Microsoft Dynamics GP で固定資産の管理の資産に買掛金の管理からのクレジット メモを適用することについての情報

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:859456
はじめに
この資料では、Microsoft Dynamics GP で固定資産の管理の資産に買掛金管理からのクレジット メモを適用する機能について説明します。
詳細
仕様は、請求書は、買掛金管理から固定資産の管理を統合する唯一のドキュメント タイプです。システムに既に入力されている資産に買掛金の管理からのクレジット メモを適用できません。システムに入力された後で、資産の取得価額の変更し、資産帳簿ウィンドウの取得価額のフィールドの値を変更する必要があります。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. [カード] メニューは、固定資産をポイントし、し、[ブック] をクリックします。
  2. 資産 IDフィールドに、適切な資産の ID を入力してください。
  3. 帳 ID ] ボックスの一覧では、適切な書籍 ID をクリックします。
  4. クレジット メモで原価基準フィールドの値を減らします。
  5. [保存] をクリックします。
  6. 続行するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
  7. 取得価額が減価償却関連のフィールド、ためには、されたら、次のリセットオプションのいずれかクリックします。
    • ライフ: 資産が既に減価償却の日付を使用してサービスで作成された日から減価償却を計算します。任意の期間の減価償却費の調整は保存され、資産のブック ウィンドウに表示されます。
    • : 新しい年の減価償却率を計算し、資産の減価償却が既に日付まで帳のセットアップ] ウィンドウで定義されている現在の会計年度の最初から減価償却の再計算するには、新しいレートを使用しています。任意の期間の減価償却費の調整は保存され、資産のブック ウィンドウに表示されます。
    • 再計算: 帳のセットアップ] ウィンドウで定義されている現在の会計年度の最初の時点で新規の年間減価償却率を計算します。ただし、資産に次の時間の減価償却を実施するまでの計算は、変更後の速度に基づいていません。現在の日付に年の減価償却金額が影響を受けません。
re calculatecr crm の再設定

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:859456 - 最終更新日: 03/29/2016 17:45:00 - リビジョン: 0.1

Microsoft Dynamics GP 2015, Microsoft Dynamics GP 2013, Microsoft Dynamics GP 2010, Microsoft Dynamics GP 10.0, Microsoft Dynamics GP 9.0, Microsoft Business Solutions–Great Plains 8.0

  • kbnosurvey kbsurveynew kbexpertiseinter kbhowto kbinfo kbexpertisebeginner kbmbsmigrate kbmt KB859456 KbMtja
フィードバック