現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

フィールドが Microsoft Dynamics GP で銀行のロック ボックス ファイルを設定するときにマップする必要があります。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:858289
はじめに
この資料では、Microsoft Dynamics GP で銀行のロック ボックス ファイルを設定するときにマップする必要がありますフィールドについて説明します。
詳細
ロック ボックスのメンテナンス ウィンドウを使用して、銀行ロック ボックス ファイルのマッピングの仕様を設定します。Microsoft Dynamics GP で対応するフィールドに、銀行ファイル内の各フィールドをマップするのには、このウィンドウを使用できます。


ステップ 1です。LockboxID の情報を設定します。ロック ボックスの保守ウィンドウにアクセスするにカード] メニューの [売り上げ高] をポイントし、[ロック ボックス] をクリックします。

ロック ボックスの IDの参照用のロック ボックスの ID 名を入力します。

-説明- 参照用のみにロック ボックスの ID の説明を入力します。

小切手帳 IDのデポジットを現金領収書に小切手帳の ID を選択します。



2 の手順です。読み取りおよび読み取りし、それを適用する方法をシステムに指示するには、どのようなロック ボックス ファイルを指定します。

ロック ボックス ファイルの場所に Microsoft Dynamics GP でインポートする銀行から現金受領書のファイルを移動します。ファイルは、.txt または .csv の型である必要があります。

ファイルは、タブ区切りまたはコンマで区切られた固定長にする場合のファイル形式の種類の選択は、銀行から受信したファイルの種類に基づいています。このタイプは、ファイル内の各行のフィールドを読み取る方法にシステムにくれます。

ロック ボックスの書式の種類をご利用の銀行から受信したファイルの種類によってファイルが 1 行または複数行の形式を使用するかどうかを選択する必要があります。1 行のファイルは、1 行につき 1 つのチェックをファイルでは、1 つのチェックが 1 つだけの請求書に適用されているがあります。複数行のファイル形式は、複数の詳細行または複数の請求書に適用される headerrow の 1 つのチェックがあります。複数行の種類のヘッダー行のインジケーターおよび詳細行のマーク] フィールドは使用可能になります。入力インジケーター値の定義としてご利用の銀行、マイグレーションが通知されますが、ヘッダー レコードの行と行は、詳細行です。(U. s. NACHA 形式では、ヘッダー行のインジケーター '6'、詳細行のインジケーター値は「4」になります。)

金額に小数点以下の桁数のロック ボックス ファイルをインポートするのに示されている金額に追加するのには 5 つまでの小数点以下の桁数を入力します。(一般に '0' は、'2' は、ファイルに示された金額の最後に、.00 を配置します。)

-ロック ボックスの適用方法の選択のシステムにする方法は、現金領収書を請求書に適用します。

-取り込まれたなし - 現金領収書が、それらを手動で適用されるまで適用されません。
--文書番号、現金領収書が最初に適用する最小の文書番号の種類に関係なく。
-請求書番号の現金のレシートでは、最初の適用されている toinvoices、最小の文書番号で始まります。
-期限の日付と古いドキュメントの現金受領書は、最も古い期限付きの最初の適用されているどの文書の日付です。
-期限の日付と古い請求書の現金入庫が請求書の期限が最も古いタイプのドキュメントに適用される最初の日付。
-日付を文書化する-現金の受領書は最初に最も古い文書の日付を使用してドキュメントに適用され。
--特定の請求書に現金受領書は、請求書番号を指定するにのみ適用されます。特定の請求書番号が見つからない場合は、使用する別の適用方法を定義できます。

メモ: 最も一般的なロック ボックスの適用方法は、 'なし'の別の適用方法と'特定の請求書'です。


インポート レコードの開始を省略、スキップするインポート ファイルの先頭行の数を選択します。(たとえば、のみ、詳細行のフィールドをマップする場合ファイル内のすべてのヘッダー行をスキップするシステムです。)スキップされるファイル内の行をしない場合は、'0' を入力します。

-最後のインポート レコードの省略のインポート ファイルの末尾にスキップする行数を入力します。(たとえば、ファイル コントロールの行またはフッター ファイルには、この行のフィールドがマップされていない場合を選択することがある場合システムをスキップ次の行。)スキップする行をしない場合は、'0' を入力します。



