Microsoft Dynamics GP で従業員の給与税の源泉徴収超過を解決する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:858712
はじめに
この資料では、Microsoft Dynamics GP で従業員の給与税の源泉徴収超過を解決する方法について説明します。
詳細
過剰 Microsoft Dynamics GP で従業員の給与税を源泉徴収の誤りを修正するには、次の手順を実行します。
  1. 適切な手順を使用します。
    • Microsoft Dynamics GP 10.0 およびそれ以降のバージョンでは、 Microsoft Dynamics GP ] メニューの [ツール] をポイントし、設定] をポイント給与、] をポイントし、支払コード] をクリックします。
    • 、Microsoft Dynamics GP 9.0 で [ツール] メニューの [設定] をポイントし、給与を指すし、支払コード] をクリックします。
  2. 業務経費の支払の種類を持つ新しい支払コードを作成します。そのためには、以下の手順を実行します。

    注: <b> 過剰、従業員から源泉徴収した金額の償還は、この支払のコードが使用されます。既存のコードを使用することを支払う場合は、この手順は省略できます。
    1. 税の対象] セクションで記載されているすべてのチェック ボックスをオフにするをクリックします。
    2. 記載されている作業者の補正コードがないことを確認します。
    3. 休暇の見越計上する] チェック ボックスをオンし、病欠の時間を計上する] チェック ボックスをオンをオフにする] をクリックします。
    4. レポート賃金のチェック ボックスをオフにする] をクリックします。このチェック ボックスをオフにする] をクリックするときに返金する金額は、総給与には追加されません。さらに、税金が計算されるときに使用されません。
  3. [カード] メニューで、給与、] をポイントし、支払コード] をクリックします。
  4. [社員 ID ] フィールドで、過剰に源泉徴収税を持っている従業員を選択します。
  5. 支払コードフィールドに、手順 2 から支払コードを選択します。
  6. [保存] をクリックします。
  7. 実際の払い戻しを持っている各従業員の 3 ~ 6 の手順を完了します。
  8. [トランザクション] メニューは、給与をポイントし、トランザクションの入力] をクリックします。
  9. 給与トランザクションの入力ウィンドウで、[バッチ ID ] フィールドのバッチの ID を入力します。
  10. 返金する必要のある各従業員のトランザクションを入力します。[トランザクション ・ タイプ] フィールドで、支払コードを選択して、 [コード] フィールドの手順 2 で作成した業務経費タイプの支払コードを選択することを確認してください。払戻金額] フィールドで従業員を入力します。
  11. 給与トランザクション エントリのウィンドウを閉じます。メッセージが表示されたら、すべてが正しいことを確認するのには、給与トランザクションの監査レポートを印刷します。
  12. すべてが正しい場合、給与トランザクションの監査レポートに、チェック項目をビルドします。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. [トランザクション] メニューで、給与、ポイントし、[ビルドをチェック] をクリックします。
    2. 支払期間の日付] セクションで、ビルドの日付範囲を指定します。
    3. 控除額を含める] をクリックして、 [なし] オプションを選択し、[ OK] をクリックします。
    4. 福利厚生を含める] をクリックして、 [なし] オプションを選択し、[ OK] をクリックします。
    5. バッチの選択] をクリックして、手順 9 では、トランザクションを保存するバッチ ID を選択し、[ OK] をクリックします。
    6. 給与をチェック ビルド ウィンドウで、[ビルド] をクリックします。
    7. すべてが正しいことと、エラーがないことを確認するチェック ファイルのビルド レポートを印刷します。
  13. [トランザクション] メニューで、給与、ポイントし、[チェックの計算] をクリックします。
  14. [Ok]をクリックし、すべてが正しいことを確認するのには Precheck レポートを印刷します。
  15. [トランザクション] メニューで、給与、ポイントし、[印刷のチェック] をクリックします。
  16. チェック」オプションを選択する] をクリックし、従業員の税金還付小切手を作成するのには[印刷] をクリックします。
  17. 投稿給与の確認] ウィンドウで、チェックを行うプロセスをクリックします。転記仕訳帳レポートを印刷し、何も更新されたことを確認メッセージが表示されたら、以外の従業員に支払われる金額です。$0 は、他のすべての控除レポートおよび税のレポートが表示されます。
  18. 金額と給与の手動チェック調整エントリ] ウィンドウでの課税対象の給与の金額を源泉徴収税を手動で調整します。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. トランザクション] メニューの [は、給与をポイントし、マニュアルをチェック] をクリックします。
    2. チェックの種類] セクションで、[手動] オプションを選択するをクリックします。

      注: <b> このトランザクションのバッチの ID を入力しません。
    3. [社員 ID ] フィールドを更新するには従業員 ID を選択し、[トランザクション] をクリックします。
    4. トランザクション タイプ] ボックスの一覧で、調整する必要のある税金の種類を選択します。該当する場合は、その税の種類に対応する [コード] フィールドで適切なコードを選択します。
    5. [金額] フィールドでは、負の金額として過剰に源泉徴収税額を入力します。

      注: <b> この手順では、必要に応じて、源泉徴収税額が軽減されます。
    6. 課税対象の収入] フィールドに、負の金額として課税対象の給与金額を入力します。

      注: <b> この手順では、従業員の課税対象の給与が減少します。
    7. 保存] をクリックし、ウィンドウを閉じます。
    8. 給与マニュアル チェック調整エントリ ウィンドウで、[投稿] をクリックします。
    9. 調整するには、各従業員の 18 h に 18a の手順を繰り返します。
  19. ネットで従業員給与、給与の手動チェック調整エントリ] ウィンドウを手動で調整します。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. トランザクション] メニューの [は、給与をポイントし、マニュアルをチェック] をクリックします。
    2. チェックの種類] セクションで、[手動] オプションを選択するをクリックします。

      注: <b> このトランザクションのバッチの ID を入力しません。
    3. [社員 ID ] フィールドを更新するには従業員 ID を選択し、[トランザクション] をクリックします。
    4. トランザクション タイプ] ボックスの一覧で調整する必要のある支払コードを選択します。
    5. [金額] フィールドでは、負の数として従業員に払戻された金額を入力します。
    6. 保存] をクリックし、ウィンドウを閉じます。
    7. 給与マニュアル チェック調整エントリ ウィンドウで、[投稿] をクリックします。
    8. 19a から調整するには、各従業員の 19 g の手順を繰り返します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:858712 - 最終更新日: 12/14/2015 19:02:00 - リビジョン: 0.1

Microsoft Dynamics GP 2015, Microsoft Dynamics GP 2013, Microsoft Dynamics GP 2010, Microsoft Dynamics GP 10.0, Microsoft Dynamics GP 9.0

  • kbnosurvey kbhowto kbexpertiseinter kbexpertiseadvanced kbmbsmigrate kbmt KB858712 KbMtja
フィードバック