保持を 1 つのプロジェクトから別のプロジェクトに転送する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:857048
TechKnowledge コンテンツ
問題

保持を 1 つのプロジェクトから別のプロジェクトに転送する方法です。

解決方法

転送機能ではありませんが、いくつかの簡単な手順で効率的に転送できますに勘定の金額保持の 1 つのプロジェクトから別のプロジェクトに。

いくつかの方法があります。この最初の方法は、何が起こったの向上、監査証跡を提供します。

1. 残りの保持量をプロジェクトの手数料を作成して、プロジェクト 1 に移動します。'固定' または '保持過剰' というラベルの付いた特別なプロジェクトの手数料を作成可能性があります。

プロジェクトの量が増えることこれが、私たちはこの場合の処理手順 4 で。

2. プロジェクト手数料の請求、請求トランザクションの詳細情報] ウィンドウで、トランザクションに、残りの保持を適用します。

勘定の金額を 0 をは。

3. は、もう一度プロジェクト手数料を請求します。この時間の請求書に負の。

RM にクレジット メモが作成されます。

プロジェクト 1 の手数料のエントリ (カード ・ プロジェクト-プロジェクト-手数料) ウィンドウで、ウィンドウが、金額を 0 にプロジェクト手数料の id をままにします。

これにより、プロジェクトの金額が修正されます。

5. では、新しいプロジェクト、プロジェクト 2 を作成します。

6. プロジェクト 1 の過剰量の 2 つのプロジェクトに保持の手数料を追加します。

7. 部品保持

8. RM では、適用、プロジェクト 1 の信用状ドキュメントをこの固定クリップは、プロジェクト 2 の請求に適用します。
-今あるプロジェクト 2 とプロジェクト 1 の 0 の上の勘定の金額です。

その他の方法は、多くの点で似ていますが、ビット simplerand は非常に適切な監査証跡を提供していません。

1. の請求先の入力] ボックスに、顧客とプロジェクトの元の固定クリップを選択します。

2. 料金請求のウィンドウに移動するのには手数料の展開] ボックスでをクリックします。

3. は、固定料金を選択し、手数料の請求金額を負の値を入力します。

4. トランザクションを転記します。

RM にクレジット メモが作成されます。

5. では、新しいプロジェクト、プロジェクト 2 を作成します。この手順は省略可能です。プロジェクトが作成されていた場合は、そのプロジェクトを使用してください。

6. プロジェクト 1 の過剰量の 2 つのプロジェクトに保持の手数料を追加します。

7. 請求を保持します。

8. RM では、適用、プロジェクト 1 の信用状ドキュメントをこの固定クリップは、プロジェクト 2 の請求に適用します。

プロジェクト 2 とプロジェクト 1 の 0 の上の勘定の金額があるようになりました。

この資料は TechKnowledge ドキュメント ID:26986 をされました

警告: この記事は自動翻訳されています

속성

문서 ID: 857048 - 마지막 검토: 04/06/2016 01:57:00 - 수정: 0.1

Microsoft Dynamics GP 2010, Microsoft Dynamics GP 10.0

  • kbnosurvey kbmbsmigrate kbmt KB857048 KbMtja
피드백