Microsoft Dynamics GP で、年度末を実行した後は、開始残高のエントリを調整する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:857310
はじめに
この資料では、Microsoft Dynamics GP で、年度末を実行した後は、開始残高のエントリを調整する方法について説明します。
詳細
年度末締処理を実行した後は、開始残高のエントリを調整するにキーの GL トランザクションとトランザクションの履歴を保存するには、次の手順に従うことができますが、BBF エントリがその量の作成され、開いている年度の期首残高に影響を与えるに持ち越されます。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. データベースのバックアップがあれば、バックアップからデータベースを復元し、年度末決算処理を再実行しています。 詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
    888003 Microsoft Dynamics GP で総勘定元帳の年度末の決算手続き
    データベースのバックアップがない場合は、手順 2 に進みます。
  2. 注: <b> この資料の手順を実行する前に、問題が発生した場合に復元することができるデータベースの完全なバックアップ コピーがあることを確認します。

    • Microsoft Dynamics GP では、 Microsoft Dynamics GP ] メニューの [ツール] をポイントし、設定] をポイントし、財務、] をポイントで複数通貨] をクリックします。履歴の管理] 領域では、一般的な勘定科目のチェック ボックスをオフにするをクリックします。
    注:
    • Microsoft Dynamics GP で複数の通貨が登録されていない場合は、会社の財務のディレクトリにある MC40000.* ファイルを変更します。
    • Microsoft SQL Server を使用する場合は、会社のデータベースに対して、次のステートメントを実行します。
      update MC40000 set MNSUMHST=0
    • Microsoft Dynamics GP ] メニューの [ツール] をポイントの設定] をポイントし、財務、] をポイントし、総勘定元帳] をクリックします。履歴の管理] 領域で、[アカウント] チェック ボックスをオフにする] をクリックし、[トランザクション] チェック ボックスをオフにする] をクリックし、します。
  3. [許可] 領域で、[ヒストリへの転記] チェック ボックスが選択されているになっていることを確認します。変更を保存するのには[ok]をクリックします。
  4. 適切な手順を使用します。
    • Microsoft Dynamics GP では、 Microsoft Dynamics GP ] メニューの [ツール] をポイントし、設定] をポイントし、会社、] をポイントで、[会計期間] をクリックします。会計年度の期間が開いていることを確認します。
  5. [トランザクション] をクリックし、財務、] をポイントし、[全般] をクリックします。適切な仕訳帳のエントリを入力します。トランザクションの日付が終了した年度のエントリは、期首残高を更新できるようにすることを確認します。貸借対照表勘定は借方期首残高である必要がある場合、は、次のエントリのようなエントリを確認します。
    • 貸借対照表の勘定の借方に転記されますが、および利益剰余金勘定が貸方に転記されます。間違った転記タイプをアカウントごとに 1 つのトランザクションを入力します。
  6. トランザクションを転記します。転記の手順では、履歴の管理のオプションが無効になっているために現在の年だけが影響します。新しい年の期首残高のトランザクションが転記されます。したがって、アカウントには、正しい残高があります。
  7. 適切な手順を使用します。
    • Microsoft Dynamics GP では、 Microsoft Dynamics GP ] メニューの [ツール] をポイントし、設定] をポイントし、財務、] をポイントで総勘定元帳] をクリックします。履歴の管理] 領域で、[アカウント] チェック ボックスをオンし、し、[トランザクション] チェック ボックスをオンにする] をクリックします。
  8. [許可] 領域で、[ヒストリへの転記] チェック ボックスが選択されているになっていることを確認します。変更を保存するのには[ok]をクリックします。
  9. 適切な手順を使用します。
    • Microsoft Dynamics GP では、 Microsoft Dynamics GP ] メニューの [ツール] をポイントし、設定] をポイントし、財務、] をポイントで複数通貨] をクリックします。履歴の管理] 領域で、一般的な勘定科目のチェック ボックスをオンにする] をクリックします。
    注:
    • 複数通貨が登録されていない場合ファイル名の変更、MC40000.* の名前を変更するに手順 2 で元の名前に戻します。
    • Microsoft SQL Server を使用する場合は、会社のデータベースに対して、次のステートメントを実行します。
      update MC40000 set MNSUMHST=1

    重要な注意事項: (任意 GL のバージョンの SQL スクリプトを使用して GL の年度を再度開く場合、または 過去 1 年を逆に GL の年度末の終了] ウィンドウで Microsoft Dynamics GP 2013 またはそれ以降のバージョンのオプションは、これらの BBF エントリを削除することに注意してください。GL 年を reclose するときに再計算された BBF はこれで不足しているこの金額で再計算に必要であることをサポートするために詳細なトランザクションが存在しないため。必ず GL 1 年を再度開くと reclose する必要がある場合に、キーことができますので、次のように作成するエントリの適切なノートを保持します。
関連情報
詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
864913 間違った転記タイプを使用して、Microsoft Dynamics GP で総勘定元帳の年を終了した後に設定されたアカウントを修正する方法

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:857310 - 最終更新日: 03/29/2016 18:09:00 - リビジョン: 0.1

Microsoft Dynamics GP 2015, Microsoft Dynamics GP 2013, Microsoft Dynamics GP 2010, Microsoft Dynamics GP 10.0, Microsoft Dynamics GP 9.0, Microsoft Business Solutions–Great Plains 8.0, Microsoft Business Solutions-Great Plains 7.5

  • kbnosurvey kbinfo kbexpertisebeginner kbhowto kbexpertiseinter kbmbsmigrate kbmt KB857310 KbMtja
フィードバック