Microsoft Dynamics GP で販売注文を処理することで複数の配送先住所および売上税に関する機能変更ロール ダウン

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:862422
TechKnowledge コンテンツ
概要

このドキュメントでは、複数の配送先住所と売上税の Microsoft Dynamics GP で販売注文を処理することでロール ダウンに関する機能の変更について説明します。

関連情報

行ったバージョン 6.0、バージョン 7.5、8.0 および 9.0 の送付先住所および売上税の間でロール ダウンします。各バージョンで複数の配送先住所と売上税のロールを処理する方法の説明を次に示します。

バージョン 6.0

関連する税金では、バージョン 6.0 では、1 つだけの送付先のスケジュールおよび配布方法の情報を販売全体のドキュメントを指定できます。再計算された税金で、ドキュメントのすべての品目に、販売顧客の詳細の入力] ボックスで次の 3 つのフィールドのいずれかへの変更を展開できます。

バージョン 7.0

Version 7.0 では、販売ドキュメントの品目ごとに複数の出荷先アドレスの追加機能が原因で、ロールの機能の変更。この変更によりと 1 つの配送先のアドレスに関連付けられた税のスケジュールおよび配布方法の情報を指定できます、ヘッダーだけでなく、販売ドキュメントのそれぞれの行にも。

入力するとき新しい行船の販売ドキュメントのアドレス、税スケジュールの ID、および送付方法の既定値に送付先のアドレス、ID、販売顧客の詳細の入力] ボックスで指定されています。

行項目を入力すると、販売顧客詳細エントリのアドレス ID の変更は同じ送付先のアドレス、ID が割り当てられている税スケジュールの ID と送付方法の aroll ダウンにも結果のある各項目への aroll ダウンを求められます。Windowdoes 要求明細行を販売顧客詳細エントリの税スケジュール ID の変更。

シカゴ営業所住所 id を指定するすべての項目を出荷することを要求している顧客の販売注文の assumea を入力するなど、順序を保存すると、お客様がコールバックし、配送先住所、ニューヨークのアドレスへの変更を要求します。ヘッダーの住所 ID を変更するシステムでは、ニューヨークのアドレス ID が定義されているためには、ロール ・ ダウンして、すべての明細行、販売注文の入力を要求します。

Newsales シカゴ、同じ顧客の注文、顧客に送付先住所、salesrepresentatives は、ダラスのホテルに滞在されているのいずれかの変更が必要です。このアドレスは、システムで定義されていない、ため、別のアドレス ID はこのヘッダーをこの場合ではありません。税 scheduleIDis は、theDALLAS TaxSchedule に変更します。この変更は、ロールのメッセージは表示されません。税の計算を変更するには、品目ごとにダラスの税のスケジュールを選択してください。

バージョン 7.5、8.0 および 9.0

7.0 の機能に関するお客様からのフィードバックのための行アイテム上のシステム defaultsthe の税のスケジュールに変更されました。

販売の最初の行を入力するときは、販売顧客の詳細の入力] ボックスから送付先のアドレス、税スケジュールの ID、および既定の送付方法を文書化します。以降の各行は、前の行の情報がデフォルトです。

たとえば、この資料に記載されている同じシカゴの顧客の newsales 注文、顧客が要求の salesrepresentatives は、ダラスのホテルに滞在されているのいずれかの出荷先住所の変更。このアドレスは、システムで定義されていない、ため、別のアドレス ID はこのヘッダーをこの場合ではありません。税 scheduleIDis は、theDALLAS TaxSchedule に変更します。この変更をロール ダウン、メッセージは表示されませんが、これはデフォルトに入力すると、最初の行項目として販売のドキュメントに、既存の明細行品目がありません。

注: <b>バージョン 7.0、7.5、8.0 および 9.0 バージョン 6.0 の税のロールの機能を模倣するは、カスタマイズが用意されています。カスタマイズは、ドキュメント全体とすべての品目の出荷の送付方法の 1 つの出荷先アドレスを想定しています。詳細については、マイクロソフトのビジネス ソリューションのサポートに問い合わせてください。

キーワード: 出荷先、sop

この資料は TechKnowledge ドキュメント ID:34567 をされました

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:862422 - 最終更新日: 03/29/2016 03:17:00 - リビジョン: 0.1

Microsoft Dynamics GP 9.0, Microsoft Business Solutions-Great Plains 7.5, Microsoft Business Solutions–Great Plains 8.0, Sales Order Processing

  • kbnosurvey kbexpertisebeginner kbmbsmigrate kbmt KB862422 KbMtja
フィードバック