ステップ 3 です。ロック ボックスのメンテナンス ウィンドウで、インポートができますロック ボックス ファイルのレイアウトを確認します。


ビューの行の横にあるロック ボックスのインポート ファイル内の各行をスクロールするスクロール ボタンを使用します。

ファイル形式の種類によっては、これらのフィールドのロック ボックスがトランザクションを正常にインポートする処理を割り当てる必要があります。などのファイル形式の種類と対応する必要がありますフィールドの一覧は次のように。
  • 単一行のファイルをインポートします: 顧客名、顧客 ID、または銀行のルーティング番号や銀行口座番号などの顧客を検出する方法と、番号の確認と金額の確認のフィールドです。
  • 複数行のファイルをインポートします。 ヘッダー行は、番号の確認金額の確認のフィールドを含める必要があります。割り当てる必要がある請求書番号のフィールドをマップする場合、請求金額の適用 顧客名など、顧客を検出する方法と、顧客 ID や銀行のルーティング番号、銀行口座番号の見出し行にします。詳細行のみ適用の請求金額と請求書番号を格納する必要があります。チェックの情報と、最初の請求書に適用するのには、ヘッダー行を含める必要があります。詳細行は、ヘッダー行に表示されている最初の請求書以外に、チェックを適用する追加の請求書にのみ含まれます。
ファイルは、複数行を使用する推奨される形式になります。
  • ヘッダー: の行インジケーター (6)、請求書に適用金額、請求書番号、小切手の金額、小切手番号、銀行口座番号、銀行のルーティング番号、顧客名 *
  • 詳細: 行のインジケーター (4)、請求金額、請求書番号を適用します。

*注: ファイル、インポートで、お客様の名前候補のヘッダー行の書式で上記のようにします。ただし、このファイルの正確な同じ小切手番号を使用する複数の顧客に発生する可能性がある場合は、し、システムも必要では、同じ小切手番号を持つすべてのチェックをもう 1 つの一意なフィールドです。別の一意なフィールドを使用しない場合は、システムだけ最初のチェックで表示し、同じ小切手番号を使用してファイル内の他のチェックをスキップしでは、同じ小切手番号とその他のチェックでインポートされなかった場合は通知されません。固有のフィールドでは、顧客名、または顧客の IDを使用することができます、ただし、ほとんどの銀行は、顧客 ID の値を渡すつもりはないです。顧客名を使用する場合ようにお客様の銀行口座の名前であること方法 Microsoft Dynamics GP でお客様のメンテナンス カードに自分の名前があります。お客様の名前またはこのフィールドに一致する顧客の ID は、ロック ボックスのインポート ファイルのニーズにどのように書き込まれる Microsoft Dynamics GP でシステムを作成するために正確に一致するように一覧表示します。

注: で 1 行のファイル形式をもありませんが同じ番号が複数回表示や重複をチェックします。たとえば、同じお客様が同じ番号で一覧表示されている 1 行目と 1 つの行の 2 ファイルのインポートを確認する場合、システムが参照すると重複するいると、システムは 2 行目スキップされます。ただし、同じお客様が同じ番号で一覧表示されている 1 行目と 3 のファイルをチェックする場合、し、システムが読み取ることです。それらが表示されない場合連続しています。ただし、さまざまな顧客があります、同じ小切手番号が偶然。さまざまな顧客の数は、同じ場合、' CUST 名 'または' ID ' CUST' はまた、コンフィギュレーターでマップされている場合、連続する行が読み取られます。(しかしにするおくと、これらのフィールドがマップされて場合、インポート ファイルにこれらのフィールドの値と一致しなければなりません正確にどのような GP には、マッピングに含まれている場合は、システムをこれらのフィールドの検証と)。



手順 4します。フィールドをマップします。

固定長ファイルの場合に、Microsoft Dynamics GP で対応するフィールドに必要なロック ボックスのインポート ファイルの各行のフィールドを割り当てる必要があります。各フィールドの開始と終了位置を指定することもする必要があります。フィールドは、ロック ボックスのインポート ファイル内の行に表示される順序で一覧表示する必要があります。ファイル内の未使用スペースは、システムは、それをスキップするように 'なし' のフィールドにマップします。ファイル複数の行、ヘッダー行、詳細行の間で同じフィールドは両方の行の同じ位置に配置する必要があります。

タブ区切りまたはコンマ区切りファイルでは、ロック ボックス、インポート ファイルに表示される同じ順序のフィールドをマップする必要がありますが、する必要はありません指定するための開始位置と終了位置、ファイル自体にカンマ、タブによって指定されます。空白または未使用のフィールドのフィールドにマップ」なし ' システムがインポート ファイル内のフィールドをスキップするようにします。

