SOP 空白、短い、長い、またはその他の請求書フォームの印刷ロジック

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:862237
TechKnowledge コンテンツ
問題:

SOP 空白、短い、長い、またはその他の請求書フォームの印刷ロジック

解像度:

SOP 空白、短い、長い、またはその他の請求書フォームの印刷ロジックの概要を以下に示します。

1)、RH が常に最初のページの一番上に印刷します。

他のすべてのページの上部にある 2) の「PH 印刷します。1 ページの請求書フォームでのみの場合は、PH は印刷しません。

3) H1 は印刷されることはありません。演算フィールド、値が 0 では常に、このセクションを抑制するためです。

4) H2 では、行の項目を印刷します。

5.) H3 印刷キットのコンポーネントです。このセクションでは、請求書のセットがある場合にマークした場合にのみ印刷 ' 販売ドキュメントの印刷オプション] ウィンドウでキットのコンポーネントが含まれます。

6。) H4 しないで印刷すると、H1 と同じ理由からです。

7。) H5 しないで印刷すると、H1 と同じ理由からです。

8。) B のみのプリントの場合、アイテム シリアルまたはロット番号。

F2、f5 キーを 9.) は、行の項目のコメントを印刷します。行アイテム上のコメントに配置しない場合は、これら追加のフッターは、自動的に抑制します。

10.) の F1 しないで印刷すると、H1 と同じ理由からです。

11。) の「PF 印刷すべてページには、最後ページを除きます。1 ページの請求書の場合は、PF は印刷されません。PF は主に、間隔の調整に使用します。

12。) の「RF が最後のページに印刷します。場合、1 つのページの請求書は、印刷している RF を勧めします。

注: <b>PH とルート ハブは、同じサイズを維持し、RF と PF の同じサイズを維持します。これは、複数のレコードを印刷するとき、次のページで 1 つのページからの情報が印刷されないようにします。レポート ライターは、まず、RH と PH のセクション、レポートとレポートのレイアウトの RF と PF のセクションについて説明します。次に、レポート ライターでは、行の数をレポートに印刷できますを決定します。システムは、ヘッダーに割り当てられた領域を予約し、レポートの残りの部分を印刷する前に、RF (PF) のページのフッターにします。レポート ライターは、シングルパス ・ ツールです。したがって、印刷するレポート ライターが起動したら、未知、PF と RF または PH と RH によってサイズが異なる場合があること。これにより、重複行の項目。したがって、RF およびパブリック フォルダーは、レポートで、同じサイズを持つ必要があり、RH と PH は、レポートに同じサイズを持つ必要があります。


この資料は TechKnowledge ドキュメント ID:3425 をされました

警告: この記事は自動翻訳されています

속성

문서 ID: 862237 - 마지막 검토: 04/06/2016 01:43:00 - 수정: 0.1

Microsoft Dynamics GP 2010, Microsoft Dynamics GP 10.0

  • kbnosurvey kbmbsmigrate kbmt KB862237 KbMtja
피드백