Microsoft SQL Server に、SQL ステートメントから、.csv ファイルまたは .rpt ファイルを作成する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:860545
はじめに
この資料では、SQL クエリ アナライザーで、SQL Server Management Studio、およびサポートの管理コンソールでは、SQL ステートメントから、.rpt または .csv ファイルを作成する方法について説明します。
詳細
.Rpt または .csv ファイルを SQL ステートメントから作成するには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1: SQL クエリ アナライザー

  1. [スタート] ボタン、すべてのプログラム] をポイントし、 Microsoft SQL Server] をポイントし、[クエリ アナライザー] をクリックします。
  2. SQL Server に接続] ダイアログ ボックスで、sa ユーザー名とパスワードを入力し、し、[ OK] をクリックします。
  3. クエリ] をクリックし、ファイルへの結果] をクリックします。
  4. 入力し、SQL ステートメントを実行します。
  5. 結果の保存] ダイアログ ボックスで、次の設定を指定します。
    • 保存: ファイルを保存するディレクトリを選択します。
    • ファイル名: ファイルの名前を入力します。
    • ファイルの種類:レポート ファイル (*.rpt または *.csv)
  6. [保存] をクリックします。
  7. レポート ファイルを開くには SQL クエリ アナライザーで、[ファイル] メニューの [開く] をクリックします。
  8. ファイルの種類] ボックスの一覧でをクリックしてのすべてのファイル (*. *)です。
  9. レポート ファイルをクリックし、[開く] をクリックします。

方法 2: SQL Server Management Studio の

  1. [スタート] ボタンをポイントし、 すべてのプログラムMicrosoft SQL Server 200 X、(バージョン) をポイントし、SQL Server Management Studio] をクリックします。
  2. サーバーへの接続] ダイアログ ボックスで、次の設定を指定します。
    • 認証: SQL Server の認証
    • ログインします。 sa
    • パスワード: sa のパスワードを入力します。
  3. [接続] をクリックします。
  4. 新規クエリをクリックします。
  5. [クエリ] メニューで、結果を] をポイントし、結果をファイルにします。
  6. 入力し、SQL ステートメントを実行します。
  7. 結果の保存ダイアログ ボックスで、次の設定を指定します。
    • 保存: ファイルを保存するディレクトリを選択します。
    • ファイル名: ファイルの名前を入力します。
    • ファイルの種類:レポート ファイル (*.rpt または *.csv)<b00> </b00>
  8. [保存] をクリックします。
  9. SQL Server Management Studio でレポート ファイルを開く、ファイル] メニューの [開く] をポイントします。ファイルをクリックします。
  10. ファイルの種類] ボックスの一覧でをクリックしてのすべてのファイル (*. *)です。
  11. レポート ファイルをクリックし、[開く] をクリックします。

方法 3: 管理コンソールをサポートします。

  1. 開始プログラム] をポイントし、マイクロソフトのサポートの管理コンソールサポート管理コンソール] をクリックします。
  2. SQL Server への接続] ダイアログ ボックスで、次の設定を指定します。
    • ログイン名: sa
    • パスワード: sa のパスワードを入力します。
  3. [OK] をクリックします。
  4. 入力し、SQL ステートメントを実行します。
  5. [ファイル] メニューの [エクスポート] をクリックします。
  6. 名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで、次の設定を指定します。
    • ファイル名: ファイルの名前を入力します。
    • ファイルの種類: CSV ファイル (*.csv)
  7. [保存] をクリックします。

    注: <b> この .csv ファイルを Microsoft Excel で開くことができます。
詳細

警告: この記事は自動翻訳されています

속성

문서 ID: 860545 - 마지막 검토: 04/06/2016 01:20:00 - 수정: 0.1

Microsoft Dynamics GP 2015, Microsoft Dynamics GP 2013, Microsoft Dynamics GP 2010, Microsoft Dynamics GP 10.0, Microsoft Dynamics GP 9.0, Great Plains eEnterprise 6.0, Great Plains Dynamics 6.0, Microsoft Great Plains eEnterprise 7.0, Microsoft Great Plains Dynamics 7.0, Microsoft Business Solutions-Great Plains 7.5, Microsoft Business Solutions–Great Plains 8.0

  • kbhowto kbexpertiseinter kbmbsmigrate kbmt KB860545 KbMtja
피드백