プロファイラーを Microsoft SQL Server 2000年-2014年で SQL トレースを作成する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:857246
TechKnowledge コンテンツ
このドキュメント内の情報に適用されます。

のグレートプレーンズ Microsoft SQL Server に

概要

この資料では、プロファイラーを Microsoft SQL Server 2000年-2014年で SQL トレースを作成する方法について説明します。

関連情報

SQL トレースを作成する手順に従います。

1. [スタート] ボタンのプログラムMicrosoft SQL Serverでは、[プロファイラー] をクリックします。

[ファイル] メニューの [新規作成] をクリックし、[トレース] をクリックします。

3. SQL Server に接続します。

4. [全般] タブをクリックして [トレース名] フィールドの名前を入力、保存ファイルのオプションの選択を、セット ファイルの最大サイズ (MB)] ボックスでクリックしてファイル ロール オーバーを有効にする] オプションを選択し、Serverprocesses の SQL Server トレース データ オプションを選択する] をクリックし、に値を入力するデータをキャプチャするファイルを選択します。

5. きっと、選択したイベント クラス] ボックスで、次のイベント クラスとイベントの種類が表示される [イベント] タブをクリックします。

カーソル
-CursorPrepare
-CursorOpen
-CursorExecute
-CursorClose

エラーと警告
-注意
-例外
-列の統計情報がありません。

オブジェクト
-自動統計 (stats)

セッション
-ExistingConnection

パフォーマンス
実行計画

ストアド プロシージャ
-RPC: 開始
-RPC: 完了しました
-SP: 完了しました
-SP: 再コンパイル
-SP: 開始
SP: StmtCompleted
-SP: StmtStarting

TSQL
-SQL:BatchStarting
-SQL:BatchCompleted
-SQL:StmtStarting
-SQL:StmtCompleted

イベント クラスまたはイベントの種類のいずれかの操作を行いますが表示されない場合、選択したイベント クラス] ボックスで使用できるイベント クラス] ボックスで項目を選択する] をクリックし、[追加] をクリックします。

6. データ列] タブをクリックし、選択したデータ] ボックスに次の列が表示されるかどうかを確認します。

-開始時刻
-終了時刻
SPID
イベント クラス
テキスト データ
整数データ
-バイナリ データ
期間
CPU
-読み取り
書き込み
のアプリケーション名前
NT ユーザー名
-ログイン名が表示

場合は、columnsdo のいずれかの選択された databox に表示されない場合、[Availabledata] ボックスで項目を選択する] をクリックし、し、[追加] をクリックします。

7. トレースを実行します。

8. 実行を終了すると、トレースを停止します。それ以外の場合、トレースは引き続きを実行し、手順 4 で定義されている全テーブルのファイルのサイズ制限を入力します。

この資料は TechKnowledge ドキュメント ID:27316 をされました

警告: この記事は自動翻訳されています

속성

문서 ID: 857246 - 마지막 검토: 04/05/2016 20:49:00 - 수정: 0.1

Microsoft Dynamics GP 2015, Microsoft Dynamics GP 2013, Microsoft Dynamics GP 2010, Microsoft Dynamics GP 10.0, Microsoft Dynamics GP 9.0, Microsoft Business Solutions–Great Plains 8.0

  • kbnosurvey kbhowto kbexpertiseadvanced kbmbsmigrate kbmt KB857246 KbMtja
피드백