401 K の控除を設定する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:861317
TechKnowledge コンテンツ
401 K の控除を設定する方法

控除 Setupwindow を使用して、入力し、企業年金控除などの控除記録を保持します。

このウィンドウを使用して入力するレコードは、従業員の控除額を設定するための基礎として使用されます。控除を設定する必要があります適切な従業員に割り当てることと、従業員の控除の保守ウィンドウのを使用して必要な変更を加える場合にカード |給与 |控除

1. セットアップ メニューから給与を選択します。控除します。

2. [控除 Setupwindow、年金/退職金のように、コードと、控除を識別する説明を入力します。

3. 控除の開始と終了日付を入力します。

開始日の開始日は、控除が有効になる日付です。この日付がである必要がありますか支払期間の終了日より前に、最初年金/退職金の控除になります。それ以外の場合、控除は計算されません。

終了日の終了日は、日付の控除が終了する必要があります。継続的な控除がある場合は、このフィールドを空白のままにします。

4. 控除ごとの支払が実行のさまざまな容量がある場合に変数をマークです。このボックスをマークする場合は、それぞれ支払控除を実行することを実行するには、控除のトランザクションを入力する必要があります。

5. 税計算のために従業員の控除額を年換算する頻度を選択します。頻度を入力するには、この控除は、支払の実行に使用される周波数を合わせてください。

6. 支払コード情報を入力します。年金/退職金の控除を基にまたは支払コードを選択したグループのすべての支払コードを適用することができます。

7. 年金/退職金の控除を計算するメソッドを次のいずれかを選択します。

総賃金の割合で税金が控除される前に、支給額合計の割合としての控除を計算する場合は、このメソッドを選択します。

純収入のパーセントの税金が控除された後、賃金の割合としての控除を計算する場合は、このメソッドを選択します。

量の固定- 固定金額は従業員の賃金から控除する必要がある場合は、このメソッドを選択します。

単位あたりの金額の控除は、時間に基づく必要がある場合か、出来高払いを使用して単位は、この方法を選択、時間または超過作業時間を支払う

8. 1 つの層または支払期間ごとの控除額を計算する複数の階層のいずれかを選択します。

1 つの 1 つを選択した場合は、金額または割合を入力します。

複数の複数を選択する場合は、階層のボタンと、控除の層の設定] ウィンドウが開き、控除の層を入力する場所を選択します。使用の複数の階層で獲得した、賃金控除割合または金額が判断した場合作業時間または完了した単位です。詳細については、Dynamics のオンライン ・ ヘルプの階層型の控除額を計算するを参照してください。

9. 税金の控除は、保護をマークします。課税対象の給与は、税金が計算される前に、税 sheltered の控除の金額が減少します。連邦税がマークされている場合は、従業員の W-2 フォーム上の総給与の控除の金額を含まれません。

10. 最大金額を差し引くことは各従業員の支払期間、年、または有効期間を入力してください。などの場合は 1 つの支払期間の年金の控除は、$100 を超えるべきではない、支払期間] フィールドに「$100」と入力します。これらのフィールドは最大金額が適用可能でない場合は空白のままにできます。

11. 控除額は、W-2 の明細書に特別なボックスに印刷する必要がある、場合は、W-2 ステートメント] ボックスには、金額を表示するの数を入力します。

12. W-2 明細書の控除額を印刷する必要があり、ラベルを入力する必要が場合は、表示するラベルを入力します。ラベルの現在のリストの該当する年の IRS のルールを参照してください。

13 年金控除を適切な従業員に割り当てるし、従業員の控除の Maintenancewindow を使用して必要な変更を加えます。

この資料は TechKnowledge ドキュメント ID:3266 をされました


警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:861317 - 最終更新日: 12/14/2015 19:40:00 - リビジョン: 0.1

Microsoft Dynamics GP 10.0, Microsoft Dynamics GP 9.0, Payroll, Payroll - U.S, Payroll - U.S.

  • kbnosurvey kbmbsmigrate kbmt KB861317 KbMtja
フィードバック