SOP 空白の請求書フォームのレポートにし、Microsoft Dynamics GP で POP 発注書の空白のフォーム、レポートにインターネットの情報] ウィンドウから [追加情報] フィールドを追加する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:859780
はじめに
この資料では、次のレポートにインターネットの情報] ウィンドウから追加の情報フィールドを追加する方法について説明します。
  • SOP の空白の請求書フォーム
  • POP の発注書の空白のフォーム
この資料は、以下の製品に適用されます。
  • Microsoft Dynamics GP
  • Microsoft ビジネス ソリューションの大草原地帯
詳細

ステップ 1: ファイルをバックアップ、Reports.dic、およびレポート ライターを起動し、

  1. 変更後、Microsoft Dynamics GP レポートがある場合は、Reports.dic ファイルをバックアップします。Reports.dic ファイルを見つけるには、次の手順を実行します。
    1. [ツール] メニューで、設定をポイントし、システム] をポイントし、起動ファイルの編集] をクリックします。
    2. システムのパスワードを入力するプロンプトが表示されたら、システムのパスワードを入力します。
    3. 適切な手順を使用します。
      • 、Microsoft Dynamics GP 9.0 では、起動ファイルの編集] ウィンドウでは、 Microsoft Dynamics GPをクリックします。
      • グレートプレーンズ 8.0 では、マイクロソフトのビジネス ソリューションでは、起動ファイルの編集] ウィンドウでは、大草原地帯をクリックします。
    4. [レポート] ボックスに表示されているパスに注意してください。
    5. 起動ファイルの編集] ウィンドウを閉じます[ok]をクリックします。
  2. [ツール] メニューで、 [ユーザー設定] をポイントし、レポート ライター
  3. 適切な手順を使用します。
    • 、Microsoft Dynamics GP 9.0 では、製品の一覧でMicrosoft Dynamics GPをクリックし、し、[ OK] をクリックします。
    • 大草原地帯 8.0 では、マイクロソフトのビジネス ソリューションでは、製品一覧で、大草原地帯をクリックし、し、[ OK] をクリックします。
  4. [レポート] をクリックします。
  5. SOP 空白の請求書フォームのレポートが変更されて、初めての場合、または初めて POP 発注書の空白のフォームのレポートが変更された場合は、次の手順に従います。
    1. 元のレポートの一覧で、空白の請求書フォームを SOPレポートまたはPOP 発注書の空白のフォームのレポートをクリックします。
    2. [挿入] をクリックします。
    3. レポートの変更] ボックスの一覧で、空白の請求書フォームを SOPレポートまたはPOP 発注書の空白のフォームのレポートをクリックします。
    4. 開く] をクリックします。

手順 2: 購買注文明細行のテーブルに、購買注文明細行のプログラムのロールアップ Temp テーブルをリンクします。

注: <b>この手順は、POP 発注書の空白のフォームのレポートにのみ適用されます。
  1. レポートの定義] ウィンドウでをクリックしてテーブルです
  2. レポート テーブルのリレーションシップ ウィンドウで、購買注文明細行のプログラムのロールアップ Tempをクリックし、[新規] をクリックします。
  3. 関連テーブル] ウィンドウで、購買注文明細行] をクリックし、[ OK] をクリックします。
  4. [閉じる] をクリックします。
  5. レポートの定義] ウィンドウで [レイアウト] をクリックします。

手順 3: 最初の「追加情報」フィールドの集計フィールドを作成します。

注: <b>この手順では、SOP の空白の請求書フォームのレポートと POP 発注書の空白のフォームのレポートに適用されます。
  1. レポートの定義] ウィンドウで [レイアウト] をクリックします。
  2. [ツールボックス] ウィンドウでフィールドの計算] をクリックし、[新規] をクリックします。
  3. [] フィールドで、次のように入力します。 インターネット ウィンドウの詳細についてはフィールドの行 1.
  4. 結果の種類] ボックスの一覧では、文字列をクリックし、式の種類] 領域で [計算] をクリックします。
  5. [関数] タブをクリックし、[ユーザー定義] をクリックします。
  6. コア] ボックスの一覧でシステムをクリックしてRW_GetInternetText関数] ボックスの一覧で、し、[追加] をクリックします。
  7. [定数] タブをクリックして、文字列を [種類] ボックスの [種類] をクリックしてください ITM定数、フィールドし、[追加] をクリックします。
  8. 適切な手順に従います。
    • SOP 空白の請求書のフォーム、レポートでは、 [フィールド] タブをクリックして販売トランザクション金額の作業リソース] 一覧で、フィールド] ボックスの一覧で項目をクリックして、し、[追加] をクリックします。
    • POP 発注書の空白のフォーム、レポートでは、 [フィールド] タブをクリックして購買注文明細行をクリックして、[リソース] ボックスの一覧で、フィールド] ボックスの一覧で項目をクリックして、し、[追加] をクリックします。
  9. 定数] タブをクリックして、文字列の種類] ボックスの一覧で、[追加] をクリックします。
  10. 整数を [種類] ボックスの [種類] をクリックします。 50定数、フィールドし、[追加] をクリックします。
  11. タイプ 1定数、フィールドし、[追加] をクリックします。

