した場合は、転記済の GL エントリが正しいことを確認するのには theDetailed の試算表レポートを確認します。

総勘定元帳トランザクションのエントリを投稿、 Microsoft Dynamics GP ] メニューの [ツール] をポイントする機能を設定するに設定をポイントし、転記、] をポイントし、[転記] をクリックします。選択購入シリーズとコンピューターは、確認の原点にします。バッチを総勘定元帳への投稿(GL のバッチ処理を停止) または[全般] 元帳ファイルへの投稿をする場合にマークします。

エントリを確認するには、一般元帳、試算表の詳細レポートを印刷することでレポート] メニューの [財務] をポイントし、試算表

ソリューション 2

  1. 削除バッチ: の手順を完了した後」手順 1: Microsoft Dynamics GP をバックアップから復元"バッチのステータスが使用可能である場合は、バッチを削除するとします。買掛金チェックのバッチを削除するには、以下の手順を実行します。
    1. [スタート] メニューの [トランザクションには、購買をポイントし、[バッチ] をクリックします。
    2. [バッチ ID ] フィールドで、削除する必要のあるバッチを選択します。
    3. [削除] をクリックします。
    4. バッチを削除するメッセージが表示されたら、[削除] をクリックします。
  2. リンク チェックの実行: 実行リンクのチェック] 買掛金トランザクション論理ファイルと支払いの履歴の論理ファイルです。まずテスト会社でこれを行うし、結果に同意する場合のみ、ライブの会社でこの手順を実行することをお勧めします。ライブの会社では、必ず最初に最新のバックアップを作成し、結果に同意しない場合は、バックアップを復元します。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. Microsoft Dynamics GP では、 Microsoft Dynamics GP ] メニューの [メンテナンス] をポイントし、リンクのチェック]をクリックします。
    2. 系列] ボックスの一覧で、[購入を] をクリックします。
    3. 論理テーブルの一覧では、買掛金トランザクション論理ファイルをクリックし、挿入選択したテーブルの一覧にこのファイルを移動する] をクリックします。
    4. 論理テーブルの一覧では、支払い履歴の論理ファイルをクリックし、挿入選択したテーブルの一覧にこのファイルを移動する] をクリックします。
    5. [OK] をクリックします。
    6. ダイアログ ボックスが表示されたらと、レポートの出力先を選択し、[ OK] をクリックします。
  3. 確認します。 は、投稿したアイテムが正しく転記されたことを確認します。適用情報と分布情報の両方が、買掛金のチェックに合っていることを確認します。

    買掛金トランザクションの照会 - 仕入先のウィンドウでは、この情報を確認するのには次の手順に従います。
    1. [照会] メニューは、購買をポイントし、仕入先トランザクション] をクリックします。
    2. 仕入先 IDフィールドには、関連付けられている仕入先 ID をクリックします。
    3. 必要なドキュメントを選択する] をクリックし、文書番号リンクをクリックしています。
    4. 買掛金トランザクション エントリのズーム ウィンドウで、請求書およびクレジット メモ、戻り値、またはこれらのドキュメントに適用されている支払に関する情報を表示するのには、適用をクリックします。
    5. 買掛金トランザクション エントリのズーム ウィンドウで、配布のトランザクションの配布情報を表示する] をクリックします。
    6. 情報が正しいことを確認します。
    7. バッチを削除し、リンクのチェック] の操作を実行すると後、は、適用していないドキュメントの転記されていない小切手を検索します。
    8. オープンの状態が残っている請求書のみを選択します。
    9. 画面または空白の用紙に小切手を印刷します。
    10. バッチを転記します。

      注: <b>印刷する小切手の番号を含む行で選択したチェックが表示されることを確認します。それ以外の場合、一度に 1 つの仕入先や仕入先の範囲を処理する必要があります。
買掛金 checkrun チェックの実行の 850264 の payrun は、中断再開小切手小切手 chequerun 小切手実行小切手を実行を中断します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:852064 - 最終更新日: 04/21/2016 04:34:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Dynamics GP 2015, Microsoft Dynamics GP 2013, Microsoft Dynamics GP 2010, Microsoft Dynamics GP 10.0, Microsoft Dynamics GP 9.0

  • kbexpertisebeginner kbexpertiseinter kbmbsmigrate kbmt KB852064 KbMtja
フィードバック