現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

トランザクションには、Microsoft Dynamics GP で銀行トランザクションの選択] ウィンドウを開くと表示されません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:860314
現象
小切手帳を銀行の調整を調整するためにしようとすると、銀行トランザクションの選択] ウィンドウによってトランザクションは表示されません。
原因
この問題は、次の理由のいずれかの発生可能性があります。
  • 口座調整が登録されていないか、「登録」ウィンドウでマークされています。
  • CM20200 テーブル内の番号の整合性をとる列 (RECONUM) では、CM20500 テーブル内の番号の整合性をとる列 (RECONUM) が一致しません。
  • トランザクションが既に照合済みです。指定したトランザクションは、1 トランザクションとして Microsoft Dynamics GP で既に調整済みのフラグの値を今すぐがあります。したがって、その不要になったプルされ、銀行トランザクションの選択] ウィンドウに調整を行うには、トランザクションをクリックすると、財務をポイントし、口座取引明細書の調整] をクリックして、[トランザクション] をクリックするとします。
  • レコードは、破損した調整にしました。
  • SQL 並べ替え順序と照合順序は、Microsoft Dynamics GP ではサポートされていません。
解決方法
この問題を解決するには、以下の方法のいずれかの手順に従います。

方法 1:
  1. 口座調整が登録され、[登録] ウィンドウでマークされていることを確認します。これを行うには、 Microsoft Dynamics GP[ツール] をクリックして、セットアップを選択し、システムを選択して、[登録] をクリックします。[登録] ウィンドウをスクロールし、口座調整を表示、チェック ボックスをオンになっていることを確認します。

    方法 2:
  2. あるトランザクション行われていない調整を確認します。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. [照会] をクリックして、財務をクリックし、小切手帳の登録] をクリックします。
    2. 入力するか、適切な小切手帳の ID を選択します
    3. [表示] メニューで、日付が、をクリックし、からのフィールドをクリックします。
    4. ゼロの値を設定する [差出人] フィールドを設定し、として、口座取引明細書の終了日または期限、口座取引明細書の調整] ウィンドウで使用される日付を入力します。
    5. 再表示する] をクリックします。
    6. 提供された情報を展開し、[ Reconciled ] 列が[はい]に設定されていることを確認する詳細の表示] をクリックします。トランザクション調整はまだ言えませんが、調整する場合は、CM20500 テーブルの RECONUM フィールドに銀行トランザクションの選択] ウィンドウの任意のトランザクションが表示されない理由はあります。

      Microsoft Dynamics GP で口座取引明細書の調整] ウィンドウに情報を入力すると、小切手帳に特定の RECONUM 値が割り当てられます。マークされたトランザクションの RECONUM] 列では、この小切手帳の銀行トランザクションの選択] ウィンドウで CM20200 テーブル内のトランザクションには、CM20500 テーブルにある同じ RECONUM 値が表示されています。CM20200 テーブルと CM20500 テーブルの RECONUM の値が一致しません、する場合、トランザクションは生成されません銀行トランザクションの選択] ウィンドウで調整プロセス中に。

    方法 3:
  3. テーブルの間で番号が一致する theReconciliation の値を確認します。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. SQL を開きます。これを行うには、次のいずれかの操作を行います。
      • SQL Server 2005 では、SQL Server Management Studio を開き、正しい会社のデータベースに新しいクエリを選択] をクリックします。
      • SQL Server 2008 では、SQL Server Management Studio を開いて、[新しいクエリ] をクリックし、適切な企業データベースを選択します。
    2. RECONUM フィールドが、次の SQL ステートメントを実行して、CM20200 テーブルと CM20500 テーブル内の同じ値を持つことを確認します。
      SELECT MAX(RECONUM) FROM CM20200 WHERE CHEKBKID = 'XXX' SELECT MAX(RECONUM) FROM CM20500 WHERE CHEKBKID = 'XXX' SELECT RECONUM FROM CM20500 WHERE CHEKBKID = 'XXX' and RECONUM = (select MAX(RECONUM) from CM20200 where CHEKBKID = 'XXX') 
      注: <b>これらのステートメントで、 XXX プレース ホルダーは、小切手帳の ID を表します。

      破損しているか詰まっている偵察の小切手帳の ID がないかどうかにこのスクリプトを実行します。
      select distinct (RECONUM) from CM20200 where RECONUM not in (select RECONUM from CM20500) and RECONUM <> '0.00000' and CHEKBKID = 'xxx'
      ---xxx には、小切手帳 ID をする必要があります

    3. 手順 2 で、SQL クエリから生成される結果を確認します。
    4. 次のステートメントが true であることを確認します。
      手順 2 からの最初のステートメントから生成される CM20200 テーブルの RECONUM フィールドの最大値は、同じ手順に記載されている 2 番目のステートメントから生成される CM20500 テーブルの RECONUM フィールドの最大値より 1 小さいです。
    5. 空白の結果を手順 3 に記載されている 3 番目のステートメントから生成される結果が返されます。場合は true を指定する前の手順のステートメントの検証は、さらに問題を解決するのには次の SQL クエリを実行します。
      update CM20500 set RECONUM = (select MAX(RECONUM) from CM20200 where CHEKBKID = 'XXX') where RECONUM = (select MAX(RECONUM) from CM20500 where CHEKBKID = 'XXX') 
      注: <b>次のクエリで、 XXX プレース ホルダーは、小切手帳の ID を表します。
  4. Microsoft Dynamics GP にログオンします。[トランザクション] をクリックして、財務口座取引明細書の調整] をクリックします。小切手帳の ID を選択し、[トランザクション] をクリックします。あるトランザクションが表示されます正しく銀行トランザクションの選択] ウィンドウで確認してください。


    方法 4:リンクのチェックを実行します。
  5. バックアップを作成または、まずテスト会社でこれを行います。Microsoft Dynamics GPでは、[メンテナンス] をポイントし、リンクのチェック]をクリックします。財務データ系列を選択します。論理テーブルの一覧では、 CM のトランザクションを選択し、[選択したテーブルが表示されますので [挿入] をクリックします。[OK] をクリックします。エラー ログのレポートを確認しと同じで、同意する場合、これを行うライブの会社にします。
  6. ここでは、トランザクションを口座調整ウィンドウに表示かどうかを確認します。

    方法 5:SQL 照合順序:
  7. 実行、次の SQL 並べ替え順序と SQL 照合順序を確認するのには、SQL Server Management Studio で説明します。結果を使用して[ステータス] フィールドをドラッグしてこのフィールド内のデータを読み取ることができますので、、会社の行を見つけます。照合順序と SQLSortOrder がサポートされているバージョンであることを確認します。(SQL 並べ替え順序があります 50 か 52)。サポートされているバージョンにしていない場合、ウィンドウが設定されない場合があります。

    SP_Helpdb

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:860314 - 最終更新日: 11/19/2015 19:37:00 - リビジョン: 0.2

Microsoft Dynamics GP 2015, Microsoft Dynamics GP 2013, Microsoft Dynamics GP 2010, Microsoft Dynamics GP 10.0

  • kbsurveynew kbexpertisebeginner kbtshoot kbprb kbexpertiseinter kbmbsmigrate kbmt KB860314 KbMtja
フィードバック