    計算式は次のように表示されます。
    • SOP 空白の請求書フォームのレポートです。
      FUNCTION_SCRIPT(RW_GetInternetText"ITM"SOP_LINE_WORK.Item Number""501 ) 
    • POP 発注書の空白のフォームのレポートです。
      FUNCTION_SCRIPT(RW_GetInternetText"ITM"POP_POLine.Item Number""501 )
  12. [OK] をクリックします。
  13. 追加の情報フィールドの追加の行を印刷する場合は、このセクションの 12 のステップの手順 1 を繰り返します。手順 11 では、印刷する追加の行の数に 1 を交換してください。たとえば、追加の情報フィールドの 2 番目の行を印刷する場合は、入力します。 2

手順 4: レポートのレイアウトにフィールドを追加します。

  1. ツールボックス ウィンドウで、フィールドの計算] をクリックし、インターネットのウィンドウ追加の情報フィールドの行 1
  2. 適切なセクションにフィールドをドラッグします。
    • SOP 空白の請求書のフォーム、レポートでは、H2 のセクションにフィールドをドラッグします。
    • POP 発注書の空白のフォーム、レポートでは、H4 のセクションにフィールドをドラッグします。
  3. インターネット ウィンドウの追加情報に、1 行目のフィールドをダブルクリックします。
  4. ディスプレイの種類] ボックスの一覧で [データ] をクリックします。
  5. [OK] をクリックします。

手順 5: 変更後のレポートを保存します。

  1. レポートを閉じます。変更を保存するメッセージが表示されたら、[保存] をクリックします。
  2. レポートの定義] ウィンドウで [ OKを] をクリックします。
  3. 適切な手順を使用します。
    • 、Microsoft Dynamics GP 9.0 では、[ファイル] メニューの、 Microsoft Dynamics GPをクリックします。
    • グレートプレーンズ 8.0 では、マイクロソフトのビジネス ソリューションでは、ファイル] メニューの [ Microsoft ビジネス ソリューションの大草原地帯をクリックします。

手順 6: 変更後のレポートにセキュリティ アクセス許可を割り当てる

これを行うには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1: 高度なセキュリティを使用します。

  1. [ツール] メニューで、設定をポイントし、システムを指す高度なセキュリティ] をクリックします。

    注: <b>システムのパスワードを入力するプロンプトが表示されたら、システムのパスワードを入力します。
  2. ビュー] をクリックしで代替、更新日時、およびユーザー設定] をクリックします。
  3. 適切な手順を使用します。
    • 、Microsoft Dynamics GP 9.0 では、 Microsoft Dynamics GPを展開します。
    • 大草原地帯 8.0 では、マイクロソフトのビジネス ソリューションでは、大草原地帯を展開します。
  4. 次のノードを展開します。
    • レポート
    • 購買または販売
    • 変更したレポートのフォルダーを展開します。
  5. 適切な手順を使用します。
    • 、Microsoft Dynamics GP 9.0 では、 Microsoft Dynamics GP (変更済み)をクリックします。
    • 大草原地帯 8.0 では、マイクロソフトのビジネス ソリューションでは、大草原地帯 (変更済み)をクリックします。
  6. [適用] をクリックし、[ OK] をクリックします。

    注: <b>既定では、高度なセキュリティ ツールを起動すると、現在のユーザーと現在の会社が選択されます。加えたすべての変更は、現在のユーザーの現在の会社です。ただし、ほかのエンティティを選択します。などの高度なセキュリティ] ウィンドウの [ユーザー ] 領域で追加のユーザーを選択します。セキュリティの詳細設定] ウィンドウの [会社] 領域で、他の企業を選択することもできます。

方法 2: 使用して Microsoft Dynamics GP のセキュリティ

  1. [ツール] メニューで、設定をポイントし、システム、] をポイントし、[セキュリティ] をクリックします。

    注: <b>システムのパスワードを入力するプロンプトが表示されたら、システムのパスワードを入力します。
  2. ユーザー ID ] ボックスの一覧で、レポートにアクセスしたユーザーのユーザー ID をクリックします。
  3. 種類] ボックスの一覧で、レポートの変更をクリックします。
  4. 系列] ボックスの一覧では、購買または販売をクリックします。
  5. アクセス] ボックスの一覧ボックスで、変更すると、レポートをダブルクリックし、[ OK] をクリックします。

    注: <b>[Ok] をクリックすると、レポート名の横にアスタリスクが表示されます。

警告: この記事は自動翻訳されています

속성

문서 ID: 859780 - 마지막 검토: 10/14/2015 20:33:00 - 수정: 0.1

  • kbnosurvey kbexpertisebeginner kbhowto kbmbsmigrate kbmt KB859780 KbMtja
피드백