Microsoft Dynamics GP の買掛金管理のゼロの金額の支払を処理する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:861276
はじめに
この資料では、ゼロの金額の支払の処理方法 [買掛金管理のチェックでは、Microsoft Dynamics GP 9.0 と Microsoft Dynamics GP 10.0 を一括して印刷する場合について説明します。ゼロ金額の支払を削除する方法に関するステップ バイ ステップの情報も含まれています。
詳細

ゼロの金額の支払の送金を印刷する理由の理由



請求書] を開くと仕入先支払のチェックを作成する前に、Microsoft Dynamics GP は残り未適用の支払、クレジット メモを自動的に適用されます。
ドキュメントが自動的に適用されると、一部のベンダー正味金額がゼロの場合があります。Microsoft Dynamics GP は、小切手番号を使用しませんが、代わりに各ドキュメントによって「REMITxxxxxxx」として開始し、、どのようなドキュメントに適用される、仕入先を表示するへ送金を印刷する文書番号が割り当てられます。

注:
  • EFT ではない支払金額がゼロであるのチェックを印刷できません。
  • 以前適用されたドキュメントをプリントする] チェック ボックスをオン、[買掛金管理のセットアップ] ウィンドウでチェック ボックスをオフですが、まだゼロ金額送金ドキュメントが作成されます。以前適用されている情報には、チェックを作成する前に、仕入先の最後の小切手を発行した後に、互いに適用されているドキュメントが含まれています。
チェックのバッチを印刷するときは、バッチ内のゼロの金額支払の送金フォームが印刷されます。

最初のゼロの金額を支払い、送金には、番号の確認] フィールドは、 REMIT000000000000001に設定されます。この数は、連続する各送金を自動的に増加します。

使用例


以下の事例で説明します。次のベンダーについては、次のトランザクションがあります。
  • Vendor1。
    • Invoice1: 100.00
    • Invoice4: 130.00
  • Vendor2。
    • Invoice2: 23.00
    • 仕入先成功すると 1: 23.00
  • Vendor3。
    • Invoice3: 55.00
    • Memo1 のクレジット: 10.00
チェックのバッチを作成して、[編集] ボックスの一覧を印刷するには、仕入先の次の金額が表示されます。
  • Vendor1: 230.00
  • Vendor2: 0.00
  • Vendor3: 45.00
チェックのバッチを印刷するとき、Vendor2 のチェックは印刷されません。Vendor1 と Vendor3 のチェックを印刷する場合がある場合に自動的にプロセスのウィンドウが開きチェックのバッチを転記する前に送金レポートが印刷されます。

小切手を印刷した後、プログラムは、Vendor2 の送金を印刷します。理由はありませんを送信する支払仕入先に説明するための仕入先に送金を送信できます。この例では、Vendor2、Invoice2 および仕入先成功すると 1 アウトをキャンセル他を説明するために送金を送信できます。

注: <b>送金のチェックではありません。送金確認番号を使用しません。送金を印刷した後は、小切手を転記できます。Vendor2 の新しい文書が入力されていない限り、Vendor2 は次のチェックのバッチに含まれません。

印刷から送金をしないようにする方法

これを行うには、次のオプションのいずれかを使用します。

オプション 1: を確認して編集ウィンドウを使用して、このチェックのバッチで適用されているドキュメントを除外するには

注: <b>これらの適用されているドキュメントは、次のチェックのバッチで再び表示されます。
  1. チェックを編集ウィンドウを開きます。
  2. バッチ ID と仕入先の送金を送信するユーザーをクリックします。
  3. [適用] をクリックします。
  4. 送金を送信する先の仕入先に適用されているドキュメントのチェック ボックスをオフにする] をクリックします。

オプション 2: 3 の手順に従い、サポート技術情報 (KB) の記事 855957 からのステップ 4

注: <b>このオプションは、このチェックのバッチまたは任意の将来のチェックのバッチに含まれていないように、テーブルにすべて 0 ドルの小切手を削除は。

詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
855957 買掛金の管理 Microsoft Dynamics GP での印刷には、0 ドル送金をしないようにする方法


送金口座調整を転記されない理由

  • ゼロの金額の支払の送金は、送金番号を使用し、小切手帳で定義されているチェックの番号順序を使用しません。これらの送金番号には、他の送金用の小切手番号のプレフィックスとは異なるプレフィックスがあります。
  • ゼロの金額の支払の送金の場合は、チェックのスタブを使用しません。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:861276 - 最終更新日: 03/29/2016 00:44:00 - リビジョン: 0.1

Microsoft Dynamics GP 2010, Payables Management

  • kbnosurvey kbsurveynew kbhowto kbinfo kbexpertisebeginner kbmbsmigrate kbmt KB861276 KbMtja
フィードバック