資産の場合、または Microsoft Dynamics GP での固定資産管理での資産のグループの有効期間をリセットする方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:861544
はじめに
この資料では、資産、または Microsoft Dynamics GP での固定資産管理での資産のグループの有効期間をリセットする方法について説明します。
詳細
注:
  • 資産のライフ サイクルをリセットするときは、資産が既に減価償却の日付に、サービス実施日から減価償却費が再計算されます。
  • 任意の期間の減価償却費の調整がある場合は、調整は、財務の詳細ファイルに書き込まれます。
  • 前年度の減価償却費が前年度の減価償却アカウントで現在の会計年度総勘定元帳に転記されます。前年度の減価償却費が前年度の総勘定元帳に転記されません。
  • 資産のライフ サイクルをリセットすると、システムのパフォーマンスに影響する可能性があります。そのため、このアクションお勧めできません。たとえば、次の問題については、このアクションからがあります。
    • 財務詳細 (FA00902) テーブルのサイズを増やすことができます。GL に Postルーチンで処理するより多くのデータが作成されます。
    • ユーザーは、使用する減価償却] と [減価償却の累計を手動で変更する場合は、これらの金額が再計算されます。

1 つの資産のライフ サイクルをリセットする方法

次の方法のいずれかを使用します。

方法 1

  1. リストア可能な完全バックアップを作成します。
  2. カード固定資産を [ブック] をクリックします。
  3. 必要な資産の資産の ID をクリックし、ブックの ID をクリックしてください
  4. 不適切な減価償却方法をクリックします。
  5. 適切な減価償却方法をクリックし、[保存] をクリックします。
  6. 次のメッセージで [はい] をクリックします。
    減価償却の機密性の高いフィールドが変更されました。減価償却の値が再計算されているが発生します。続行してもよろしいですか。
  7. 次のメッセージでは、ライフをクリックします。
    減価償却の機密性の高いフィールドが変更されました。次のいずれか、「リセット」- ライフ年を選択するか、再計算してください。
  8. 保存] をクリックし、ウィンドウを閉じます。

方法 2

Microsoft Dynamics GP 10.0 と高い

  1. リストア可能な完全バックアップを作成します。
  2. Microsoft Dynamics GP ] メニューの [ツール] をポイントし、ルーチンをポイントし、固定資産] をポイントおよび1 つの資産の減価償却] をクリックします。
  3. ウィンドウで、資産の減価償却には、必要な資産の資産の ID を選択します。
  4. 減価償却の対象となる日付を入力しません。
  5. この資産の書籍を選択し、ライフのリセット] をクリックします。

Microsoft Dynamics GP 9.0 またはマイクロソフトのビジネス ソリューション-8.0 の大草原地帯

  1. ツールルーチンをポイントし、固定資産1 つの資産の減価償却] をクリックします。
  2. ウィンドウで、資産の減価償却には、必要な資産の資産の ID をクリックします。
  3. 減価償却の対象となる日付を入力しません。
  4. この資産の書籍を選択し、ライフのリセット] をクリックします。

資産のグループの有効期間をリセットする方法

これらの手順に従います。
  1. リストア可能な完全バックアップを作成します。
  2. トランザクション固定資産資産の選択] をクリックをし、[新しいグループ] をクリックします。
  3. グループの名前を指定し、し、[ OK] をクリックします。
  4. [現在のグループを新しく作成された資産グループ] をクリックして、ライフ サイクルを再設定する資産を選択するのには、し、[ OK] をクリックします。
  5. トランザクション固定資産一括変更] をクリックします。
  6. 新しく作成された資産グループの ID を選択] タブをクリックして、帳 ID を選択して、ライフのリセットを選択、変更を適用] をクリックします。
  7. 次のメッセージで [ OKを] をクリックします。
    グループ (New_Group_Name) に変更を適用してよろしいですか
  8. ウィンドウを閉じます。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:861544 - 最終更新日: 03/29/2016 23:07:00 - リビジョン: 0.1

Microsoft Dynamics GP 2015, Microsoft Dynamics GP 2013, Microsoft Dynamics GP 2010, Microsoft Dynamics GP 10.0, Microsoft Dynamics GP 9.0, Microsoft Business Solutions–Great Plains 8.0

  • kbnosurvey kbmbsfixedassets kbhowto kbexpertiseinter kbexpertisebeginner kbinfo kbmbsmigrate kbmt KB861544 KbMtja
フィードバック