SOP の空白の請求書フォームにドキュメント コメントの 5 つ以上の行を印刷する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:859691
TechKnowledge コンテンツ
概要

この資料では、SOP の空白の請求書フォームにドキュメント コメントの 5 つ以上の行を印刷する方法について説明します。

関連情報

レポート ライターでレポートを変更することができます。

これらの手順を実行する場合は、適用されるいくつかの制限があります。

a. レポートは、営業トランザクションの入力ウィンドウ内で同時に 1 つのドキュメントを印刷する場合にのみ動作します。このウィンドウを検索するには、[売り上げ高] をクリックしてトランザクション営業トランザクションの入力] をクリックします。

b. 場合、バッチ、または請求書の範囲を印刷しようとすると、プログラムは、適切なドキュメントにコメントを印刷されません。問題を解決するには、レポートの PH をコメントのテキストを追加します。ただし、コメントは一番下にあるのではなく請求書の上部にある [印刷されます。

c. のグラフィカルなレポートは、レポートのコメント テキスト フィールドの幅は、必要な品目を作成する必要があります。それ以外の場合、プログラムは、コメントの最初の行のみを印刷します。コメント テキスト フィールドを広げることによって実現される、特定のドキュメントのコメントをほとんどまたはまったく存在する場合は、空白の領域を参照してください可能性があります。

レポート ライター (オプション | 接続 | に、reportgo を変更するのにはCustomize|ライターを報告するには) 次の手順に従います。

1.、レポートを開きます。

a. では、トップ メニュー バーから、[レポート] アイコンを選択します。

b.From、元のレポートにあるは、SOP の空白の請求書フォームを強調表示し、挿入を選択します。

c. 変更のレポートにある、同じレポートを強調表示し、開くを選択します。

d. レポートの定義] ウィンドウで、[レイアウト] ボタンを選択します。

2. レポートにフィールドを導入します。

a. [ツールボックスでは、ドロップ ダウン リストから Sales User-Defined の作業履歴を選択します。

b. スクロール ウィンドウでコメントのテキストを検索して、レポート上の RF セクションにドラッグします。

c. レイアウトでは、レポート、そのレポートに配置されただけで、フィールドをダブルクリックします。

d. レポートのフィールドのオプション] ウィンドウで、必ずディスプレイの種類を表示] に設定します。

e. は、データ フィールドの種類を設定します。

f. [OK] を選択します。

3. レポートのフィールドを削除します。

a. RF セクションのコメント (1) を削除します。

b. RF セクションのコメント (2) を削除します。

c. では、RF の「コメント (3) を削除します。

d. では、RF の「コメント (4) を削除します。

3. レポート ライターのまま。

a. では、レポートのレイアウト ウィンドウの右上隅の X を選択します。

b. 変更内容を保存します。

c. では、レポートの定義] ウィンドウで [ok] をクリックします。

d.、最上位のメニュー バーから、ファイルの大草原地帯の力学/eEnterprise を選択します。

e. ユーザーにアクセスできるようにセキュリティの設定] ウィンドウ (Setup| では、変更後のレポートSystem|セキュリティ)。

この資料は TechKnowledge ドキュメント ID:30609 をされました

警告: この記事は自動翻訳されています

속성

문서 ID: 859691 - 마지막 검토: 03/29/2016 03:25:00 - 수정: 0.1

Microsoft Dynamics GP 10.0

  • kbmbsmigrate kbmt KB859691 KbMtja
피드백