銀行ロック ボックス ファイルのフィールドをマップすると、対応する Microsoft Dynamics GP のフィールドを指定します。銀行ロック ボックス ファイルは、Microsoft Dynamics GP の次のフィールドにマッピングできます。
  • 銀行口座番号
  • 銀行ルーティング番号
  • 小切手の金額
  • 小切手番号
  • 小切手帳の銀行のアカウント番号
  • 顧客 ID
  • 顧客名
  • デポジット日付 (月/日/年) - これは、 2桁の年であることに注意してください。ファイルに 4 桁の年がある場合、1 年に 2 桁の数字に変更するかどうか、または日、月、および年を個別のフィールドとして割り当てることができます、銀行に問い合わせてください。
  • 預金の日付:
  • 預金日-月
  • デポジット日付: 年を 4 桁の年では、マップが最後に 2 桁の年の固定長ファイルにのみです。
  • 請求書金額を適用します。
  • 請求書番号
  • なし
  • 行の種類のインジケーターのように、銀行の仕様で指定された値を使用。
  • トランザクションの説明



    手順 5 です。を保存します。




    ロック ボックス ファイルの書式を設定することでの他の役に立つヒント:


    ください'特定の請求書'のロック ボックスの適用方法の違いを参照してくださいと * 請求書番号をしいものを選択しているかどうかを確認します。(通常は、' 特定の請求書 ' が最もよく使用される、'None' を別の方法として。)

    2. ロック ボックスの設定 (カード |販売 |ロック ボックス) が指す 1 つの特定の場所をダウンロードする、銀行からその場所にするたびに、ロック ボックス ファイルを保存する必要がありますので、そのしない場合は、ロック ボックス ファイル内の場所を毎回編集する必要があります。

    3. ロック ボックス ファイルのインポートをテストするには、ときに、一意のバッチ IDを使用します。ロック ボックスのインポート ファイルを同じにすることをテストするのには何度も同じバッチの ID を使用することが結果にスクランブルをかけられたいくつかの試行後。

    4. 場合'未使用の行型',を表示するファイルのインポート後に、エラー報告が指定されたファイルの末尾に空白の行があったし、システムを読み取れませんでした、。このメッセージは、エラー レポートに表示するのには許容できるでしょう。

    5. ロック ボックス ファイルのインポートの詳細行だけにインポートする必要があります。ヘッダーとフッター行は、マップする必要ではありません。ロック ボックスのメンテナンスで '省略開始レコードのインポート' と '省略最後のレコードのインポート' のフィールドを使用することにより、これらの行をスキップできます。

    6. 上記の複数のファイルのロック ボックスの種類のファイル形式で保存を使用します。銀行は、通常、ファイルを要求する形式を設定する方法はとても良い。と共に、情報のチェック (notnecessary)、ヘッダー レコードにするのには、最初の請求書に適用をお勧めします。

    7.理由データ列のみを読み込みロック ボックスのメンテナンス ウィンドウで、マップするいくつかのフィールド以上のことですか。またはいくつかのフィールドにすることのみをより多くのフィールドをマップしたときでしょうか。システムに表示されるガイドとしては、インポート ファイル内の 1 行目です。たとえば、ファイルの最初の行には 2 つのフィールドとします。ロック ボックスの保守では、1、行を非表示にマークし、7 のフィールドにマップします。ただし、データ列では、最初の 2 つのフィールド内のデータのみが表示されます。これを修正するには、(それはスキップされます) が、インポート ファイル内の 1 の行にフィールドを追加する必要があります。インポート ファイルの最初の行を含むと同じまたはより多くのフィールドよりも、ロック ボックスの保守ウィンドウをマップすることを確認します。

    8. ロック ボックス ファイルを顧客に一致する最適な方法では、お客様の銀行ルーティング番号と銀行口座番号が一致するように。すべての銀行、顧客 ID を渡すには、しかし、顧客名を渡します。この情報がない場合は、次を参照してください。 KB 856094 ロック ボックス ファイルからお客様の銀行情報をインポートする方法について。

    9 例外レポートのエラーロック ボックスに無効な日付は、ロック ボックスのインポート ファイルの日付形式と一致しないロック ボックスの形式で日付の形式が原因で発生します。たとえば、預金の日付の形式は、月/日/年、インポート ファイル内の日付 04/12/17 または 4/12/17 2017/04/12 にする必要がありますので。かっこが不足している場合は、このメッセージは発生します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:858289 - 最終更新日: 01/22/2016 23:02:00 - リビジョン: 1.1

Microsoft Dynamics GP 2013, Microsoft Dynamics GP 2010, Microsoft Dynamics GP 10.0, Microsoft Dynamics GP 9.0, Microsoft Business Solutions–Great Plains 8.0

  • kbexpertiseadvanced kbhowto kbexpertiseinter kbmbsmigrate kbmt KB858289 KbMtja
フィードバック